めだかを飼うにあたって
 次の事を守りしょう

環境庁の「レッドリスト」で、
   メダカが「絶滅の恐れがある種」に追加分類されました。  
メダカは最も身近な日本で一番小さな淡水魚でです

メダカを飼う人は
 メダカを川や池など自然な場所に放流するのはやめましょう
野生の日本メダカはどこの地域のメダカも同じように見ますが、
 地域ごとに遺伝子が異なっているそうです
 いくら野生のものだといっても安易に放流してはいけません
生態系を崩す可能性があります
 メダカを飼育する以上最後まで責任を持って飼いましょう


野生のメダカが少なくなった原因

メダカの住む環境が私達の生活環境の変化で変わり
水田や池、小川からメダカ見られなくなりつつあります

原因はなんでしょうか、まずは知ることです

@ 水田の土地改良で田んぼと用水路が区別され段差が出来ました
  用水路はコンクリートになり、メダカが住みにくなりました
A 生活排水などで水田や用水路などの汚染が進みました
B 農薬が使われる特に除草剤が、草など無くなりました
C 外来種であるカダヤシ(マラリヤ防止のためアメリカからカの退治のため)
  はメダカのそっくりさん(グッピーの仲間)です。
  この外来種であるカダヤシもメダカの生存を脅かしています。

昔からメダカの学校の歌で親しみられた、メダカは日本古来の黒メダカです
地域により メダカは生息地によって個体差が大きい魚で、
  その姿が微妙に違っているそうです。
最近になって各地域ごとに保護運動が広がって来ています。
  適切な保護運動によって、いつまでも子供たちがメダカ獲りできる
環境を残したいものですね。

この度の改訂でメダカは「絶滅危ぐ2類」に分類されました、
 法による保護となると、捕獲する事も、家で飼育したり、できなくなると困ります
最も身近だったメダカが天然記念物になるなんて事ないように、
メダカの生態を知り、住良い環境を作れたら良いですよね。
 
 
 
 
はじめにめだかの館は
私がメダカ飼育経験とインターネットや、友人に
話を聞きながら、これらを参考に作成しました
 私も今後の資料にして、メダカ飼育して参りたいと考え
又今後メダカ飼育される方が参考になれはと
ネット記載しまいました。
 作成にあたり参考資料として、
インターネット各サイトのメダカの飼育の仕方を、
 参考にしました
沢山のページを参考にさせていただきました。
どうもありがとうございました