カニステル(クダモノタマゴ、エッグフルーツ)
・アカテツ科 常緑低木
・原産:中米
・日なたを好む
・自家結実性あり
・フィリピンや台湾で栽培されているらしい。沖縄地方では生け垣にされることもある。

・2004年4月25日に実を食べたあとタネを蒔きました。

 カニステルの実は追熟型で、室内に数日放置しておく。別名の通り、卵(ゆで卵の黄身)のような色と食感で、のどが渇くくらいまったりとしている。タネの採取が目的でもあったので、二人で半分しか食べられなかった。1つを1人で食べるのは、勇気が必要。
 アカテツ科には、チューインガムのサポジラや、ミラクルフルーツなど変な品種が多い。

カニステル 2004.10.30
 途中の写真はいっさい無し。6ヶ月経過し、現在樹高20cm。
 採取して(食べた)種まきしたのは5つくらいだったけど、一つだけ発芽した。右写真の植木鉢の中に茶色く光っているのがタネ。5cmほどあり大きい。



お花畑のトップへ