藤原竜也さんファンサイト *Yori's home*トップ藤原竜也さんに関するレポート・日記
Dragon Arrowsニューカレドニアツアー"TATSUYA FUJIWARA in NEWCALEDONIA"Yori's diary(1)

Dragon Arrows ニューカレドニアツアーレポ 
2006年7月20日〜2006年7月24日 1日目

■7月20日:一日目-出発-

今回は関東・関西で出発日が違う。関東組は一日早い7月19日夜の便で出発。19日に出発の関東の友人から、「いってきま〜す!」メールが入り、この時点でスーツケースにまだほとんど何も荷物をつめていないわたしw(*_*)w

【関西空港出発】
集合時間:2006年7月20日(木) 9:00集合
集合場所:関西空港4階 国際線ロビー北出発
出発時間:11時30分(SB881便)

6:30am:
相変わらず直前当日用意で朝もバタバタ!起床予定時間1時間遅れちゃったし(爆)新しいネイルにする時間もなし。ガーん!幸いフットワークの軽さと用意の早さだけは自信あるのでダッシュで荷物をつめこみ、それでもしっかり朝ご飯は食べる。また、超おいしい「いちごジャム」(*^^*)をいただいちゃったの〜♪ふふん♪と浸っている場合ではないし!

7:00amすぎ:
家を出る。外は雨降っている。なんだか集合時間ぎりぎりになりそう(@@;)・・・っていうか遅れる?(汗)京橋から関空快速に乗る予定が天王寺のほうが早い事を駅員さんに教えてもらい天王寺にダッシュ!無事乗れてようやく落ち着く。っていうか落ち着いている場合ではない〜!この時点で集合時間に遅れることほぼ確定(>_<)お留守番組の友人達から「いってらっしゃい!」メールが入っていて嬉しくなる(*^^*)そして明日は長年の友人Tちゃんの誕生日。一足早いおめでとうメールを♪当日にeカードも届くようにしたのだけど、どうもこういうシステムものはちゃんと送れるのか不安で(^^;)

9:00amすぎ
無事関空着。少し時間遅れたけど集合場所に点呼とるような人も見当たらないし!久々の友人達との再会。

時間があったので、いつも海外旅行に行くときにとりあえず入る、傷害保険の一番安いのに加入してみる。3日後に、この保険をこれだけ有難く思うことになろうとはこの時は夢にも思いませんでした・・・・(爆)

まだ到着していない友人を待つ間、携帯からYori's home BBSに書き込みしてみる。(わ!野田さん舞台、コクーンのみなのね!)・・・いつも情報を下さる皆様、本当に感謝です。
今回旅行会社がいつもの会社と違い、集合場所に目印のような旗を持っている人もいなくて各自受付をすませ勝手にいく感じでちょっとびっくり(*_*)

この後、友人が無事到着して出発です。ここからホテル到着までいろいろあったけど細かいことは割愛します。飛行機は友人や隣の席の人と話に花を咲かせ、約8時間45分の空の旅はあっというま〜♪

10:15pm
2時間時計の針を進めて現地に10:15pm到着。

ここから専用バスで宿泊先のヌメア市内のNCヌバタ・パークホテルへ。空港からなかなかバスが動かなくてホテルに着いたのは0:00を回っていたような・・!バスの中では過去の台湾・北海道ツアーの経験から、「突然、竜也くんがバスに乗ってきたらどうしよう!」なんて友人に話し、一人ドキドキしていた(笑)後で知ったのだけど、竜也くんは関西から同じ飛行機でこちらへきたそうで・・・!

ホテルに着き、渡されていた部屋のカードキーを手に、エレベーターに乗り、降りると、そこには関東組の親しい友人達が・・・!「きゃ〜っ、ここで早速再会できると思わなかったわ(>_<)」「また明日ね!!」と挨拶して別れた後、綺麗でムーディーな(笑)お部屋に同室の友人と盛り上がる。とりあえず飛行機の疲れもあり、早く寝ようというところで、部屋をコンコンとノックする音が・・・!

「えっ、もしかして竜也くん?!びっくり企画今回あったりして?!」と一人盛り上がる私。←今までのツアーを考えると、どうしても竜也くんDayは一日だけとは思えなかったので(^^;)ノックの音に、友人がのぞき穴からのぞいてくれたけどのぞき穴が思ったより高い位置にあり、背が届かないのでそのままドアを開ける・・・そこにいたのはまた関東組の違う友人でした(笑)Daのスタッフの方に部屋を教えてもらったとか。竜也くんではなかったのね。思いがけず旅の最初の久々の再会嬉しかったわ♪

>>7月21日(金)2日目アメデ島貸切:竜也さんDay1へ

▲ページの1番上へ

藤原竜也さんファンサイト *Yori's home* トップへ