ママチャリ道場トップページ <カテゴリー> ハリヤ

2016年8月17日 (水) 電ちゃりハリヤをMTB化!

DSC02604
posted by (C)Yoshi-P

 この度、ハリヤのMTB化第一期改造が完了しましたので、レビューしたいと思います。

DSC02607
posted by (C)Yoshi-P

 まずは、ドライブトレーンとリア回り。

DSC02612
posted by (C)Yoshi-P

 リアの固定方法を、ハブナットからクイックレシーズにするために、ハブ軸を交換しました。
 当面の間、純正ホイール一式を使用するにあたり、出先のパンクなどのトラブルに即座に対応するための処置です。

DSC02436 DSC02437
DSC02440 DSC02448

 スプロケ側の玉押しとロックナットが、予め組み込まれているので(バラもあり)、入れ替えするだけの簡単な作業で済みました。

DSC02608
posted by (C)Yoshi-P

 同時作業で、純正のスプロケ13T-28Tから11T-28T(CS-HG41-7)に交換。

DSC02465 DSC02466

 単純にギア比が高くなったり、メッキ仕上げで見た目が良くなっただけでなく、



軽量化と変速性能が向上



 しました。
 この手の交換は簡単なので、定番ですが、そこまで語られてなかったのでうれしい誤算でした。

DSC02614
posted by (C)Yoshi-P

 タイヤは、とりあえず、試験的に装着させるために使った、

DSC02461 DSC02457

 GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) TIR17100 CST C-1040N MTBタイヤ 26x1.95

 チューブは、

 シュワルベ 26X1.5-2.5米式バルブ 13AV

 のともに前後。

DSC02427
posted by (C)Yoshi-P

 ちなみに、コツを要する後輪の脱着を、少し楽にする方法を見つけました。

DSC02428
posted by (C)Yoshi-P



ディレーラーガードを外す



 これがあると、車輪を脱着する時にディレーラーがガードに当たり、下の空間があまり出来ず、車輪が下に抜けない原因になっていました。
 車輪を外すたびに脱着する手間もあり、あまり完全ではありませんが、少しは楽になると思います。

DSC02610
posted by (C)Yoshi-P

 チェーンカバーは、完全撤去。

DSC02570 DSC02574

 ホルダーとも取り外したので、軽量化とカバーの反響音が消え一石二鳥。

 お次は、フロント周りへ。

DSC02615
posted by (C)Yoshi-P

 ハンドル周り。
 スイッチ以外は、総取り替え。

DSC02627
posted by (C)Yoshi-P

 ハンドルバーは、ITM ALCOR 80 SEMI RISE ブラック

DSC02624
posted by (C)Yoshi-P

 ステムは、ITM ALCOR 80 ブラック

DSC02493 DSC02501

 見た目重視で、メーカーを合わせてみました。。。


 シフターは、あえて

DSC02619
posted by (C)Yoshi-P



サムシフター



 シマノ SL-TZ20-7R

DSC02502 DSC02506

 長時間オフロードライドによる、指の疲れでも確実な操作性と、その視認性の良さ。
 また、希少性による意外さを狙って。。。

 それは今に始まった事ではなく、かつて乗っていたMTBも同様にシフターを換装したことがあります。

 最も当時は、XTランクで物がシッカリしたものでしたが。。。(ラチェット音がしない)


DSC02620
posted by (C)Yoshi-P

 ブレーキレバーは、シマノ BL-T4000

DSC02503 DSC02507

 シマノ製で、袋入りの最も安いVブレーキ用レバー。

 Vブレーキ本体共、上位機種にしなかったのは、将来的なブレーキ機構の大幅変更を考えて。

 と言っても、さすがシマノ製。
 ブレーキのタッチが、カチッと効くようになりました。あまりに効きすぎるので、若干弱めのセッティングにしたくらいです。。。


DSC02616
posted by (C)Yoshi-P

 グリップは、ERGON GS3-S Carbon

DSC02617
posted by (C)Yoshi-P

 どうしても、山まで長距離ライドになりがちなので、疲れにくく、尚且つ軽くするため。

DSC02509 DSC02510

 脱着性の良さも含めて選んだつもりですが、ハンドルバーに挿入するときに、固かった。。。
 容易に抜けるか心配・・・。


DSC02623
posted by (C)Yoshi-P

 ベルも交換。

DSC02562 DSC02564

 元々ついていたベルが、サムシフターにしたことにより、干渉して使い辛くなったので、パナソニックの一般車についているベルにしました。

DSC02628
posted by (C)Yoshi-P

 ハンドル周りは、スタイリッシュになり操作性も良くなり、これからも活躍しそう。

 それでは、また。。。



 え?何か忘れてないかって??
 あっ忘れてました。

DSC02631
posted by (C)Yoshi-P



大きい目玉が。。。



 元々のライトが、小さく暗いのは知っていたので、ライトマニアとしては、ハリヤ購入前から改善の課題に挙げていました。(むしろ第一の課題)
 あるショップの電動車改造で、一般電動車に採用されているスリム6LEDビームランプを、ハリヤを含めたスポーツ車に取付けているの例を見てピンと来ず、雰囲気的に



丸目が似合う



 と直感し、すぐに思いつきました。

DSC02630
posted by (C)Yoshi-P

 NKL842S

 現在の車種では採用されていませんが、主に初代ギュットシリーズに採用されていた、6LEDライトです。
 本当は、NKL789という電球式ライトにしたかったのですが、生産完了でこちらにしたというわけです。。。

DSC02635
posted by (C)Yoshi-P

 正面に4LEDが鎮座し、サイドマーカーとして、オレンジLEDが左右に配置。
 ライト自体、フロントフォーク右側の取付けしか想定されていないのに、



左右対称構造



 その構造を活かすべく、ありがたく使わせて頂きました。

DSC02632
posted by (C)Yoshi-P

 取り付けには、ミノウラ スペースグリップCS-500を使用。

 ライトの取り付け金具が本体左側にあり、それを、CS-500の左側に取り付ける事で、オフセット。(多少はズレていますが)

 と、ここまで至って普通ですが、常に斜め上を見る自分に、ここでは終わらない。
 それは、ライトの締め付け方法。

DSC02636
posted by (C)Yoshi-P




蝶ネジで固定



 それは、容易に角度を調整するため。

DSC02637
posted by (C)Yoshi-P

 昼間点灯時、視認性を更に高める、水平(上向き)照射。

DSC02638
posted by (C)Yoshi-P

 夜間点灯時、手前を照らし、対向車(者)幻惑減少を狙う、下向き照射。(別に上向きライトを用意)


 その他、フロント周りの改善点は、



フロントキャリア撤去



DSC02489 DSC02490

 大幅な軽量化と、MTBのイメージ色が濃くなりました。


DSC02639
posted by (C)Yoshi-P

 ハンドル周りを一新し、フロントキャリアの撤去、そしてブロックタイヤと、ただでさえハリヤがワイルドな雰囲気になったのに、大型ライトが更に



とどめを刺す



DSC02643
posted by (C)Yoshi-P

 これから始めようとする、林道散策は非常に楽しみ。
 ベースは完成したので、後は細かな所を詰めれば、すぐにでも走りにいけますが、とりあえず、



涼しくなってから



 と考えています。





 本記事未掲載の写真を見たい方フォト蔵 ウェブ アルバムをご覧ください。
電ちゃりハリヤをMTB化!

 とりあえず形になりました・・・
電ちゃりハリヤをMTB化! とりあえず 形になりました・・・ by (C)Yoshi-P


ママチャリ道場トップページ