認知症(痴呆性)老人の日常生活自立度

        
ランク 判定基準見られる症状・行動 の例 判定にあたっての留 意事項及び提供されるサービスの例
T  何らかの認知症(痴呆)を有するが、日常生活は家庭 内及び社会的にほぼ自立している  在宅生活が基本であり、一人暮しも可能である。相談 、指導等を実施することにより、症状の改善や進行の阻止を図る。具体的なサ ービスの例としては、家族等への指導を含む訪問指導や健康相談がある。また 、本人の友人づくり、生きがいづくり等心身の活動の機会づくりにも留意する 。
U  日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の 困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる。  在宅生活が基本であるが、一人暮らしは困難な場合も あるので、訪問指導を実施したり、日中の在宅サービスを利用することにより 、在宅生活の支援と症状の改善及び進行の阻止を図る。具体的なサービスの例 としては、訪問指導による療養方法等の指導、訪問りハビリテーション、デイ ケア等を利用したリハビリテーション、毎日通所型をはじめとしたデイサービ スや日常生活支援のためのホームヘルプサービス等がある。
Ua  家庭外で上記Uの状態が見られる。  たぴたび道に迷うとか、買物や事務、金銭管理等それ までにできたことにミスが目立つ等。  上記に同じ
Ub  家庭内でも上記Uの状態が見られる。  服薬管理ができない、電話の応対や訪問者との応対な ど一人で留守番ができない等  上記に同じ
V  日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困 難さがときどきみられ、介護を必要とする。  日常生活に支障を果たすような行動や意思疎通の困難 さがランクUより重度となり、介護が必要となる状態である。「ときどき」と はどのくらいの頻度を指すかについては、症状・行動の種類等により異なるの で一慨には決められないが、一時も目を離せない状態ではない。在宅生活か基 本であるが、一人暮らしは困難であるので、訪問指導や、夜間の利用も含めた 在宅サービスを利用しこれらのサービスを組み合わせることによる在宅での対 応を図る。具体的なサービスの例としては、訪問措指導、訪問看護、訪問リハ ビリテーション、ホームヘルプサービス、デイケア・デイサービス、症状・行 動が出現する時間帯を考慮したナイトケア等を含むショートステイ等の在宅サ ービスがあり、これらを組み合わせて利用する
Va  日中を中心として上記Vの状態が見られる。  着替え、食事、排便・排尿が上手にできない・時間が かかる、やたらに物を口に入れる、物を拾い集める、徘徊、失禁、大声・奇声 をあげる、火の不始末、不潔行為、性的異常行為等  上記に同じ
Vb  夜間を中心として上記Vの状態が見られる。  ランクVaに同じ  上記に同じ
W  日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の 困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする。  ランクVに同じ  常に目を離すことができない状態である。症状・行動 はランクVと同じであるが、頻度の違いにより区分される。家族の介護力等の 在宅基盤の強弱により在宅サービスを利用しながら在宅生活を続けるか、また は特別養護老人ホーム・老人保健施設等の施設サービスを利用するかを選択す る。施設サービスを選択する場合には、施設の特徴を踏まえた選択を行う。
 著しい精神症状や問題行動あるいは重篤な身体疾患が 見られ、専門医療を必要とする。  せん妄、妄想、興奮、自傷・他害等の精神症状や精神 症状に関連する問題行動が持続する状態等  ランクT〜Wと判定されていた高齢者が、精神病院や 痴呆専門棟を有する老人保催施設等での治療が必要となったり、重篤な身体疾 患が見られ老人病院等での治療が必要となった状態である。専門医療機関を受 診するよう勧める必要がある。