刈谷市立衣浦小学校
  石細工クラブ
活動期間 2008.10.22〜2009.3.11 (7回)
  作る時は、固くてなかなか割れなかったけど、ガンガン叩いていったら、手を叩いてすごく痛かった。 だけど石が割れた時は、すごくスッキリしました。 やりかたを教えてくれてありがとうございました。 (6年 り・・・)
 私は、六年生最後のクラブに「石細工クラブ」に入りました。石をけずることはすごく力がいりました。なかなかうまくできない時もありましたが、たくさんけずれた時はすごくうれしかったです。
 結局、作品はとちゅうのままでクラブが終わってしまいましたが、一生けん命作品を作ることができたと思います。このクラブを通して、作品を作る集中力や、達成感をあじわうことができ、そして、なかなかできない石細工を体験することができとてもいいクラブだと思いました。
 作った作品は大切にしたいと思います。   (6年 あ・・)
 ふくろうおじさんのいしざいくで、一番よかったことが、ふくろうおじさんがきれいな石をくれたりしたことです。 ふくろうおじさんがすごくやさしいので、しんせつにおしえてくれるので、すごくいいです。 それにおわったあと、ビー玉をつけてくれるので、すごくうれしいです。 ふくろうおじさんの石ざいくはすごくたのしかったです。                        (5年 ま・・)
私は、石細工クラブにはいって本当によかったと思います。なぜなら、石をトンカチでたたくけいけんははじめてで、こういう事ができてよかったです。
 それに、自分の好きな動物などを作れました。私は、カエルが好きなのでカエルを作りました。初めは、コツコツと少し少しやっていったけど、だんだんなれてきて、おもいどおりの作品ができました。本当にこのクラブにはいってよかったです。
(5年 こ・・)
 最初はおにぎりを作ろうとして、三角にしようとしてななめにしたら、たたくとすぐにすべって、なかなかわれなかった。いろいろくふうをしたらよくわれました。
 いきおいよくやっていたら、おにぎりのつもりがへんなものになってしまいました。でもまあこれもおもしろいと思います。ふくろうおじさんありがとうございました。
              (6年 か・・)
 ふくろうおじさんの石細工クラブでは、石のうさぎを作ろうと思いました。 けっこう理そうなものが作れました。 
 そして工夫した所があります。 一つ目はいろいろな角度でたたいたという事です。 二つ目は、動物の顔などのふちにとがった物(石)があったのでたたいてこわして、立体感を出しました。
 とってもたのしかったです。 いい思い出が出来てよかったです。                     (5年 あ・・)
 作るときはたいへんでした。 だんだんつくっているとなれてきて、かたちができてきたときはうれしかった。
 たたいているとなかなかわれなくて、おもいっきりやったらわれた。 われたときはスカッとした。
 山のかたちにして家にかざりたい。

             (6年 と・・)
 私は、後期のクラブを決める時に、何か思い出として残る物がよかったので、石細工クラブに入りました。私は、カエルが好きだし、かわいいのを作りたかったのでカエルに決めました。 
 最初の頃は、なかなか慣れてなくて、あまり上手にけずれなかったけど、だんだん上手くできてきて、二回〜三回目からはちゃんと顔のりんかくや耳ができてきたので、とても楽しかったです。
最後の方は、ほぼ形ができていて、終わった時は、すごく達成感がありました。なので、この作品はいつまででも思い出として残しておきたいです。                      (6年 ゆ・)
 私がこのクラブに入って思ったことは、最後のクラブで楽しんでやりたいと思ったからです。石をたたく時に、手とかをおもいっきりたたいてしまったことだってあります。それに、だんだんつかれていやになったりしたことがありました。
 だけど、がんばってたたいたりしたことでうまくできました。友達と楽しみながらやって、けっさくができました。
 最後のクラブで、ふくろうおじさんの石細工に入って、いっしょうけんめいにやるということをおしえてもらいました。
     (6年 あ・・)