ファミリア∞(E−BG8P型) 90年式

91年9月〜2000年4月所有

 

 

 

選定理由

この車は、マツダ創立70周年全国限定1000台で当時自然吸気エンジンのファミリアは1600ccが上限でしたが、
こちらは1800ccそして足回りもRX−7ばりにチューンされ駆動系もLSD装備でそれなりに仕上がっており外装も専用パネルが用いられ
本当の意味で特別仕様でした。
ですから新車展示会では勿論「欲しい」の一言でした。でも買うかと成ると別物で取りあえずカタログのみをもらい帰宅しました。

年後、行き付けの整備屋に行った際に買う予定もないのに「ファミリア∞の中古で程度の良いのってないものかな?」
と余計な事を再び口走り後から迷う材料を作ることに!!
その後一ヶ月、整備屋からの電話で「ファミリア∞」が入荷した知らせが来ました。
頼んでいないのになぜだろうと思いBFのタイヤ交換やクラッチのOHした直後だったので全く買う気はないまま見に行きました。
たまたまオークションで安く落札したとか、「要らなければ自社在庫にするつもりでの入荷したんですよ。」
の言葉に安心し「今回は見合わせる」と返事をして帰宅しました。
その後、3ヶ月間整備屋の前を通る度何時までも有るものですからこちらもだんだん責任を感じて来たし、
車も私を待っているようで突然何の気を出したか買う気を起こす!!。
人生最高値の衝動買いに至ってしまった訳です。

90年式 走行5000キロ
総支払いで140万円だったはず。

裏話〜この頃、レガシィRSが欲しい気持ちも有りましたがまたもや予算の都合で再び×

 

装備品(∞特別装備)

  1. MOMOコブラU
  2. エクセーヌ地シート
  3. 専用ボンネット・グリル
  4. ハイマウント付きリアスポイラー(普通はハイマウント無し)
  5. BBSのホィール
  6. 50タイヤ
  7. ガスダンパー
  8. タワーバー類
  9. クイックステアリング
  10. クロスミッション
  11. ビスカスLSD
  12. 色〜シェードグリーン

     *この他にも色々有り

 

     

       カーリングがモノトーン的で精悍                       リアガーニッシュが浮いた感じですかね?

 

         

            コブラUは手にしっとりとなじみます。               タワーバーは剛性UPの他ここにつかまりながら
                                                        のメンテが楽でした

 

 


  1. 50タイヤとチューンサスの相乗効果で普段乗りではやや硬いかなと感じます。でも高速道や峠道ではジャストフィット。
  2. クロスミッションは、シフトが忙しいですがこれがまた楽しい。
  3. クイックステアリングは思いのままによく切れる、これに慣れると他の車の時怖いです。
  4. 1500ccや1300ccのボディに自然吸気1800ccですから快適に走れない訳がありません。
  5. 雪道など低μではLSDのお陰でしっかりと駆動。轍が有れば新雪でもドンドン進みます。

 

購入後の装備品

  1. 純正フォグランプ(ボッシュ)
  2. 三菱ワンボディCDプレーヤー
  3. カシオ液晶カーTV

 

10年走らせて

初めてこの車で1台を約10年と長く乗り続けました。
日本車は壊れないと言いますが確かにその通りです。放す前にはボチボチマイナートラブルが発生しましたが致命的なトラブルは皆無でした。
そして錆びに関しては屋根付き車庫で保管したせいか見える所は発生しませんでした。
人間側が飽きなければ車はかなり長く付き合えそうですね。

 

 

 

                         戻る