5月3日 国立オリンピック記念青少年総合センターにて,「第2回 五月あやとり会」が開かれました. 野口廣氏(国際あやとり協会顧問)の「世界のあやとり」の講演と杉林氏(国際あやとり協会会員)の「世界のあやとり」の実演で始まりました.話も興味深いものでしたし,話で紹介された「あやとり」を杉林氏が実演し,そのすばらしい出来映えに皆が「アッ」と声を上げ拍手が起こりました.
 子ども達による「あやとり」の披露がありました.早い指の動きですばらしいあやとりを完成させる子もいれば,難しいあやとりを慎重に作り上げる子もいて,皆がその出来映えに感嘆の声を上げ拍手で称えました.今回は多くの写真を撮れませんでしたが,素敵なあやとりを見せてくれた男の子を撮らせてもらいました.
 
 その後 あやとりの講習会があり,野口さん家族の方や国際あやとり協会会員の方がくわしく親切に教えてくださいました. 梅本も覚えようと挑戦しました.
極北圏の方々が伝承する「カモメ」を教えてもらいましたが,なかなか完成することが出来ませんでした.何十回の挑戦と手取りの指導によって,どうにか完成することができました. 嬉しくて出来た記録に写真を写してもらいました.
 4月23日にNHK「熱中タイム」で放送された杉林さんがすばらしい「あやとり」を見せてくださった番組のビデオを皆で見ました.一度はテレビで見た映像なのに再度見ても「あやとり」の映像に感動しました.時間を忘れての楽しい時を過ごすことが出来た会でした.             (5月5日記)
下の画像 クリック
2008.1
2004.10
2005.4
1979.1
 今年もえびねの森のエビネを見せていただこうと足助の川合さんを訪ねた.ちょうど見ごろのエビネやクマガイ草や雪餅草を見ることが出来た.(5月5日)