村上春樹のインタビュー・対談

[ Home ] [村上春樹の世界−文科系篇]
[全作品リスト] [長編小説] [短編小説] [エッセイ] [インタビュー・対話] [翻訳] [研究書]
[翻訳された作品] [英語] [フランス訳] [ドイツ訳] [イタリア訳] [スペイン語] [ロシア訳]

ワインのページ

根津のページ

ミステリーのページ

玉緒の部屋

ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカ
旅のスケッチ

鎌倉・横浜スケッチ散歩

旅の雑記帳

エイ・ディーUENO

20074月4日改訂



対談・対話・インタビューリスト

題名

対談者・インタビュアー

発行

掲載日時

備考 (和訳)

URL

マスターアンケート:ピーターキャット(村上春樹)国分寺市 ジャズ批評別冊「ジャズ日本列島」 1975年版
http://www.jazzsoda.com/haruki.htm

「ジャズ喫茶のマスターになるための18のQ&A」

ジャズランド

1975年8月創刊記念特大号

http://www.jazzsoda.com/_qa.htm

群像新人文学賞=村上春樹さん(29)は、レコード三千枚所有のジャズ喫茶店主

週刊朝日・横山政男

週刊朝日

1979年5月4日

週刊朝日 1979年5月4日

私の文学を語る

川本三郎

カイエ

1979年8月

『出会い』を見て考えたこと 高橋千尋との対談 happy end 通信 1980年5月号

<土曜の手帳> ヤボなことは書かない 若い世代に静かな人気の作家 村上春樹氏に聞く

朝日新聞夕刊

1980年5月17日

いま若者の合言葉 村上春樹読んだ?

週刊現代

1980年7月3日

一九八〇年の透明感覚−村上龍Vs.村上春樹 村上龍との対談 小説現代 1980年12月

風の歌を聴く都市感覚の小説家

平凡パンチ

1981年1月26日

著者インタビュー MORE 1981年2月号
幻想のアメリカ少年は中産階級の友が好きだった 高取英

宝島

1981年11月号

原作者対談:映画ってなんだ!?」 『遠雷』立松和平Vs『風の歌を聴け』村上春樹 立松和平との対談 平凡パンチ 1981年11月2日号 第18巻第42号P27-29
HUMAN HOT INTERVIEW SPECIAL 「風の歌を聴け」 村上春樹 V.S. 大森一樹 大森一樹との対談 Hot Dog Press 1981年12月10日
大衆化した「大学」はどこへ行く--「300万人の大学」執筆者 (漂う「大学」の脱出路) 天野郁夫、樋口恵子との対談 朝日ジャーナル 1982年4月2日号 24巻 P26-32
カルチャー・ショック対談: 村上春樹VS糸井重里 糸井重里との対談 GORO 1982年4月22日号 第9巻第9号 P160-163 「話せばわかるか」に再収録
R.チャンドラー あるいは都市小説について 川本三郎との対談 ユリイカ 1982年7月号 14巻 P110-135
PEOPLE NOW 若い世代を、70年代のほろ苦い青春に誘惑する小説家(村上春樹)

non・no

1982年9月20日

people 村上春樹 anan

anan

1982年10月8日

アナログで書かれた物語 渡辺直己

日本読書新聞

1983年1月31日

言の世界と葉の世界 五木寛之との対談 小説現代   1983年2月号 P222-233
「氷をめぐる冒険」村上春樹

Studio Voice

1983年2月号

村上春樹 新世代作家の淡々生活

週刊現代

1983年2月20日

ほっとひと息 村上春樹 好きだから − 裏庭は穴の跡、跡...

サンケイ新聞

1983年2月20日

村上春樹をめぐる冒険インタビュー後編

Studio Voice

1983年3月号

羊をめぐる冒険 ぼくらのモダン・ファンタジー

幻想文学

1983年4月1日

フロントインタビュー 村上春樹

PENTHOUSE

1983年5月創刊号

あるとき、いちばん嫌いな人(ヤツ)を好きになってしまった! 道下匡子との対談 クロワッサン 1983年5月10日 P48-51
創作作法対談『村上春樹氏と−坂本龍一 坂本龍一との対談 平凡パンチ 1983年5月30日号
かってジャズはつねに制度を拒みそれを乗り越えてきたものだった 小野好恵

「ジャズの事典」

1983年7月20日

1982.2.22 村上春樹と六本木・瀬里奈で話した 糸井重里との対談 「話せばわかるか」 (糸井重里対談集) 1983年7月30日第二刷
CLOSE UP

1983年8月号

今月の登場人物による 記憶に残る仕事上の失敗談

ビックリハウス

1983年11月号

「ムラカミ・ワールド」の秘密 古田留美子

宝島

1983年11月号

対談/村上春樹vs水丸 安西水丸との対談 イラストレーション 1984年2月号 No.26
「千倉における朝食のあり方」 安西水丸氏に聞くT 安西水丸との対談 ビックリハウス 1984年2月号 第10巻第2号 (通巻109号) P98-102 「村上朝日堂」に再収録
「千倉における夕食のあり方」安西水丸氏に聞くU 安西水丸との対談 ビックリハウス ビックリハウス 1984年3月号
若者たちの神々 筑紫哲也との対談 朝日ジャーナル 1984年5月25日 26巻 P43-47
仕事の現場から 中上健次との対談 国文学 1985年3月号 30巻 P6-30 「on the border」 中上健次・著に再収録
村上春樹インタビュー 稲木紫織

「五人十色」

1984年6月20日

村上春樹 ロングインタビュー 安原顕

小説新潮臨時増刊

1985年夏

「物語」のための冒険 川本三郎

文學界

1985年8月号

マリ・クレール 大型インタビュー 村上春樹 鈴木仁之

marie claire Japon

1985年8月号

村上春樹の世界 話題作「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を手がかりに 島森路子との対談 NEXT 1985年10月
ワンダーランドに光る風 五木寛之との対談 風の対話 1986年2月
村上春樹 現代日本文学の最先端を走り続ける長距離ランナー、村上春樹の意表をつく言葉の群れが耳を撃つ! PLAYBOY 日本語版 1986年5月
アーヴィングが世界を見れば 中野圭二との対談 1986年6月 P6-11
ジョン・アーヴィングの長編「熊を放つ」は青春小説の最高傑作だ。 畑中佳樹 marie claire Japon 1986年7月
仕事の現場から 中上健次との対談 「on the border」 最新エッセイ+対談 1982-1985/オン・ザ・ボーダー 中上健次・著 1986年6月 P88-136
12月号表紙インタビュー 和田誠 話の特集 1986年12月号
ロングインタビュー 88年1月12日/ローマ 加賀山弘 par AVION 創刊号 1988年4月5日
僕が翻訳をはじめる場所 村上春樹インタビュー 翻訳の世界 1989年3月号
DAYSロングインタビュー なぜ、『僕』の時代なのか DAYS JAPAN 1989年3月
大インタビュー 「ノルウェイの森」の秘密−超ベストセラーを生んだ創作活動とプライベート・ライフ 文藝春秋 1989年4月
村上春樹氏 区切りの年を語る 僕にも小説にも変質を迫った10年 逃げられない時代を予感・・・ 由里幸子記者 朝日新聞 夕刊 1989年5月2日
山羊さん郵便みたいに迷路化した世界の中で − 小説の可能性 − 柴田元幸 ユリイカ 臨時増刊号 1989年6月号
ニューヨークで語る文学のワンダーランド 村上春樹「世界を目指す AERA 1989年11月21日
私の嫌いなもの・恐いもの 安西水丸との対談 シネマ・ストリート パート2 (安西水丸著) 1989年12月12日
村上春樹、自らの世界を語る ニューヨーカー誌などで絶賛される ニューズウィーク 1990年2月1日
村上春樹全作品紹介 SAPIO 1991年1月10日
物語の力について ジョン・アーヴィングへのインタビュー インタビューアー 訳・構成 村上春樹 文學界 「村上春樹ブック」 1991年4月増刊号 第45巻第5号 P131-146
「ガイジンによる、ガイジンのためのムラカミ・ハルキ」 Lewis Beale、奥平謙二・訳 PLAYBOY 日本版 1992年6月号
村上春樹「国境の南、太陽の西」を語る −「悪評は『ノルウェイの森』のみそぎみたいなもの」 週刊文春 1992年12月10日
村上春樹への18の質問 広告批評 1993年2月号
村上春樹×ジェイ・マキナニー 芭蕉を遠く離れて−新しい日本の文学について ジェイ・マキナニーとの対談 すばる 91/12/4にニューヨーク「プレイヤーズ・クラブ」において行われた公開対話より 訳・村上春樹 1993年3月号 15巻 P198-209
アメリカについて ずっと考えていたこと 週刊文春 1994年3月17日
現代の物語とは何か 河合隼雄との対談 司会:ホセア・平田 新潮 1994年7月 91巻 P260-282
現代の物語とは何か 河合隼雄との対談 「河合隼雄対談集 こころの声を聴く」 1995年7月1日

An Interview with Haruki Murakami

Sinda Gregory, Toshifumi Miyawaki, Larry McCaffery

Center for Book Culture (英語)

90年代中頃、ボストン在住時

http://www.centerforbookculture.org/review/02_2_inter/interview_Murakami.html

村上春樹、河合隼雄に会いに行く 第1回 「物語」で人間はなにを癒すのか? 河合隼雄との対談 世界 1996年4月号 621号 P257-280
村上春樹、河合隼雄に会いに行く 第2夜 無意識を掘る”からだ”と”こころ” 河合隼雄との対談 世界   1996年5月号 662号 P210-235
村上春樹 「僕の地下鉄サリン事件」 週刊現代 1997年3月22日
<ジャンク>の奥に潜むもの 柴田元幸との対談 「水と水が出会うところ/ウルトラマリン レイモンド・カーヴァ−全集5」の付録の小冊子 1997年9月15日 P1-8
「ポストアンダーグラウンド」をめぐって --麻原・ヒットラー・チャップリン 河合隼雄との対談 文藝春秋 1998年11月号 76巻 P262-277
The outsider Laura Miller Salon.com (英語) 1997年12月16日
http://www.salon.com/books/int/1997/12/cov_si_16int.html
村上春樹クロニクル 編集部 「来たるべき作家たち 海外作家の仕事場1998」 海外作家の仕事場、日本篇
『約束された場所で』村上春樹さんに聞く 「善」の裏に隠れている「悪」 大井浩一 毎日新聞 夕刊 文化 批評と表現面 1998年12月9日
村上春樹はなぜ走るのか? BRUTUS 1999年6月1日
僕が翻訳するわけ marie claire Japon 1999年9月号

The Healer

Roland Kelts

Ironminds (英語)

1999923

http://www.ironminds.com/ironminds/issues/990923/conversation.shtml

物語はいつも自発的でなければならない 鳥森美智子 広告批評 1999年10月号

Heart of Darkness

Roland Kelts

Kansai Time Out (英語)

199911

「闇の奥

http://www.japanfile.com/books/features/Murakami-1.shtml

[Eメールインタビュー] 言葉という激しい武器 大鋸一正 ユリイカ 臨時増刊 2000年3月
村上春樹に <独占> ネットインタビュー 春山陽一 週刊朝日 2000年7月21日
まさかさかさま? 村上春樹さんが回文週 『またたび浴びたタマ』 朝日記者、小山内伸 朝日新聞 朝刊文化総合面 2000年8月20日
Audio: Haruki Murakami Jonathan Lethem The Newyork Times on the Web (英語) 2000年11月3日 音声付き、「かえるくん、東京を救う」の朗読入り
http://www.nytimes.com/books/01/06/10/specials/murakami-audio.html
春樹と歩くアンダーグラウンド マルコム・ジョーンズ ニューズウィーク日本版 2001年5月30日
村上春樹さんはなぜ、スポーツとドイツ車が好きなのか 小川フミオ NAVI 2001年6月1日

Up from the Underground

Roland Kelts

Metropolis (英語)

20019

http://metropolis.japantoday.com/tokyofeaturestories/389/tokyofeaturestoriesinc.htm

勝者も敗者もいない戦争になる 村上春樹に同時テロの意味を聞く グレゴリー・ビールズ ニューズウィーク日本版 2001年10月10日号

Ich mag keine Fröhlichkeit

Focus

Focus (ドイツ語)

2002318

僕は陽気なことが嫌いだ

Artikelausgabe (オリジナルのアクセスは、Focusに登録が必要です。)

NYで作家たちは何を語っているか 柴田元幸 Invitation 2002年12月プレ創刊号
『海辺のカフカ』を語る 湯川豊、小山鉄郎 文學界 2003年4月号
Marathon man Richard Williams The Gurdian (英語) 2003年5月17日
Marathon man (オリジナルのアクセスは Guardian に登録が必要です。)
京都での対話(上) 河合隼雄と村上春樹が語り合った2日間 河合隼雄との対話 フォーサイト 2003年10月号
京都での対話(下) 河合隼雄と村上春樹が語り合った2日間 河合隼雄との対話 フォーサイト 2003年11月号
村上春樹に会いに行く 柴田元幸 「ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち」 2004年3月30日
村上春樹ロングインタビュー 新元良一 本の雑誌 2004年8月号
心の旅 Nomadic spirit Roland Kelts PAPER SKY (日本語/英語) 2004年7月25日
Nomadic spirit
The Art of Fiction CLXXXII John Wray The Paris Review (英語) 2004年夏号
いい音楽を聴くように、あるいはいい音楽を演奏するように。 若林恵 エスクァイア日本版 2004年9月号
村上春樹、レイモンド・カーヴァーについて語る 全集翻訳を終えて -- レイモンド・カーヴァーの文学システム 編集部 文學界 2004年9月号
翻訳文学ブックカフェ 新元良一 本の雑誌社 2004年9月
Points of departure Scott Pack Books Quartery Issue 15/2005 P32-36
http://groups.msn.com/TheDolphinHotel/page.msnw?&pps=k
村上春樹ロングインタビュー 「アフターダーク」をめぐって 編集部 文學界 2005年4月号 P172-193
村上春樹ロングインタビュー 音楽を聴くということ 編集部 Sound&Life 別冊ステレオサウンド 2005年6月25日 P116-123
A Rebel in Japan Eyes Status in America ONISHI Norimitsu The New York Times 2005年7月14日
http://www.nytimes.com/2005/06/14/books/14mura.html?8hpib

Top


対談・対話・インタビュー(書籍)

表紙 題名 対談者・対話者
ウォーク・ドント・ラン
村上龍 vs 村上春樹
1981年7月20日
講談社
ISBN4-06-116900-9 C0095
村上龍と村上春樹
夢で会いましょう
糸井重里、村上春樹
1981年11月25日
冬樹社
0095-10419-5190
糸井重里と村上春樹
話せばわかるか
糸井重里対談集
1983年
飛鳥新社
糸井重里と:
栗本慎一郎、村松友視、ビートたけし、
井上陽水、タモリ、坂田明、江川卓、
矢野顕子、高橋留美子、谷岡ヤスジ、
野坂昭如、村上春樹、川崎徹、三浦雅士
ジャズの事典
(小野好恵対談)
1983年7月
冬樹社
●インタビュー 村上春樹
「かってジャズはつねに制度を拒みそれを
乗り超えてきたものだったんだ」
聞き手 小野好恵
五人十色 作家インタヴュ−・コレクション
橋本治・村上龍多対談
1984年6月
フィクション・インク
インタビュアー: 稲木紫織
橋本治
村上春樹
村上龍
金井美恵子
山川健一
村上朝日堂
村上春樹/安西水丸
1984年7月15日
若林出版企画
ISBN4-948718-06-8 C0095
村上春樹と安西水丸
安西水丸氏に聞く
T「千倉における朝食のあり方」
U「千倉における夕食のあり方」
V「千倉サーフィン・グラフィティー」
「男にとって”早い結婚”はソンかトクか」
風の対話
五木寛之対談集

「ワンダーランドに光る風」
1986年2月25日
ブロンズ新社
五木寛之と:
村上春樹
中沢新一
高橋源一郎
北方謙三
中上健次
【河合隼雄対話集】 こころの声を聴く
「現代の物語とは何か」
村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」
1995年1月25日
新潮社

ISBN4-10-379103-9 C0095
河合隼雄と:
山田太一、安部公房、谷川俊太郎、
白州正子、沢村貞子、遠藤周作、
多田富雄、富岡多恵子、村上春樹、
毛利子来
村上春樹、河合隼雄に会いにいく
河合隼雄 村上春樹
1996年12月5日
岩波書店
ISBN 4-00-002221-0 C0095
村上春樹と河合隼雄
翻訳夜話
2000年10月20日
文芸新書
ISBN4-16-660129-6
村上春樹と柴田元幸
フォーラム1 「柴田教室にて」
フォーラム2 「翻訳学校の生徒たちと」
フォーラム3 「若い翻訳者たちと」
シドニー!
2001年1月20日
文芸春秋
ISBN4-16-356940-5 C0095
インタビュアー:村上春樹
2000年10月20日 徳島
河野監督の視点 河野匡
悪夢とのレース 犬伏孝行
有森裕子
翻訳夜話2 サリンジャー戦記
村上春樹 柴田元幸
2003年7月20日
文芸新書
ISBN4-16-66603305 C0295
村上春樹と柴田元幸
対話1: ホールデンはサリンジャーなのか?
対話2: 『キャッチャー』は謎に満ちている
ナイン・インタビューズ
柴田元幸と9人の作家たち

「村上春樹に会いに行く」
柴田元幸 編・訳
2004年3月30日
株式会社 アルク
ISBN4-7574-0781-5 C0098
柴田元幸と:
Siri Hustvedt
Art Spiegelman
T. R. Pearson,
Stuart Dybeck
Richard Powers
Rebecca Brown
Kazuo Ishiguro
Paul Auster
村上春樹
翻訳文学ブックカフェ
新元良一
2004年9月
本の雑誌社
ISBN 4-86011-036-6 C-CODE 0095
若島正 柴田元幸 岸本佐知子
鴻巣友季子 青山南 上岡伸雄
小川高義 中川五郎 越川芳明
土屋政雄 村上春樹

Top


opendoors.asahi-np.co.jp/span/asahido/index.htm
村上朝日堂

khalki.kix.or.jp/khalki/
Welcome to Khalki Island

www2b.biglobe.ne.jp/~haruki/index.html
春樹堂

network54.com/Forum/15537
Haruki Murakami Forum

[ Home ] [村上春樹の世界−文科系篇]
[全作品リスト] [長編小説] [短編小説] [エッセイ] [インタビュー・対話] [翻訳] [研究書]
[翻訳された作品] [英語] [フランス訳] [ドイツ訳] [イタリア訳] [スペイン語] [ロシア訳]

ワインのページ

根津のページ

ミステリーのページ

玉緒の部屋

ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカ
旅のスケッチ

鎌倉・横浜スケッチ散歩

旅の雑記帳

エイ・ディーUENO


ご意見やご感想をお待ちします。

yoshio_osakabe@ybb.ne.jp