神戸市会議員の三重の厚遇




田村 和子

神戸市会議員の平成16年度の給料(1,056万円)とボーナス(464万6,400円)で約1,521万円、それに政務調査費(456万円)を加えると約1、977万円になる。
 これだけの高収入の上に神戸市から三重もの厚遇がある。

1) 費 用 弁 償 と言って、市の本会議、常任委員会、運営委員会、近くの視察の出席者に交通費+雑費として議員に支払われる。
距離によって、9,000〜14,000円/1日まで6段階に分かれていて、少ない人で43万円、多い人は70万円/年の費用弁償が支払われている。
これに対し、住民投票☆市民力の高山晃一議員と井坂信彦議員は費用弁償は適正でなく、本当に必要なものかどうか、また、交通費と考えると高すぎるからと現在供託している。
なぜなら、議員は寄付行為が禁止されているので、返すことができない。
この制度が改正されるまでと平成15年9月分からずっと今も供託を続けているとのこと。
 高山晃一 議 員
     756,000円(84日分)  9,000円/日 平成15年9月〜17年3月
 井坂信彦 議 員
    1,026,000円(114日分) −〃−       −〃− 

費用弁償 距離区分別人数表(平成17年4月18日現在)
金   額距    離人 数
8,000円          3km未満
9,000円 3km以上   6km未満16
10,000円 6km以上  10km未満22
12,000円10km以上  14km未満
13,000円14km以上  18km未満 15
14,000円18km以上
  計 70


2) 市バス・地下鉄の無料パスの支給
  しかし71名中21名の議員が返却している。(平成16年度)

返却者名
自由民主党村岡 功  ・ 藤森 万也 ・ 村岡 龍男
公 明 党山田 哲郎
日本共産党西下 勝  ・ 南原 富広 ・ 段野 太一
亀井 洋示 ・ 本岡 節子 ・ 松本 のり子
金沢 治美 ・ 森本 真 ・ 大かわら 鈴子
赤田 勝紀
住民投票 ☆ 市民力恩田 怜  ・ 井坂 信彦 ・ 高山 晃一
林 英夫
新 社 会 党あわはら 富夫 ・ 加納 花枝 ・ 井上 力
 計 21 名

3)駐車場の無料使用
市役所の地下に市会議員用の駐車場があり、現在70人中59人がこの駐車場を無料で使用している。市議会開催中だけでなく、年中議員専用分として59台分が確保され、議員はいつでも利用できる。

駐車場を利用していない議員
自由民主党北山 順一
公 明 党佐伯 育三
日本共産党段野 太一 ・ 亀井 洋示 ・ 大かわら 鈴子
赤田 勝紀
民  主  党荻阪 伸秀 ・ 浜本 りつ子
住民投票 ☆ 市民力浦上 忠文
新 社 会 党あわはら 富夫 ・ 加納 花枝
 計 11 名

☆★ 意 見 ★☆

1) 議員は高い収入を得ているのだから、この費用弁償は廃止すべきであるが、どうしても必要なら、交通費実費とすべきである。あまりにも高すぎる。
2) 高い費用弁償の上になぜ無料パスまで出す必要があるのか。
3) 神戸市財政の赤字の解消の一助とするため、議員には駐車場代を請求すべきである。

◎ 議員の中には市民のことを考え、供託までして頑張っている方々もおられるのですから、今こそ、すべての議員がこんな三重の厚遇に甘えず自らの襟を正すべきである。




戻る


ご意見・ご感想はこちらまで

篠山市民ネット
2005年08月20日作成