ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
イベントのお知らせ

      第30回全国マシンローイング大会鳥取県米子大会開催要項

1 名 称  第30回全国マシンローイング大会鳥取県米子大会(B大会)

2 主 催  公益社団法人日本ボート協会

3 主 管  NPO法人米子ボート協会

4 後 援  鳥取県ボート協会、公益財団法人鳥取県体育協会

5 期 日  平成29年12月23日(土) 午前9時~競技開始

6 場 所  鳥取県米子市西町湊山公園内 鳥取県立米子艇庫

7 競技方法 
(1)公式競技の部(日本ボート協会に公式記録として送付します。)
全国統一種目を次のカテゴリーで行い、それぞれ男女別とし合計30種目とします。

距離 カテゴリー 年   齢
2000m 体重別なし 13~15歳、16~18歳、70歳以上
軽量級 19~29歳、30~39歳、40~49歳、50~59歳、60~69歳
オープン 19~29歳、30~39歳、40~49歳、50~59歳、60~69歳
1000m 体重別なし 12歳以下
 500m 体重別なし 9歳以下

(注1)軽量級の体重は男子75kg以下、女子61.5kg以下とします。
(注2)年齢は、平成30年4月1日現在における年齢とします。

(2)リクリエーションの部(大会当日の申し込みも受け付けます)
   次のカテゴリーで行い、個人戦は男女別とします。

カテゴリー 距離 年齢・体重等・その他
個人戦 1000m 年齢、体重制限なし
 500m 年齢、体重制限なし
団体戦
(男女混合可)
2000m 公式競技、リクリエーションの個人戦に参加した選手で構成し、年齢、体重制限なし
4人一組で1台のエルゴを2000m漕ぎます。


(3)参加資格
  ア ボート経験の有無は問いません。
  イ 健康な方であればどなたでも参加できます。
     (健康管理は自主管理とします。)

(4)使用器具
   エルゴメーターはコンセプトⅡ社製のものを使用します。

8 表 彰  
(1) 各競技別、カテゴリー別の上位1~3位を表彰します。(団体戦は除く)
(2) 公式競技の部の記録は、全国ランキングとして日本ボート協会のHP等に掲載
されます。

9 参加料 

   各カテゴリー 一人 100円(団体戦は無料)
   ※当日受付にて徴集

10 参加申込方法及び申込期限
(1)申込先  〒683-0301 西伯郡南部町東町259 竹田新太郎
Email the_bamboo1958@ybb.ne.jp ℡ 090-8248-1383
(2)申込期限  別添の申込用紙に必要事項を漏れなく記載し12月18日(月)までにEmailにて申し込みお願いします。

11 その他
(1) 大会参加者の個人情報は大会運営の範囲内で使用します。
(2) 大会出場選手の肖像権ならびに全ての権限は主催者にあるものとします。
※公式ウェブサイト内の掲出や月刊誌などに使用される可能性があります。

所定の申込書(公式競技) ← クリックして下さい。


所定の申込書(レクリエーション) ← クリックして下さい。



 第18回鳥取県スポーツ・レクリエーション祭 ボート競技の部
  実施要項



所定の申込書はこちらから ← クリックして下さい。




 第28回少年少女ボート教室の開催について

 『少年少女ボート教室』は、ボートを通じて中海と親しみ、自然環境
とスポーツマナーを体験する教室です。
今年は、『集まれ中海探検!真夏の錦海でボートを楽しもう!!』
を合い言葉に下記要領により開催いたします。
奮ってご参加下さい。

・場所:米子市西町 湊山公園内 「錦海ボートコース」周辺
・対象者:小学生(3年生以上)/中学生
・募集定員:各期20名程度
・参加費:1人500円(1期あたり) (保険料・記念写真代込み)
  ◎2日間連続で参加できない場合など相談に応じます。
    また、2期連続しての参加や保護者の参加も歓迎します。
   一期(2日間)参加した人には修了証、二期(4日間)以上
   参加した人には記念品があります。

・日程
〈第1期〉7月22日(土)、7月23日(日)
〈第2期〉7月29日(土)、7月30日(日)
〈第3期〉8月 5日(土)、8月 6日(日)
 受付:午前6:30~
 開始:午前7:00
 終了:午前9:00

・教室は2日間を単位として、第1期~第3期とも同様の内容で実施します。(主に海上での練習が中心となりますが、気象状況等により室内練習となることもあります。)
本教室はジュニアクラブチーム等の育成支援事業として、
(財)鳥取県体育協会の補助を受けて行ないます。
指導スタッフ: 日本体育協会公認の上級指導者(ボート)他が指導に当たります。

申込方法・・・FAX かeメールで申し込んで下さい。
FAXの場合は所定の参加申込書(募集案内の裏面が申込書です)にご記入の上、送付して下さい。
eメールの場合もFAXと同様の内容がわかるよう入力の上、送信して下さい。
その他の申込方法については問い合わせ先へ相談して下さい。

申込〆切7月7日(金)

定員になり次第、締め切らせていただきます。

・申込み・問い合わせ先
 有限会社エージェント気付長谷川
 FAX:0859-24-8021
 e メール agt1133@jeans.ocn.ne.jp
 TEL:0859-24-8020
所定の申込書 ← クリックして下さい。

『少年少女ボート教室』の募集案内のチラシ兼所定の申込書のイメージです。





 第2回中海・宍道湖全国小中学生交流レガッタ開催要項





所定の申込書 ← クリックして下さい。


『第2回中海・宍道湖全国小中学生交流レガッタの』の募集案内のチラシ兼所定の申込書のイメージです。





  米子ボート協会会報第35号が発行されました。

 この原稿を書くまでに、今年のボートシーズンもスタートし、錦海レガッタ、朝日レ
ガッタ等、いくつかのレースも終了しています。
高校生は、5月末の全国高校総体鳥取県予選会を控えて、朝夕トレーニングに励
んでいます。小中学生も6月の中国中学ボート大会に向けて平日練習にも取り組
んでいます。
 今シーズンも米子関係のボート選手の活躍が楽しみです。
また、第49回米子市民レガッタの開催要項も決定し、ポスター、チラシも配布され
、実行委員会も毎週水曜日に開催され、準備に余念がありません。
5月末からは、配艇練習も始まります。昨年以上のクルー参加を期待しています。
平成29年度もNPO法人米子ボート協会の事業は、目白押しですが、関係者一同
協力して取り組んで参りますので、御支援、御協力をお願いします。

                      NOP法人米子ボート協会 理事長杉村正男

会報全文はこちらです。← クリックして下さい。


               第70回錦海レガッタ開催要項

  標記大会を下記のとおり開催いたしますので、ご案内申し上げます。

                        記
1 大会名  第70回錦海レガッタ
2 主催  鳥取県ボート協会
3 主管  NPO法人米子ボート協会
4 後援  (予定)鳥取県教育委員会、㈶鳥取県体育協会、米子市教育委員会、
        米子市体育協会
5 会場  米子市錦海ボートコース(米子市西町湊山公園沖)
6 日時  平成29年4月15日(土)~16日(日)
               15日(土) 8:30~開会式、レーン抽選、代表者会議
                       (出漕クルー数により事前決定もあり得る)
                      9:00~14:00公式練習
                      15:00~17:30競技(予定)
               16日(日) 7:00~競技(予定)
                       閉会式は、全競技終了30分後に行います。
7参加資格
 ①都道府県ボート協会に登録された競技団体で、平成29年度の選手登録が
   なされているもの。
 ②競漕に耐えうる健康者であること。(出場団体の自主管理とします。)
 ③第61回中国高等学校選手権大会鳥取県予選会とのダブルエントリーは不可
   とする。
 ④原則自艇参加とする。
   (※1ただし、県外の団体でやむなく借艇を希望する場合は事前に主催者
    担当者まで連絡してください)
8 実施種目  一般(高校も含む)、中学、男子、女子の種別で、以下の種目を
          実施する。
種 別 種 目 出漕料 備 考
一般 男子
女子
舵手付きクォドルプル (4×+) 10,000円 原則自艇参加
(※1)   
舵手付きフォア    (4+) 10,000円
ダブルスカル     (2×) 5,000円
シングルスカル    (1×) 3,000円
中学生 男子
女子
ダブルスカル     (2×) 2,000円 原則自艇参加
(※1)) 
シングルスカル    (1×) 1,000円
小学生 男子
女子
シングルスカル    (1×) 無 料 500mオープン

9 競漕方法  ①(公社)日本ボート協会競漕規則による。
           ②組合せは主催者が行い申し込み団体へ通知する。
10参加申込 別添の参加申込書に必要事項を記入して下記あてEメール又は
         郵送で申し込む。
         ① 締切日 平成29年4月 4日(火) 必着
         ②送付先 〒683-0301
           鳥取県西伯郡南部町東町259 竹田新太郎 宛
           (極力メールでの申し込みを希望します)
           メール: the_bamboo1958@ybb.ne.jp
           TEL: 090-8248-1383
11 出 漕 料 出漕料、借艇料は、代表者会議の場で徴収いたします。
         (出漕料・借艇料は、棄権及び大会中止の場合においても返金
          いたしません。)
12 その他  ①県外の団体で特別に借艇を希望される場合は、申込書にその
          旨を記入すること。
          (なお、クルー数が多い場合は、借艇希望に応じられない場合も
           あります。)
         ②ユニフォームに県名及びクルー名を記入すること。
         ③大会中、練習中に生じた傷害については、応急処置のみとする。
         ④代表者会議には、各クルーの代表者は必ず出席すること。
         ⑤コースコンディションが悪くレース実施が困難の場合は、中止と
          し延期はしない。
13 借艇料   ①4+、4×+は7,000円、2×は5,000円、1×は3,000円
           とする。
           ただし借艇には限りがあるので要望に添えないこともあります。
         ②借艇使用中における、艇の破損等に関する修繕料については、
          その団体より実費をいただきます。


所定の申込書 ← クリックして下さい。



       第21回鳥取県マシーンローイング大会開催
要項


1 大会名称  第21回鳥取県マシーンローイング大会
2 主  催  鳥取県ボート協会
3 主  管  鳥取ボート協会、NPO法人米子ボート協会
4 期  日  平成29年1月28日(土)午前9時00分~
5 開催要領  湖山艇庫及び米子艇庫での同日分散開催とする。
6 会  場  湖山会場:鳥取市湖山町南5丁目 県立湖山艇庫
        米子会場:米子市西町湊山公園内 県立米子艇庫
7 種目・競漕方法及び参加料  
  ※下表の区分で男女別とする。体重の別はない。

区  分 競漕方法 参加料(一人)
小学生未満 300mモード  100円
小学1~3年生 500mモード
小学4~6年生 1000mモード
中学生 2000mモード
高校生
大学生・社会人

  ※ 参加料は、大会当日受付で徴収する。

8 表 彰 各会場の記録集計後、各種目上位1~3位に賞状を授与
      する。
9 記 録 種目別に順位を決定し、鳥取県の高校生・大学生・社会人
      については、国体強化候補選手選考の資料とする。
10 参加申込  別紙申込用紙に必要事項を記入し、
         
1月20日(金)必着で、
         下記までEメール又は郵送にて申し込むこと。
         ・Eメール:the_bamboo1958@ybb.ne.jp
         ・郵  送:〒683-0301
              鳥取県西伯郡南部町東町259
              竹田新太郎 宛
              TEL 090-8248-1383
11 そ の 他
(1)各選手のスタート時間は、事前に通知するので、スタート30分前
   までには、受付を済ませておくこと。
(2)大会参加者の個人情報は大会運営の範囲内で使用します。
(3)大会出場選手の肖像権ならびに全ての権限は主催者にあるものと
   します。
   ※ウェブサイト内の掲出や出版物等に使用する可能性があります。

所定の申込書 ← クリックして下さい。




  米子ボート協会会報第33、34合併号が発行されました。

 平成28年は、地元米子東高校卒業の冨田千愛さんが鳥取県出身の選手では
48年ぶりのオリンピック出場という快挙を始め、
「西日本医科学生総合体育大会」が米子市錦海ボートコースで半世紀ぶりに開催
されました。
 また、小中学生を対象とした「第1回中海・宍道湖全国小中学生交流レガッタ」を
錦海ボートコースで開催、
さらには、「グリーンウエーブ2016とっとりアクションイベント」が開催され、鳥取県
の呼びかけで、米子ボート協会が米子市と共に湊山公園に植樹をするなど、これ
までになく多種多様な行事が行われた年でした。

 そのようなこともあり、会報の発刊が伸び伸びとなり、
第33号と34号の合併号として発刊することになったことをお詫びいたします。

 振り返ると大変多忙な1年でしたが、夢と希望が溢れる充実感に満ちた年でも
ありました。
 2020年の東京オリンピックに向けて、ムードも高まってきましたが、冨田千愛
さんを始め、古田直輝さん、高島美晴さんなどの出場が期待されます。
 米子ボート協会も東京オリンピックで活躍できるよう応援していきたいと思います。

                      NPO法人米子ボート協会 理事長 杉村正男




会報全文はこちらです。← クリックして下さい。

フッターイメージ