東中スペシャル講座 2006-1
 初めての体験で難しかったけど,楽しくできました.また分からないところなどアドバイスをもらってとてもよく分かりました.あんなに難しいのに,さらに難しいのを作っているのだからすごいと思います.
 とくに難しかったと思うのは,最初にやっていって,どうやったらちゃんとした形になるかということです.だから石の彫刻は頭も使わないとできないなと思いました. (1年 一輝)
 初めて石の彫刻をやってみて,うまくできなかったけど,おもしろかったです.
 石は立体だから,削る時も立体的に削らなければいけなかったから,むずかしかったです.  (2年 雅規)
刈東中スペシャル
石彫講座2005
 2006年12月7日 刈谷市立東中学校で,今年で六回目になる,地域のさまざまな分野で活躍する人たちを講師に招いた生徒たちの体験学習会「東中スペシャル講座」が開かれました.全校生徒は31講座の中から興味のある分野に挑戦しました. 梅本は石彫り講座の講師として19名の生徒たちと石彫りに取組みました.
 生徒たちは石彫りは初めての体験であり,石彫りで立体作品を作るということに戸惑っていましたが,作りたいものが決まるとノミを持ちツチで慎重に石を削り始めました. 初めは素材の石がどのようなものか解らず,戸惑いながら慎重に進めていました. 「思い切って大胆に叩いたら」とアドバイスしてみました. 
 
 講師の方がどのように彫ればよいとか,どこを彫ればよいとか教えてくださったのがうれしかったです.また機会があれば石の彫刻をやってみたいと思っています.  (2年 皓平)
 初めての挑戦でしたが何より楽しくできてよかったです.できれば完成させて満足感にひたりたかったですが,予想以上に石を削るのは難しかったです.ぼくが目指していたスライムをあれほど見事に作り上げる先生はやっぱり流石だと思いました.最後に,ていねいにご指導していただき本当にありがとうございました.  (1年 侑人)
 最初はなにから始めればいいのか分からなくて困っていたけど,先生がいろいろ親切に教えてくださったので,慣れない手つきだったものの少しずつ完成に近づくことができました.いろいろと教えてくださってありがとうございました.  (1年 咲)
刈東中スペシャル
石彫講座2007