5月14日 ホテルメトロポリタンにて, 梟の樹を創る会十周年と
「梟の路」出版記念を祝う会が開かれました. 梟の樹を創る会は豊島区池袋の街街に安らぎと文化の香りを感じさせる梟像を設置し, 明るく・元気で, 安全安心な町池袋の親しまれるシンボルにしようと活動しています. いろは48体の設置を目標にしており, この5月で25体の梟像が設置されました.
 おうる工房の石彫福郎も9号 祥雲寺門前に「くびかしげ何を見ているどんぐり目 耳をすまして町の風きく」長橋侑也・作詞 と歌われてたたずんでいる. また23号 アウルタワーの梟の群れの中でちょっと首を傾けて世の中を見つめている.

祝賀パーティの様子と東京散歩で撮り止めた画像をここに展示してみる. (2012.5.15)
祥雲寺の福郎
アウルタワーの福郎
梟の路
高野陽昌絵画展
池袋のふくろう