幽体離脱体験日記

4  霊界も物質世界

死後の意識の存続

トップへ
トップへ
戻る
戻る



霊界にたいする誤解

私は、以前霊界が意識だけからなる、純粋な精神世界であると

かってに解釈していました。

でも、実際に私が見た霊界は、そのイメージと大幅に食い違う

ものでした。霊界にも、建物や道路などがあり、明らかに物質文明

を持つのです。私は、霊界を見たといってるのですから、目に見える

イクオール物質からなる世界と考えて差し支えないと、思います。

ただ、その物質の性質が少し違うだけのことです。

これから、長い間、約3000年にも及ぶ、霊界への誤解を一つずつ

訂正していくわけで、これに反発がないなど、毛頭思っておりません。

霊は肉体である

よく、霊魂とかよばれますが、まずここから誤解の第一歩なのです。

霊魂とはその肉体である霊とそのなかの、意識とをまとめて

表現しているのです。

そこで、私は、霊と意識を分けてしか、今後表現しません。

人間が、肉体と意識を持つように、霊もまた、意識を持つのです

よく考えたら当たり前の話ですが、ここを、きちんと区別しておかないと

霊界にたいする、誤解が解けないのです。

すなわち、肉体と霊は本来、同種類のもので、どちらも形を持つもの

すなわち、物質なのです。

それに対し、意識は形を持ちません。それで、意識を非物質としました

この呼び名は、あまり適切では、ありませんが、意識は、姿形を

持たない、すなわち、物質でないのだけど、存在するものです。

では、物質ではなく、この世に存在するものとは?

意識はエネルギーの一種なのです。電気や熱などと親戚だということです

ただし、他のエネルギーと違い、個性を持ちます。

どちらかといえば、電波なんかに似てる気がします。

電波は形を持たぬ、エネルギーですが、周波数や、その内容は

音楽であったり、ニュースであったりと、個性が違います。

霊界への誤解の特徴

よく、霊が壁などを、すり抜ける、特殊な能力を持つと考え違い

するようですが、確かに霊は、我々の世界の壁を、すり抜けています。

彼らには、こちらの世界の壁が見えてないのです。

私達も、気付かずに霊界の壁をすり抜けているのですから、

お互い様です。霊界でも、壁とは通り抜けできぬ障害物を意味します。

霊がオールマイティーであると、考えるのは霊界に対する無知に

よるものなのです。

霊界も私たちの宇宙と同じ

私たちの住むこの次元の宇宙の他に、次元の違う宇宙が、複数

存在するのです。そして、別次元の宇宙といえど、私たちの宇宙と

同じ、物理の法則で説明が付くのです。

言い換えれば、別次元宇宙である、霊界も、物質とエネルギーから

成立する、ごく、ありふれた宇宙なのです。

過去いろんな人が、霊界を、極めて特殊、異常な世界と信じ込んだ

ために、勝手に空想の霊界を、作り上げてしまったのです。

次元の違いは、時間の進行速度の差によるもの。3の霊界からの

招待を参照してください。

そう遠くないうちに、科学が別次元宇宙の存在を証明するでしょう

その時まで、私の話を信じる信じない、皆様方の判断だということです

次回は人間が死ぬと意識も消滅するか?のテーマです

また日記を書きます

次のページへ