天狗岳 2006年8月12日

連日の猛暑で、雷注意報が気になったが、早い下山を心がけて出発した
御殿湯駐車場(1,000円)に車を止め、渋の湯の奥にある、”奥蓼科補導所”に登山届けを提出
ここには、女性二人の補導員が居て、計画書をチェック、日帰りは無理なんじゃない?と言われたが、下山は 唐沢鉱泉からの最短距離のコースで渋の湯に戻ることでOKでした
補導員の二人は、下諏訪山岳会のメンバーで、篠崎さんは、3月4日〜5日の雪山交流会、4月16日栂池で行われた 第2回山岳スキー競技日本選手権の役員協力者として参加されていました。
同じ協会仲間と知って、話しが盛り上がり、山行のアドバイスも適切で心強く入山した

目的の西天狗岳には、予定よりかなり早く到着し、時折ガスがかかったが、赤岳&阿弥陀岳、遠くには甲斐駒&仙丈ケ岳 が望めた  草花も豊富で、撮影に失敗したが、白花のイチヤクソウが印象的でした   第二展望台付近には、ミヤマコゴメグサ とイブキジャコウソウが一面に混在していて綺麗でした
唐沢鉱泉からの登り返しはキツかったが、雨がポツリと、遠くで雷鳴が鳴っている  駐車場に戻り、車を走らせた途端に 前も見えない程の大雨に遭ったが素早い山行で満足でした


6:50  御殿湯 駐車場
フロントで料金を払い駐車券を貰う

奥蓼科補導所
二人の補導員

7:00
篠崎さんと

オトギリソウ


アキノキリンソウ


7:53
唐沢鉱泉からの合流点

8:25
黒百合ヒュッテ

8:30
中山峠

8:57  西天狗岳が目前
スリバチ池からの合流点

ダイモンジソウ
 

9:11
東天狗岳

9:24
西天狗岳

西天狗から東天狗を見る


西天狗頂上から
赤岳と阿弥陀岳

トウヤクリンドウ


ウメバチソウ


これは何だろう?


ミヤマコゴメグサ
イブキジャコウソウ

10:24
第2展望台

第2展望台から
西天狗を見上げる

11:00
唐沢鉱泉への分岐

11:29
唐沢鉱泉 着

11:47
パノラマコースと交差

12:08
無事 帰着