白夢館 過去ログ 2013年4月〜2014年3月

2014/3/7
●新作体験版更新(別サークルサイトの方に置きました)
Xbox360コントローラーへの対応やキーボードのみの操作モードなどを追加しました。

内容については、まだちょっと まとまりがないという感じ…
今回は珍しくストーリーやキャラ製作に苦心しています…

2014/2/22
●追記
 ボタン押しっぱなしで一部アクションが出続けるのを直すのを忘れていた…
 基本動作などは、なるべく一回押すごと動作が出るように修正します。
 あとXbox360コントローラへの対応や、マウスを使わないモードについても
 気になっているので、その辺りを修正したバージョンを早めに出す予定です。

2014/2/22
●新作の新体験版アップロードしました

ここ最近は結構全力で作業していたのですが、今まで見つかっていなかったバグが出てきたり
新しい案が出て来たので実装したりしていて、遅くなってしまいました…

今のところはアクション部分ばっかり作っている感じですが
一応、成人向けなので例によって直リンクは控えさせていただきます。
別サークルサイトの方に置きました。

3Dに関してはツールやライブラリの力が大きく、自力で作っている感が少々薄いので
あんまり変なものは作れないなという感じなのですが
成人向け要素ありの別サークルのほうが売れているため
そちらを買ってくれた方に還元しなくてはというのもあり
でもあまりハードなものは自重しなければという感じなので
それなら両者を納得させられるようゲーム部分で頑張ればと思いつつも、技術的にもなかなか難しい…
(1週間ほど修羅場に近い状態で作業していたので、今おかしなテンション)

技術的には主に見栄え的なものと、操作性が難しい…
効果音も素材を混ぜたり作ったり色々やってますが、これも今の段階では
あんまり気持ちよい音とはいえない。難しい…

2014/2/15
●進捗状況

現体験版のバグだけ直すつもりだったのですが、作業の優先順位を考えずになんだか色々作ってる状態で
だんだん何をやっているのかわからなくなってきた…
そ、そろそろまとめます…
敵キャラを1〜2種類ほど追加予定


Metasequoia&Blender製妖精さん

Blenderでのモーションの付け方は理解できてきたのですが
Blender上で上手く動いていてもfbxで書き出すと、正常に読み込めない事がよくあるので
作業工程ごとにファイルを残しつつfbxを書き出してチェックしながら慎重に進める必要があって効率が悪い…

2014/1/30
そろそろ夏コミの申込書を書かないと…
新作体験版の次のバージョンについてはカメラの挙動などバグっぽいものだけ
とりあえず直そうと思っているので、少々お待ちください。


●3Dグラフィックの見栄えを良くする方法を考える@

3Dモデリングソフトなどのツール上の画面では、モデルの面の向きによって暗さが変わる擬似的な影が
付くようになっていますが、この擬似的な影がどうやら絵的によくなかったらしい…(という事に気付いた)

DXライブラリで3Dモデルを表示すると、この擬似的な影が付くようになっていますが
これが初期設定のままで、背景にもキャラクターにも均一に黒い影が付いていたのが
色味的によくなかったみたい…

色々設定変更もできますが、これを思い切ってオフにしてみた。(SetUseLighting関数)

旧:ライティング使用 → 新:オフ

キャラクター自身の影はテクスチャに直接描く感じで
テクスチャの色がそのまま出るようにモデルのほうも少し調整。
割と最近のアニメ絵風ゲームっぽい表現に近づいた気がする…

画像だとテクスチャの影部分をあまり濃く描いてないので解りにくいですが
髪の毛の内側やリボンの影などは違う色で塗ってあります。
(画像のキャラはもう少し影を濃くしたり描きこみを増やしたほうがよさそう…)

背景については両方ともライティング使用になっていますが、これも表示するものによってその都度
オンオフを切り替えた方がよさそうです。

2014/1/5

冬コミに一般参加で行ってきました。
行く直前まで全然準備してなくてカタログは書店ではすでに売り切れていたので現地購入。
主に3日目の同人ソフトのアクションやSTGの辺りを中心に周りました。
私話すのが苦手なので、特にサークル様と話もせずひっそりと周った感じですが
目当てのものは買えたので満足。今、ちょっとずつ遊んでいます。

次回夏コミの申込書も忘れずに買ってきました。まだ何を出せるかは
分かりませんが、次はサークル参加する予定です。

2013/12/13

バグを直そうと思いつつも他の事をやっていてあまり作業が進んでいないので とりあえず宣伝を…
体験版配布中です(このページ上部、冬コミの欄参照)
ここ最近はコンシューマー機の3D系アクションゲームを色々と触ってみて研究しているので
昔作った3Dのものと比べると、かなりまともになっているはず… 特にスピード感を重視してみた。

●雑記
ゲームに使う3Dモデルのモーション付けに
今まではMetasequoia→(.mqo形式)→RokDeBone2→(.x形式)→で作っていたのですが

モーション作成ツールのRokDeBone2の本来の用途だったEasy3Dがサポート終了したのと
使用用途的に同ツールの使用に懸念が出てきたので、代替案としてBlenderを研究中…
Metasequoiaで作った3DモデルをBlenderでモーションを付けDXライブラリで使える3Dモデルを作成するのが目的。

ソフト間のデータのやり取りとBlenderの操作が複雑な上、まとまった資料が見つからずものすごく大変だったので
データのやり取り部分だけなんとなくまとめてみました。
----------------『使用ソフトは2013年12月現在のもの』----------
Metasequoia 2.4(有料版)モデリング、UV、テクスチャ画像を作成(テクスチャファイル名は12文字以内、材質名などは日本語不使用)
  ↓   .3ds形式(書き出し:大きさを0.01倍、X軸反転)
Blender2.69 (インポート:サイズ制限を0にして無効化しておかないと後でバグる)
      インポート後は頂点がバラバラなのでくっつける。(編集モード→メッシュ→頂点→重複頂点を削除)
      テクスチャ画像を.blendファイルと同じフォルダにコピー、そのテクスチャを再ロード(相対パスにチェック)
      Armatureを作ってモーションを付ける。
  ↓   .fbx形式(エクスポート:アニメーションも書き出すように色々とチェックを入れておく)
     (.x形式のエクスポートでは上手くいかない?)
DxLibModelViewer(DXライブラリに同梱のツール。アニメーションがちゃんと動いていたら成功)
  ↓   .x形式または.mv1形式で書き出し
DXライブラリ(3Dモデルが見えない位小さいのでプログラム上でロード後に100倍拡大する)
----------------------------------------------------------
場合によっては上手くいかない可能性もあるかも… もっと楽な方法もあるかもしれません…

RokDeBone2のほうが使い慣れているので、わざわざ面倒な方法を取るのもどうかと思いますが
Blenderを覚えておくと後々色々な事が出来るような気もするので、ちょっとづつ乗り換えていく方針…
DXライブラリはMMDの.pmd形式にも対応しているので、MMD関連のエディタを使ったほうが楽な気もしますが
MMDは商用不可なので自重。
(いずれの方法でもファイル形式を変換してしまえば制作途中でのツールの使用については分からないとは思いますが…)

2013/11/12
●ツクール

制服

特殊デザインなので素材としてはどうかと思いますが、一応素材置き場のほうに置いておきます。
ゲームのほうは未完成段階で公開し、少しずつバージョンを上げて行く方向にする予定ですが
今のところは他の作業(別のゲームの制作)を優先とさせてください。

2013/10/31

100000アクセス記念

すでに一か月位経っているので今更ですが、せっかくなのでハロウィンも兼用で…
(カウンターが万の桁までしかなかったのでそのままカンストするかと思ったら
 何事も無かったかのように十万の桁が追加されていた!)
別ブログのほうも合わせるとアクセス数がちょうど2倍くらいになるので2Pカラーのほうも描いてみました。
(ゾンビの子と似ていますがたぶん別人のはず…)
 
ここしばらくは新作ゲームをどうするかをずっと考えていますが、なかなか考えがまとまらない。
ツクールのほうの素材もちょっとづつ作っていく予定ですが
全然進んでいない… そろそろ更新します。

追記:上の絵…アップロードしてから細かいところが気になったのでちょっと修正してたら
 朝になってしまった…(夜中に見れなかったのはそのためです。すみません)

2013/9/28
●ツクール素材左のリンク先に置きました。(ツクール以外でも使えます)
本当はもっと数があったのですが、いまいち見栄えが良くなかったので
そちらは保留。疲れたので一度区切ります。ちょっと直すだけのつもりが大改造になってしまった…

ツクールRPGは4〜5年ほど前に作っていたのですが
完成する前に本格的に同人活動を始めてしまって、そちらを優先しているうちに
そのままエターナってしまった…
マップチップを改造したりスクリプトをいじったり
かなり大変な事をやっていましたが、マップや基本システムに関しては割と出来ている感じです。

●RPGツクールVX製ゲーム概要(なにげに初公開)

現代もの。こんな感じの女の子がいっぱい登場。ソロモン72柱モチーフなので72人!!(多い…)
主人公も含めてある日突然異能の力に目覚めた72人の少女達がバトルロイヤルを繰り広げる。
『超高速で走る能力』や『丸いものを操る能力』などのそれぞれ違う能力を1人1つ持っていて
戦いで相手の魔力を完全に消耗させることにより相手の能力を奪い自分の能力に加える事が可能。
能力を奪われた者は二度と能力を使うことができなくなる敗者となる。
日数制限があり、それまでに力を蓄えて最後に現れる大ボスを倒すのが主人公の目的。
フリーシナリオになっていて、ライバルを倒す順番はある程度自由に決められる。
主人公は女の子か男の娘を選択可能。基本的には主人公の通う学校が舞台となるが町の商店街などを
探索することもできる。中には情報を集めないと出会えないようなキャラもいる。
一部のライバルキャラは説得すれば戦わずに仲間にすることも可能。
なお、日数が経過すると一部のライバルキャラが弱いライバルキャラを倒して強くなってしまったり
徒党を組んで襲ってくるライバルも出現する。
いきなり強いキャラが登場することもあるが能力には『火炎攻撃無効』などパワーバランスが
ひっくり返るような極端なものやマップ上の行動範囲を広げる能力もあるので、どのライバルと戦うかの優先順位が
鍵となる。また、ライバル以外にも大ボスの眷属の雑魚モンスターが襲ってくる場所などもある。


と、見るからに作るのが大変そうな感じです…
でも昔の素材とかを見ていたら、このまま埋もれさせるのはもったいない気もしてきたので
今のところは時間もあるし、作るなら今しかないかも…
絵の作業や会話文などを極力排してゲームそのものの作業に集中すればどうにかなるような気もしますが…
一応フリーゲーム予定で、キャラが高校生設定なので全年齢向けです。

2013/9/12

配布終了したツクール素材の再配布の要望があったので絵の練習も兼ねて
古いものを再利用し描きなおし中。時期によって絵柄が変わったり
キャラの大きさの統一性がなかったりしていたのをどうするか…
以下はいずれも過去の素材を元に最近描きなおしたもの
@AB

@等身をRPGツクールVX素材に合わせたもの
 長所:デフォルトの素材と合わせた時に違和感が少ない(?)  短所:難しい。時間がかかる。
A等身は自分の絵で塗り方を@に近づけたもの
 長所:@より描きやすい。
 短所:時間がかかる。描く時期によって絵柄が変わる可能性がある。使いどころが難しい。
Bドット絵
 長所:昔描いたものや、描き途中のものがある。時間がかからない。改造が楽。
 短所:デッサンが狂っていても気づきにくい&線画の練習にならない。使いどころが難しい。

BだとツクールVX用の素材とは合わない。ツクール2000やWOLF RPGエディター(の320x240モード)に使うと大きすぎるので
使いどころが難しいですが、元々は自分用で作っていたものなので、今のところはBで昔の素材を再利用する予定。
もう少しまとまったら素材のところに置いておきます。(9月中には終わらせたい予定)

人間型キャラについてはAで画像を大きくして塗り方をもっと簡単にするか、Bで改造前提のものにするか
先に統一規格を決めたほうがよさそうなので後まわしになる予定です。

2013/8/24
●新作web体験版について
リピュアリア公式ホームページ内にアップロードしました。
一応年齢制限有りなので、例によって直リンクは控えさせていただきます。

2013/8/23
●連絡
『とらのあな』様でリピュアリアのパッケージ版の委託販売が開始されました。
同人ソフトを取り扱っている店舗と、通信販売(ダウンロード販売とは別)で
お探しください。

パッケージ版はコミックマーケット84で頒布したものです。ゲームそのものはダウンロード版と同じです。
各ショップのダウンロード版も現在パッケージ版と同じバージョンになっています。


●新作web体験版について
今準備していますので少々お待ちください。
2013/8/15
●イベント報告
夏コミ行ってきました。
お越しになってくれた方々ありがとうございます。

ダウンロード販売している物のパッケージ版については
沢山残ったらどうしようかと思いましたが、一応会場内での
頒布目標数には達しました。手に取ってくれた方々ありがとうございます。
残りは書店委託します。現在準備中なので、確定したらお知らせします。

新作の体験版の配布については8月中には予定通りweb配布しますので
もう少々お待ちください。

また、今回過去作のほうも手に取ってくれた方が結構いました。
ありがとうございます。他にも差し入れを頂いたり、ゲームのご感想を
頂いたり、とても有意義な参加となりました。
夏コミの詳しい感想などは後日別ブログのほうにも書く予定です。

●今後の予定
次回冬コミについては、休ませてください。

期待していた方には申し訳ありませんが、期間が短く新作が出せそうにないのと
ちょっと健康状態が今のままでは後々危険な事になりそうなのでリハビリも
兼ねて休むことにします。
冬コミを休むだけなので、次回作以降についての制作は進めます。
本当は締切の力を借りたほうが作業がはかどるのですが、冬コミ、ダウンロード販売、
夏コミと続いてさすがに疲れてきたので…

●ツクール素材について
配布終了しているものについて、再配布のご要望ありがとうございます。
一応用意する方向で検討したいと思います。
ただちょっと古いものなので、少々手直ししたいと思います。
ちょうど絵の練習をしようと思っていたところなのでそれも兼ねて行えば
他の制作物への影響も出ないはず…です。
早くても9月頃になってしまうかと思いますが、それまでお待ち頂ければと思います。

2013/8/11
準備できました。
2013/8/10
立ち絵

そろそろ行く準備をしないと…
2013/8/7
●新作進捗状況
矢印キー移動の操作法だとカメラ操作をしながら移動しつつ攻撃…のようなことが
できなかったので、今回は一般的なFPS操作のWASDの4つのキーで移動しマウスで
カメラ操作をするようにしてみた。しかし、これはこれで使えるキーが少ない…
マウスがもったいない気がしたので、マウスでカメラ操作兼、画面をクリックして
補助的な動作を行うようにしてみた。なんだか想定していたのと全くの別ゲーに変異中…

『スタイリッシュおさわりアクション』

◆右クリック中にマウスカーソルが敵に触れると地面から触手が出現して敵を薙ぎ払ってくれるぞ。
 威力は弱いけど足止めに使おう。
◆画面端にカーソルを持っていけば視点を変えられる。
◆左クリック(画面の中央ならどこでもよい)で近接攻撃も可能。さらに
 マウスカーソルを移動させながらクリックすることでいろんな技が出せる。
◆アイテムは右下のアイコンをクリックすればすぐに使える。

◆2段ジャンプと空中での2段ブースト移動が可能。
◆さらにワイヤーアクションも可能。光っている箱をクリックすることで触手を放ち
 なんだか立体的な機動ができる!

*画像は開発中のものです。アイコンや敵のデザインや色合いの統一性が
 微妙だと思います。あと所々に『黄昏の国のミコ』の名残が…
*画面中央にWASDとか表示されているのは片手操作モード(マウスのみ操作)
 の実験ですが、操作性は悪いので今のところはおまけ程度です。
*まだ『体験版の体験版』程度といった所です。音楽は軽めのを少々…
 立ち絵を描かねば… ボスキャラは作り中ですが間に合えば1キャラ入れる予定です。

●夏コミ頒布予定物
下の画像のものと、上の新作体験版、黄昏の国の双子ミコ、迷宮のMIU PLUSの4つです。

2013/7/29
パッケージ版マスターアップしました。
(絵はちょっと変わっているので後日貼っておきます)

あとは新作の体験版をある程度の状態にしなくては…
時間があまりありませんがパッケージ版作業よりも、かなり気分が楽です。
余裕があればスクリーンショットも貼ってみます。

2013/7/20
●作業状況
そろそろ時間が無くなってきたのでこれで完成にしよう するべきだ しなければ…
7月に入ってからの作業時間の9割以上をもっていかれてしまったが
初見の人を吸い寄せる吸引力があるかどうかと言われると自信ない…
次からは人に頼んで描いてもらおう…

あえてタイトルロゴは抜いてあります。
ダウンロード販売中の18禁のアクションゲームのパッケージ版です。

2013/7/14
●作業状況
またちょっと晒してみる。
もうちょっと細い線で描きたかったが細い線で描くとなんだか安定しない…

液タブと新PCを買ったので作業速度がちょっと上がりましたが
ドット絵ばかり描いていたので普通に描くのが困難に…
ゲーム制作の時間がどんどん減っていく…

2013/6/29
●作業状況

せっかく夏コミに受かったので画像の物のパッケージ版を優先すべきと考えパッケージイラストを描き途中…

描けそう→(翌日)なんか違う別なのにしよう→これがいい、描けそう→以下ループ
を1週間近く続けていてわけがわからなくなってきたので試しに作業状況を晒してみます。


サークル配置の場所が目立つ所なので これまでにないプレッシャーが…
良さげだと思っても試しに印刷してみたら残念だったり…
まだバグチェックなども残っているので、確実に持って行けると言い切れるか判りませんが
一応もって行く方向で作業はしています。

●新作の体験版について

画像の通りまだ全然出来ていません。タイトルも未定なので、『3Dアクション(仮)』としておきます。
ゴスロリっぽい女の子が斧を振り回したりするアクションゲームです。

最近『DmCデビルメイ○ライ』をプレイして面白かったので
それっぽい動きを出来るアクションを作りたいな〜って感じで作りつつありますが、
現在は上記の作業優先のため作業中断中です。
あと、こちらのゲームも以前に成人向けにすると書いてしまっているので
おそらく成人向けになる予定ですが、作業状況的に夏コミ版には成人向け要素は入らないような気がします。(あっても15禁程度?)
夏コミの体験版はおそらく『手焼き白CD』で数も少なめになりそうです。(体験版なので後日web上で無料配布する予定です。) 

一応、現在製作保留中の『黄昏の国のミコ』とシステムを共有する形で作っていますが
黄昏の国のミコの方も去年と全然変わってない状態なので、そちらは持って行けないような気がします。

(去年の黄昏の国のミコの体験版は上(↑)の白夢館別館パッチ置き場の
 『黄昏の国のミコ 第一章(仮題)体験版その1』がそれです。)

2013/6/3
夏コミ当選しました。

月曜日東地区 ホ ブロック07a

Windows用アクションゲーム頒布。新作は体験版の体験版程度のものになりそうです。
100〜200円位 アップデートは無し(バグ修正のみ) 後日web上でも無料体験版として配布
の予定です。

あと、別サークルでダウンロード販売したもの(成人向け)のパッケージ版も間に合えば
持って行きます。

全然準備が出来ていないのでまだ色々と未定ですが、詳細は後日あらためてお知らせします。
2013/4/13
○新作のほうがDLsite様の方で発売開始されました。

*新作は成人向け用の別名義のサークルで出しております。
 開発履歴については現在は新ブログの方に記載しております。
*こちらの利用規約のため成人向けの場所への、直リンクは
 避けております。ご協力ください。

◆冬コミ版をお持ちの方へ
 ダウンロード販売版と同じにするパッチについては準備のため、もうしばらく
 お待ちいただければと思います。
 また、感想やバグ報告を送ってくれた方々ありがとうございます。
 大変お世話になりました。
 追記:冬コミ版用パッチを配布開始しました。
 新ブログの方にリンクが貼ってありますのでお手数ですが、そちらからお進みください。
 新ブログへは本作公式ホームページから行けます。
 本作公式ホームページへはDLsite.comの本作登録ページから行けます。


◆それ以前からのお客さまへ
 白夢館を応援してくれた方々ありがとうございます。
 今回は方針転換を図った感じですが、より多くの方々にプレイして頂けそうなので
 とても作りがいがあるものとなりました。
 新作の方は成人向けとなっておりますが、それ以外は大体いつもの感じですので
 体験版をプレイして大丈夫そうと思った方は、遊んで頂ければと思います。
 パッケージ版については まだ未定となっておりますが、夏コミに受かれば
 できれば持って行きたいと思っております。パッケージ版は まだ、当分先になると
 思うのであらかじめご了承ください。
 

2013/4/11

別ブログのほうに書いていますが新作の方を申請しました。
長かった…

審査などがあるので発売までしばらくお待ちいただければと思います。

落ち着いたら、また絵でも貼りたいと思います。2ヶ月も更新してなかった…

戻る