よっしい「古代ローマ鳥占い」日誌

10月
 
 
 
 

9月30日 (土)  「表現に追随する立場」

 最近いいと思った音楽についてたっぷり。

 Methods of mayhemの第1作。本当は使いたくなかったかもしれないけど、結構ジャリタレなんかも使っていて、
 その一方で一昔前のギャングスター扱いされてるスヌープ・ドッグや一昔前どころかすごい前のジョージ・クリン
 トン氏をフィーチャーしてしかもその使い方がとてもうまい。こんなミュージシャン使わなくたって出来るだろって
 人達なのにいかにもうまくクリエイトしないで生かしている。「使って使って。」って言ってるのが聞こえてくるよう
 だ。それにしてもこのアルバムの多面的なこと。多面的、というとごつごつした立体とかあるいは手の込んだ
 カッティングが施された宝石のようなものを思わせてしまうけどそうではなくて、一つの頭にたくさんの顔がまる
 で付いているという感じがするということだ。こんなものでは理解されるまでの時間というのが非常にかかって
 しまってもしょうがないではないかな。

 L.L.COOL.J [G.O.A.T]。G.O.A.TはGreatest Of All Timeの略ということで捧げ物のGOATとかけているか
 だぶらせているのだろうけど、このアルバムはL.L.COOLJの個々のアルバムのある特徴を掲げているもの
 だと僕は考えている。彼はMCとしてその長いキャリアの中で何度も同じ過ちのようなものを犯しながらも
 それぞれ独特な表現でアルバムを作ることに成功している。

 8歳でターンテーブルを祖父から買ってもらったというから、彼のヒップホップ歴はそこまで遡る。今31歳だ
 からヒップホップは海のものとも山のものともわからない時代の当時そんなものまで子供に買い与えたおじ
 いさんというのもかなりすごい。だって今我々がDJキットを購入しようと思っても全部合わせると10万程度
 になってしまうだろう。つまり我々に子供が出来たら100万円ぐらいの規模の機材を買ってあげてしまう
 ようなものだ。ま、そのぐらいの投資も必要なのか。L.L.COOLJにはストリート出身でも他のミュージシャン
 にはない余裕がある。機械慣れしてるっていうのか。

 L.L.COOL.Jのことをヤクの売人が友達・知り合いに売り物を勧めるみたいに音楽を広めようとしているといった
 趣旨で批判する人もいる。それはよくわからないが。勧められた事ないし。でもそういった批判に対しても彼は
 MCとして逆にやり込めているということだが・・・。

 東海村の臨界事故が今の日本の不注意さを象徴していると思うのだが、またああいう事はきっと近い将来
 起こり得る。その時みんな無事だといいね、なんてロマンティックだと批判する人はいないだろう。そんなわけ
 で、我々はL.L.COOLJが必要なのだ。転ばぬ先のLL。これはタフな音楽だ。
 
 
 

10月1日 (日)  「ライトな衝撃」

 今日は国勢調査の日。11時ごろ約束通りに来た。「調査票2枚もよこされたようですよ。」「すいません。では、
 一部持って帰りますので。」「はい。どうぞ。」「ありがとうございます。では後でチェックしますので。」

 調査員って中身見るの?あの人達一部いくらっていう風にお金もらってるのかなあ。
 
 
 

10月2日 (月)  「告発系サイトとして再出発」

 L.L.COOLJのアルバムの歌詞・対訳がユニバーサルのHPに載っているはずなのだが、載っていないので
 何で載っていないのかメールを木曜日ぐらいに出した。返事が来ない。やる気あんのか。え?ネット告発。

 大学院の試験に合格した。

 日誌書いてたら、スーパーに行く時刻を越してしまう。9時には閉まってしまう。雨がやんでちょうど良かっ
 たのに。
 
 
 

10月3日 (火)  「ラーメンだってお氣軽に」

 今日午前中にスーパーに行くと、おじいさんが店員にラーメンに載せる具の売り場を尋ねていた。店員は
 「あちらとあとこちらになります。」おじいさんはそこで「なんで同じ所に置かねえのよ。」と店員をなじるよう
 に責めた。店員は「はあ、そうですねえ。」と風邪気味のかすれた声で困ったように言っていた。じいさん
 それはないぜ、と最初店員に同情したがしかしよくよく考えて同じ種類の品物を広いスーパーの店内で
 離して置かれるって客にとってはすごい面倒であっちいったりこっちいったり、それで商品を色々と見せる
 意図があるのだろうけど特に年を取った人達には大変だろうと思う。なにもばりばりの主婦だけが利用して
 いるわけではないし。体調が思わしくない店員に思わず気を回してしまったが、それは別としてこういった
 場合言い方もまた問題なのだ。おじいさんの言い分には一理あるのだが、このように押し付けられたように
 感じさせる言い方は時と場合を選ぶと思う。どうしてもそうしないと駄目な時、相手を圧迫しなければならない
 時も誰しもあるだろう。でもラーメンの具の置き場でかっと緊張感を与えるのはいかがなものか。

 今日農学部の方を通ったら、すごい速い球を投げる人がいた。最近にしては少し暑い日でシャツを脱いで
 キャッチャーとバッターの3人で野球みたいな感じになっていてその人がアンダースローで球を投げるんだ
 けど、その投げ方がめちゃめちゃ豪快な放り方で肩から背中にかけての筋肉がぐあーって感じですごかった。

 提灯に「どうぞお氣軽にご利用下さい」と書いてある飲み屋を駅前に見つけた。
 ”氣”って太極拳じゃないんだから。
 
 
 

10月5日 (木)  「岩手の虎」

 今日は県立公園に行った。県立公園といっても南部藩27代南部利直公の時代のお城の跡のあるところで、
 現在残っている城垣には『六三四の剣』の主人公六三四が登ったというエピソードのある場所。「とっちゃ!
 見ててケロ。オラ、岩手の虎さなる!」あまりこんな生意気なガキは岩手では見た事ないし、いつも城跡に
 来る度に見てるんですが、城垣に登ろうとするワイルドな子供にはお目にかかれた事がありません。

 自転車で昼食を食べる場所を探していたらいつの間にか坂を登って堀の内側まで入っていってしまう。上の方
 から見ると近くに川が流れていて遠くに山が見えてここが攻められにくい地形になっていることがわかる。

 川のそばのベンチで昼食。ぼーっとして買ったばかりの本を眺めていると、そばでカメラマンが写真を撮ってい
 る。しかもレンズは自分のほうを捉えている。僕の後ろは木だけだから、自分が撮られているかもしれないと
 思った。が、どうでもいい気がしたのでそのまま川の流れを聞きながら本の方に集中した。するとぱらぱらと
 カメラマンが写真を撮ってくる。

 近くに温水プールがあるので、そこに行った。帽子がないのに気付いておろおろ。周りの子供に「白い帽子
 なかった?」と聞くと、なんか緊張感が漂ってよく聞こえない声で「あれじゃないですか?」とか聞いてきた。
 ロッカーが有料で50円玉が必要になるのだが、一旦閉めてから帽子がないのに気付いて開けざるを得なく
 なって、困った。もう50円玉がないし、シャワーも浴びたので受付に行けない。財布が入ってるけど思いきっ
 てロッカー入れっぱなしで鍵掛けないで泳いじゃいました。

 カードとか取られたらどうしよう、と不安に駆られながら泳いでいたらなんか子供向けの水泳教室が始まって
 あと500メートル泳ぎたいところだったが退散。更衣室に戻ったらきちんとあった。よかった。

 ここは小さなお風呂があってそこに水着のまま入れる。子供が3人入っていて、どうやら知的障害を持った子供
 達のようだ。障害の重さにも差があって何を話しているのかちょっとわからない子供と演奏会でみんなの前で
 演奏をしたことが大変だったという話をしている子供とがいる。結構見た目とかで障害のない子供とある子供で
 違ったりするが、話しているのを聞くまでわからなかった。水泳で身体なんかも丈夫になってるらしく、少し太った
 感じはするけど割に逞しそうな感じだ。

 演奏会の話が出てたので、何か話しかけたくなって浴槽の中で何か考えたがどういう風に話したらいいのか
 思いつかなかった。養護教育の資格を持っている人が周りの音楽の人でいるけど、こういう時ってどんな風に
 するのがいいのか今度聞いてみたくなった。

 帰りに電気屋に行っておもちゃのデジカメ買って来ました。Yahoo! degital camera。7900円なのに赤外線
 撮影が出来るやつ。そのほかにもいろいろ変わった機能が付いてて、安いだけじゃなくおもしろく使える感じ。
 MPTripなんかもその線だったけどあれはまあカナダの会社だったしなんか妙だったなあ。このデジカメTomy
 となぜかYahoo!が手を結んで本当におもちゃみたいなフィギュアのようなパッケージで売られてました。こう
 いう遊びのある製品はどんどんこれから出るんだろうな。

 家に帰って自分を撮りまくり。公開も少し考えたりして。赤外線撮影なので水着とか薄いのは透ける可能性
 ありですが、とりあえずよっしいは上のシャツを脱いで撮りました。ショーツのみ。深い意味はありません。
 
 
 

10月5日 (木)  「自傷行為じゃなくて」

 デジカメ買う前、欲しいディスクを売っていそうなレコ屋に寄って行こうと思ったのだが、やな店だったというこ
 とを思い出し、やめた。あのディスクならインディーズ盤なのでもし店頭にあるとすればそこしかなかったのだ
 けれど、よくよく考えたらここ1週間は一日置きぐらいに何か買ってる。のでちと買いすぎだったから買わずに
 済んで良かった。もうちょっと時間経ってからでも別にいいのだ。

 KRS-1のバックで有名なMAD LIONのディスクを朝聴いていたらインナースリーヴがうっすらとマリファナ臭い
 のに気付く。中古だったからまあそういうこともあるだろう。以前、フランク・ザッパのベスト盤を買ったときも同様
 のことがあったのを思い出す。

 今日はレコ屋に対する憎悪の念が非常によい意味でうまく働いた日だと思う。よかったよかった。CDケースが
 もう堆積してるから。きちんと聴かなきゃもったいない。聴いてクレジットもある程度見て整理されない状態の
 ままだときりがないしね。自傷行為なんかじゃなくて。
 
 
 

10月6日 (金)  「送迎」

 今日はバイトした。北上市までバスで送迎。暇なので焼いて間もないCDRを入れたCDプレーヤーを持ってくが
 一曲目しかかからない。こんな時に失敗CDR。バスの座席の隣はマット・デイモン並に見てくれの非常に悪い
 男が膝下が20センチ以上破れたジーパンを履いて眠っている。げんなりする。

 本日の仕事はNHK「ノド自慢」の舞台設営。これを大学で見つけた時はこんなのだったらおもしろそうだとやろ
 うと思ったものだったが、実際行ってこれは金の無駄遣いだと思った。これなら紅白も壮大な無駄遣いな
 のでやめたらどうかと思う。ミュージックステーションもいらないな。もちろんHEY!HEY!HEY!も。ミュージックフェア
 も。夜もヒッパレも。大好きなB'zが見れない?見るな。っていうか出てないだろ。

 とはいえ舞台がだんだん出来あがるのを見るのはとてもおもしろい。パネルに釘で打って立てて。

 ちなみに僕はゲストの郷ひろみの楽屋をセットした。もちろんなんの感動もない。

 放送はあさって、日曜12時15分から。生放送。舞台片付けにまた僕は会場に行く。デジカメで記念写真でも
 撮ろうかな。あと郷ひろみの楽屋を片付けたりいろいろ見たり。生の郷ひろみは見れるだろうか。

 今日も帰り際CDを買いそうになる。あぶない。
 
 
 

10月7日 (土)  「突撃!隣の銀河群」

 今日は一日中家。いい天気だったなあ。
 
 
 

10月8日 (日)  「もう少し後」
 
 今朝の朝刊に挟まっていた電器店の広告チラシを見ると、Yahoo!DegitalCameraが6500円で売っている〜!!
 俺が買ったのより1500円も安〜い!1500円というお金の価値そのものということよりあんなものが1500円
 2、3日前より安く買えたという事実にすごく動揺する。へっぽこ。あんなもんすぐ安くなって300円ぐらいで売られる
 ようになっても全然おかしくない。もんね。今回ばかりは不注意だったと考えてしまう。

 水沢にノド自慢のバイト。後片付けなので本番中はただ外で待っていけないとだめだ。中に入っていこうとすると
 NHKの職員の人に「ここにはいないでください」と言われてそでの方から見る事も出来ない。電気関係のトラック
 に小さな液晶テレビがあって
 
 
 

10月9日 (月)

 家の中でCDを無くしてしまった。ケースはあるのにCDだけがない。最近の気に入ったアルバムだったのに。
 実は今回2回目で前はイタリアのCDだったので入手が難しいし、かなりへこんだ。しかし前回は家の外に
 持ち出したのでまだわかった。今回は外に全く出していない状態だからかなり事情が違う。もう何百枚とある
 CDの中に埋もれてしまったのかもしれない。そうだったら手の尽くしようが無く絶望的だ。たまにしか聴かない
 ものもあるし、ここ2、3日でも30枚以上のディスクに耳を通しているはずなのでどこでどうなったのか特定でき
 ないと思う。心ある人々よ。私の為にCDが見つかる事を祈っていてください。
 
 
 

10月10日 (火)

 CDが見つかりました。乱暴にCDを棚から出し入れしている時にあまり聴かなくなってきたとあるアルバムが
 がしゃんと床に落ち中身のCDが出てきたところで2枚入っていることに感付きました。祈ってた人がいたら
 どうもありがとうです。
 
 
 

10月11日 (水)

 大学のそばの食堂のHPがあるらしい、ととある掲示板で見て見に行くとそこの掲示板にこんな書きこみが!
 
 

  関係ないけど 投稿者:vivio 投稿日: 9月28日(木)04時48分02秒
  
   決意!!
   もう怒った!!
   おれはダイハツと戦う!!
 

 
 穏やかな岩手の森に何が起こったのでしょうか?
 
 
 

10月12日 (木)  「クラック」

 朝、自分のHPが裏系の掲示板にリンクしていたせいで、誰かにクラックされ、どのページを見ても一番
 上の部分に自分の一番悪く撮れていたデジカメの画像が張られていた・・・・という悪夢を見た。どんな
 にひどいページでもそこまで酷いことをされるということは聞いた事ないけどなかなか怖い夢だった。

 始末しないと行けない書類がどーっ、と溜まってる。溜め込む前に片付けるなんてもう大学来てから
 まるでやれてない気がする。高校の時だってルーズだったけど、神経に触る前にはなんとかやれてい
 たんだけど。まあ環境変わったから仕方ない、と言えばそれまで。

 この期に及んで、ただPCを立ち上げとくのはもったいないからMP3を落とす、とかバナナをむしゃむしゃ
 食ってコーヒーを何杯も飲む、とかコーヒー好きなお猿のような変な行動を取り続け、猿はいやだーと
 叫びつつ郷ひろみのことを日曜日の日誌に書いてないことを思い出しつつよくわかんない英語のページを
 咀嚼して読んでいるみたいに目を通して、おまけに新聞読んで、先生に「間に合いません」って電話かけ
 ようとしてもつかまらなくて慌てて学校に行くと先生がいなくてオーマイゴット!
 
 気を取りなおして、本屋に必要な書類を買いに行っても置いていなくて、全然関係無いファッション系の
 雑誌を買ってしまったりする。ジョン・ライドンが表紙になっているSpectatorなる雑誌を買った。特集が
 LIVE IN TOKYO。なぜ今更、と思われるかもしれないけど内容の語られ方に好感を持てるようなところが
 あった。いちお書いとくと日本の雑誌、なんだけど大抵のおしゃれ系の雑誌の語られ方ってなんか東京を
 どういう風に捉えてるのかが不自然でむりやり嘘で固めたイメージを押し込んでくるようなところがあるん
 じゃないか、と密かに失望していたりしていたのだけど、この雑誌は良くも悪くも「そうそう。」って僕が思う
 東京があると思う。住んでないけど実際いたらこういう風に見えるよねっていう。

 NEWSWEEKにラップ特集みたいなのが載ってて、今時の暴力的な風潮うんぬんについて少し触れている。
 モス・デフの発言で「アメリカは抑圧的な社会で、若者は単なる消費者、メディア依存症患者として扱われ
 る。これは大量消費社会の末期症状だ。」ということがコメントとして載っている。このような風潮は日本にも
 あると思うし、身の回りにもそんな人っている。穏やかに済まされないってことはみんなきっとある程度は
 認識してるんだろうな。
 
 

10月13日 (金)  「蛇足の日」

 今日も朝から書類書き。下書きしたり、清書したり、そんなこと昨日の夜にやっておけば良かったのに
 やらないのが自分。朝食はきちんと摂って、ハイ!スタート。一通り書き終えて、PC電源入れて後は
 学校行ってからあっちでやろうと決める。メールチェック&更新されたページをチェック。

 学校行っても先生来ないので、ろくに書くものも書かないでおしゃべり。「ラベルとマーラーだとどっちがいい?」
 の質問が受けまくる。

 先生来ないー。今日から学会行くので午前中来るって言ってたのにー。先生に書いてもらわないと困るところが
 あったので、事務の人に尋ねても「もう行ったんじゃないかしらね〜・・・。」とのお答え。先生〜

 多分僕が延ばし延ばしにして遅らせまくったから愛想を尽かされたんだ!今は12時お昼を食いに行かなければ。

 と、食いに行って駅前で買い物(KΔEЯU(GREEN MIND) に薦められた雑誌を探しに)に行って、無印良品でアール
 グレイのお茶っ葉買って雑誌は無くて家帰ってネットサーフィンをまたおもむろに。

 それで夕方一部の書類は仕上げて、学校に持って行く。その後レッスンに行くと歌の先生に「あなたあの先生に
 会えなかったんですって」と聞くので事務の人が話したのだと思い「ええ。今日1回も来てなかったようですね。」
 って言ったら「来てたわよ。お昼前。ご飯食べに行ってそれから2時の電車に
 乗って行ったのよ。」となかなか強力なことを行ってくれます。へろへろへろ〜。今日先生に書いてもら
 ってたら粗方決着ついたのに。締め切り来週だけど来週はちょっとだめなんだ〜あ〜あ〜あ〜っ

 変わった書き込みがHPの掲示板にあった例の大学のそばの食堂に行った。夕食を食べに。実は行った事無かった
 ので載っていた地図を頼りに適当に行ってみたら、道路から離れた場所のジャリ道の奥にその中華料理店があった。
 大学そば、と言ってもおそらくこの店は大学敷地内だと思う。だってほとんど高度成長期以前の風格を漂わせた
 掘っ立て小屋なんだもん。汚いし食うのやめようかと思った。すぐそばは大学のサークル棟。

 中を覗くと、誰もいない。ジョン・マルコビッチの穴のように静かなそのたたずまい。なんだか入ってみたくなった。
 自分だって貧乏平気じゃん。ブルジョアなんかないも〜ん、と意気盛んに入ってみたのはよかったが、初めての
 お店。システムがよくわからない。いきなり「飲み物の缶は外に捨ててください」の張り紙。何かがおかしい。
 持ちこみ可っていう事?席につきメニューを見て天津丼にする、と店員のおばあさんに言う。「天津丼ね」とおか
 しそうに調理担当のおじいさんに言うのでよくメニューを見ると天津飯の間違いだった。どっちでもいいと思うが。
 もう一人学生が入ってくる。俺より確実に貧乏そう。貧乏人が貧乏人を笑うって、とてもよくないと思う。鳥皮定食
 というのが頼まれる。鳥のから揚げではない。きちんとなんどもオーダーが繰り返されて、耳に残っている。鳥皮
 がおかずなのだ。何円かは見なかった。

 セルフサービスの店なので自分で頼んだものを取りに行く。なんかオレ場違いだ。なんだこのおれのお母さんでも
 作れそうな天津飯は。というか俺が作ったってもうちょっと見てくれの良いものが作れそうだ。あああー。←これば
 っか。味はまあ食えるかな?と思って食べ進めると変な味がしてきた。ここの店はネコがフーッと唸る美味さだ。

 会計の時「ありがとう。また来て食べにいらっしゃって頂戴」と言われたがもうこの店には行かない。帰りにいつもと
 違う道を通ったら別の中華料理屋を発見。見てくれが普通のその店は地味そのものだけどここに入っていれば
 よかったのにと思った。ダイハツの影響が廻りまわって俺のところまで。

 ところで今日は学校行った時、無くなっていたCDが見つかったのでハッピーだった。学校でも前調べた時はなかっ
 たというところで見つかった。隠れていたのが、誰かに拾われて見つかったのか、うっかり入れっぱなしにしていた
 のを誰かに気に入られて勝手に借りられていたのかはわからない。テーブルの上に直に置かれていたがきちんと
 再生できたのでとてもよかった。ラッキー。
 
 
 

10月13日 (金)
 
 相変わらずネットサイトシーイング。(←僕が考えた)

 変わった自己紹介を載せるページを見る。

                      --所持品--
                                                   ヌンチャク
                                                 ボディーブレード
                                                    圧力鍋
                                                 ブレーキディスク

 全部これら僕は欲しい。よくよく考えて思った。ヌンチャクは練習の仕方知らないので痛そうだけど。
 
 
 

10月14日 (土)  「耳で聞けって?あん?」

 ノーベル平和賞が韓国の大統領金大中に贈られる。もちろん金正日にノーベル平和賞なんかいくわけ
 ないが、片一方だけに賞を与えるなんて朝鮮半島の感情なんてまるで考えてないな、と思わざるを得
 ない。何はともあれ「悪いのは世界だ!」って具合に訴えてしまうのはどうかと思う。今なお微妙な状況
 が続く朝鮮半島になにをどうしてほしいと考えて賞を与えるタイミングにしたのか。そもそもまあノーベル
 賞が必ずしもいいタイミングで賞を与えていたわけではないけど。平和賞はでも今までも時節を考慮して
 与えられてたと思ったけど。ある程度は選考する側も「ただじゃ済まない」って思ってくれてると思うけど。

 昨夜からエミュレーターのセッティングに悩まされる。ようやくスーパーマリオにとりかかるが、クリアしよ
 うと思っても8面が難しい。こんなデリケートなゲームだったなんて知らなかったよ。ただのマリオブラザ
 ーズやりたいんだけどあれは英語版では別名があったんだっけ?

 LLCOOLJが全米で初登場NO.1だとレコード会社のHPで知った。いつになったら歌詞をのっけるつもりな
 のか。CDの帯にのっけるって書いといて載せないとは。スーパースターLLCOOLJだが、今作は祖母の
 家の地下室で作ったそうな。そんなのもありで、ゲストも混ざってなかなか楽しい制作だったとか。

 →チェックしたら解説・歌詞対訳載ってました。遅いには遅いんだけど。英詞はどうなった〜!!
 あとDef jamの方のLLのページを見てみるとMixmanっていうWinのDJソフトを使ったコーナーが設置中
 になっててこれ僕楽しみ。前Sonic foundlyがやったBeckのリミックスコンテストどうなったのかなあ。
 優勝者がCDに入れられるっていう。、これの方はACIDっていうオーディオ編集ソフトだったけどね。
 
 
 

10月15日 (日)  「論文ぽくぽく」

 Napsterと同様のサービスでハリウッドに叩かれていたScourが破産宣告を出した。管理だの整理して
 もらって再建しますって言ってるけど難しい。誰もがこういったサービスに目をつけてるし、なんとかOKが
 出せそうなら他のサービスに出資、もしくは自分で立ち上げって方がよさそうだもんね。

 何とかOKっていうのはもちろん今時の採算性の問題もあるけど、RIAAとかのアメリカにおけるJASRAC
 みたいな団体との兼ね合いもあるんだよね。どう納得してもらうか、これはもしかしたら無理な話なのかも
 しれないけど、やっぱりこれまで通りのペースでCDなんかみんな買っても、今までのマーケティングの
 手法やそれで培われた消費者のマインドコントロールがおしゃかになってしまうってのが嫌なんだろう
 から断固反対するのだろう。これまで音楽を聴いている方としては、その聴き方まで束縛されておった
 とまで考えられなかったかもしれないが、実際は情報がどの程度行き渡るもので音楽の流行の波が
 どこではじけるのか計算できていたはずだと思う。自分は商業主義の音楽は聴かない、無名のミュージ
 シャン達の知る人ぞ知る音源を聴いているんだ、っていうこだわりのある人もいたりするが、そういった
 聴き方計算に入っていたわけでこれも一世代前の考え方としてはあながち的外れではなかった今とな
 っては退色したアイデアと受けとっていいだろう。

 一世代前というのは、やはりこういった音楽ファイルの交換、広帯域回線の普及の一般化がなされる前
 に戻るんだけど、それでもインターネットで検索したりリンクをたどれば知る人ぞ知る人達とつながりを持
 って、あるいはその集団で結束を深める事も出来たからそういった音楽ファンの地下活動がWWWという
 オープンなコミュニティーでなされてたってのは当時の僕にとっては興味深かった。意識的に連鎖させる
 と人と人の伝達スピードが速くなるって。でも今は音楽データが知らない人同士でも挨拶なしでやりとり
 されている。
 
 
 

10月16日 (月)  「発育がよいといっても」

 久しぶりにスーツを着たらパンツがきつい。こころなしか、というか丈がとても短く見える。やべー

 配属されたクラスは「ネプチューン」や「モーニング娘。」よりピカチュウの話題の方が受けを取れ
 そうに見えた。そんな第一印象。子供っぽいねと同じクラスに配属された人に語りかける。黒板の
 上には超越と書かれた大きな紙が。このクラスはなぜ超越したいのか。なぜしなければ
 いけないのか。ニーチェに多大な影響を受けているのか。

 配属クラスの授業を参観する。ドッヂボールを選択した女子の体育を見ていたら、やろうと誘われた
 のでスーツのまま参加。

 放課後担当科目の先生と打ち合わせ。一日二時間ぶっ続けでやらなければいけない模様。

 夜中に弾けるように大学の方にキーボードを借りに行ったら、「論文書くって言ったのにやらなかった
 から今回は辛酸を舐めてもらいます」と言われました。貸されません。今週末論文の一部を書いて
 提出する予定がいろいろな事情(ROMを探してエミュレーションを設定し、スーパーマリオをプレイする
 ことや新聞を読む以外にもたくさん)が重なり書くことを忘れてしまいました。薄っすらと今回は大目に
 見るだろう、学会で忙しそうだしという私なりの油断があったのも否定しません。ものにならないって
 見られたみたいで、備品チェックで先日返したままどうしても今回は貸してくれない。バッドタイミングで笑。

 ああ、朝から授業になったら俺、立ちあがり弱いのに。先生それはきつい。
 
 
 

10月22日 (日)  「Who made a hit?」

 教育実習が終わったというのに、もう今日は英検。一夜漬けでうろ覚えの単語を覚えようと思ったけど、
 実習終わった開放感で映画見に行ってしまったこともあって「ちゅんっちゅんっ」というスズメの声で朝を
 起きるという最低の結果に。でも最後にやった授業がうまくいったんだよね、と辻褄の合わない満足感
 に浸りながら、30分ぐらい自転車でかかりそうな郊外のカトリック系の女子高までひた走る。ここの
 学校は山の上にあってふもとから歩いて10分以上はあるところに建っている。幼稚園もあるのだが、
 園児がここまで上がってくるのは大変だろう、多分スクールバスだ。景色が素晴らしくて終末に、じゃな
 くて週末にピクニックに来たいと思えるくらいだ。今は紅葉の季節でななかまど?かなんかの赤い実が
 なっているではないか。盛岡も一応紅葉を迎え、ちらほらと葉の色が変わっている。そして寒い。先週
 から。とても。

 英検準一級をかなり適当に受けた後、玄関を出て急いで自転車置き場までひた走る。予定があった訳
 ではなかったが、久しぶりに解放感を味わいたかった、ということなのだ。誰より先にたったったと玄関
 から飛び出して行く。が、後ろから僕より先に行こうとしている10代の少年がいるではないか。しかも
 もう秋なのに半袖短パン。カバンを持ってるし英検は受けたのだろう。なにー、とても気持ちよさそうに
 走っているではないか。結構速くて陸上か何かやってそうだった。俺もがんばんないと。

 自転車に乗ってから結構飛ばして、長い道のりをつまらなそうに走っていると、後ろからやはり英検を
 受けたっぽい高校生2人が来た。相当スピードに乗ってるはず。今度は!『チャンス!』だと思い、話
 しながらかっ飛ばして行く2人の後についた。空気の抵抗がなくなって走りやすくなるのだ。馴れない道
 を先導させて、途中の信号のところで抜いた。

 「たたきささら」というものが健康器具として100円で売っていた。なんだろう?と思って100円だったの
 でとりあえず買ってみた。ボディーブレードみたいに振り回すと健康にいいのだろうか?細かいぜいちくが
 竹刀のようになっていて(束ねられないで)、ネットでも検索してみたが、正体・使用方法はわからない。
 とりあえず部屋の中で振り回す事は出来ないが、近くの校庭とかで振り回してみるのもあぶない感じが
 する。

 教育実習のことを振り返って2、3ページまとめてノートに書いて提出しなくてはいけない。世話になって
 なんだが、個人的には校門にF-U-C-Kとスプレーでシューッとやってやりたいと思っている。大体学級
 文庫にまどみちおと相田みつおを入れておくのはやめてほしい。学校は本当に心の狭い世界だ。行く前
 も行ってからも本当にそうだなと思っている。お礼参りの意味がわかった。こういうことだ。
 
 
 

10月27日 (金)  「ミリ単位」

 バイオリニストというのはすごい。今日久しぶりに(7月からだから3ヶ月ちょっとも空いた)レッスンを
 受けると、少しの動きの狂いも漏れなく注意される。ここまで来て動かして、でもそこは力を抜いて
 もうちょっと手の形をこういう風に・・・・という具合にレッスンを受けるのだ。もうそれは外科医の手術
 のようにミリ単位で。そうでないといい音、というか具合のいいように音が出ない。

 学校の練習室で友達に久しぶりに会う。「よーう!中学校で人気者だったんだって?」「ははは。そう
 そう。結構好評だったの。何で知ってんの?」「なんか色々話し聞いたぜ。打ち上げでそっちの中学校
 の人とも飲んで。それで靴忘れたんだって?」「いやいや、靴は忘れてないって。ネクタイ忘れちゃった
 んだけど。朝戻って付けてきて」「えー、靴も忘れたって聞いたぜ。」「靴なんか忘れてないって」「生徒に
 すごい人気だったんだろ。お前の事聞かれたよ」「うははははは。そっちの授業はどうだった」・・・「なんか
 お前のやっちゃった話とか聞いたぜ」「やっちゃったって何もやっちゃいねえよ!」

 あとでよくよく考えたら、実習終わったのに学校に靴置いたまま帰ってました。ひえ〜!!まあいつもなら
 ゆっくりと暇な時に学校にふらっと寄る位の余裕を出すところですが、今回は来週の日曜にフットサルを
 するために室内用の靴を必要とするのです。いやいや、学校の事務室に電話して尋ねると音楽の主任の
 先生にわざわざ取り次いでしまわれます。「やっぱり学校に普段着はまずいですよね」「いや、学校じゃな
 くてもこういうところに来る時っていうのはそれなりの格好で来るっていうのが決まりってもんだ。」

 ひえぇ。上履き取りに行くだけにスーツです。考えられません。恥ずかしいので生徒に会わないように
 夕方六時暗くなってから、行く事にします。それまではドラクエYをやったり夕御飯の支度をしたりそれ
 を食ったり、ごろっとしたり、そんなことをして時間を潰す。

 六時、学校。玄関を通ると生徒がまだ帰るところ。「こんにちは」と挨拶をされるがもう僕は学校関係者
 ではない。事務室に「すいません」と断って靴を取って帰る。小走りに自転車置き場に行くと途中で生
 徒のささやきが聞こえる。「ほら、音楽の・・・」 いやーーー。恥ずかしーーーーッ。こんな時まだ普段着
 だったら「いや〜、靴忘れちゃって〜。」なんて感じで済んだと思うけど、一応スーツできちんとした格好
 で行くと実習期間が終わったのになんだろうって思われるだろうしとってもつらい。何でスーツで来い、
 なんて言うのかなあ。
 
 
 

10月28日 (土)  「モッシュがあったらかなり恐いシチュエーション」

 久しぶりにピアノ思いっきり練習したら疲れた。多分3ヶ月ぶりぐらい。

 論文も書かなくてはいけないので、とりあえずへっぽこPCでなぐり書きしてあった内容を入力する。

 今度の土曜日に学校の方の文化祭のようなものがあって演奏を聴かせるスペースを設けるので、そこで
 人前で自分の演奏を聴かせるつもり。ローテーションが一時間、ということは数曲弾くので1回弾いたら
 30分ぐらい休んでまたウォーミングアップするようなペースで一日過ごす事になるので、かなり疲れる
 と思う。未完成の曲が3曲。試験でやったこともある既習曲が1曲。結構厳しい。

 もっとばりばり弾ける人が弾けばいいのに、出番が分散されるのに、ってまとめ役の女の子と話してたら
 そうそう、弾ける人ってなんかやりたがらないみたいところ確かにあるんですよね、って返ってきました。
 なんでだろうね。って2人で考えてたんだけど、音楽系のサークル(吹奏楽部なんかも含む)でやっている
 人達はそっちの方にばっかり力入れてこっちはなんかやるきないよね、と寂しいムード。

 人前で拍手もらえるなんてここではめったにないのに!って僕は言ったんだけどすぐ、サークル入ってる人
 達の方が拍手もらえる機会は多いって気付いて複雑な心境になりました。
 
 
 

10月29日 (日)  「フリーキック」の巻

 今日は隣町の体育館までフットサルをしに行きました。車で一緒に行く予定の人と連絡がうまく取れない
 ので、電車で行こうとしたら電車を乗り逃して結局家に戻って携帯に再度連絡を入れてうまく時間を決め
 られた、めでたし。

 体育館に30分遅れで着いたところ、大学の軽音楽部の人達も偶然来ていて運動神経抜群な知り合いが
 いたもんで、その大学生チームにうまくいれてもらい(元高校サッカーのエースに逆らうべからずってことで)
 すごいめぐまれた試合展開。フットサルはバスケットの規模のサッカーと言ったらわかりやすいだろう。5人
 対5人でコートもバスケットコートぐらいの大きさ。今日は人工芝のある立派な体育館のコートを使ってやった。
 ミスをしてもすぐこっちのボール。これじゃうますぎていっしょにした人達もの足りない気分だろうな。スコーン
 スコーンとシュートを決めるので僕もなんかナイスアシスト決めたりしました。勢い。

 しかし最後の方の試合になるともうふらふらでどう体力を振り絞ればいいのかわからなくなってきてうっかり
 ハンド。目の前をボールが通り過ぎるのが変だと思った時うっかりバスケのようにカットしてしまう。ハイに
 なりすぎましたです。フリーキック。凌いだ。

 その後、得点に繋がるようなミスを2回ほどして終わり。
 
 フットサルは女の人でも出来る!サッカーの出来ない人でも出来る!って言われますけど、ともかく人が少
 なくても出来るのでやりやすいから普及はするかと思いましたヨ。カバディのような奇矯さもないし。

 ていうか土曜日の演奏どうすんの俺?!
 
 
 

10月30日 (月)  「予定調和」

 午前はメールの整理して、新聞読んで、音楽聴いて、学校は夜行こうと思ってたら今日は先生に空き時間
 ピアノのレッスンしてもらう予定だった。のに気付いた時は遅くて先生が授業中。そんで俺ピアノの練習。
 その間先生帰る。なんと!それでまあ練習十分じゃないので次の正規のレッスン水曜に向かってレッツ
 ゴー。今度の土曜日にやる曲なんだが、リズムがうまく取れなくなるところがあって弾いていてまだ遅くなるし
 なんか感情こめて悲しく弾くとぼろぼろになって、さっと弾くとあじけなくなりすぎて-感情込めて引っ込めて
 感情込めて引っ込めてとやってるうちに収拾がつかなくなり本日タイムアップ。

 今日は中古CDでAnnie Lenoxを購入。まだ聴いてない。冷ややかな美人さん。

 財布に1000円しか入ってなくて、CD買ったら数百円で夕食どうしよう、とコンビニうろついて何も買わないで
 出て、結局ノリ弁に。うおー、つらい。と思ったら今月もうないね。おー。これは自然な予定調和だ。←なんだ
 それは。 30日で終わってくれてればもっと助かったが。なんちゃて。これが5日ぐらい続くようだとかなり
 しんどかったはず。

 お家に戻ると1通のお手紙。『郵貯・簡保FA検定試験試験官』の斡旋の通知。前回も郵政省関係の試験官を
 やったんだけど今回は補佐役より主任試験官の方が給料高い。やったー。やたー。午前のみ。大学にて。
 んでもこんなの学生にやらせるなっちゅーの。ファイナンシャル・アドバイザーって俺がとりたいわー!!そんな
 資格!(西川キヨシの魂でお願いします)
 
 
 

10月31日 (火)

 今日残していた一般教養の『中国文学』の授業に出たら、一番後ろの席の人だったけどイヤホンしてる人が
 いた。そんな人初めてみました。いくらなんでもそれはばれるから普通はしないものだけど、だんだんここの
 大学も頭の悪い荒れた高校みたいになってきて(そこの卒業生が入ってきている可能性もあり)おもしろく
 なってきてるような。

 ショーーーートレビュー。
 Annie Lenoxよかったよ。昨日買ったやつ。Matt BiancoのRicoもお気に入り。僕でも体が自然によく
 動いてきます。ラテンが特別に得意ってわけではないけど、Ricoはいける!Annie Lenoxはとにかく
 うまい人って感じで5年前の作品だったんだけど、どちらも僕にとってはおいしいおやつのお菓子をもらい
 ましたってとこでした。  よかったよ。
 
 
 
 
 
 
 

    homebackissuemailBBS