車歴

過去に乗っていた車
写真があまり残っていなくて・・・昔の写真は、スキャンです。

B310サニー79年型GX-E・5速ミッション
エンジンは名機A型1400CC
OHVでしたが、EGI仕様で軽く6000回転まで吹き上がりました。
FR最後のサニー。
・車幅1590mm、車長4m
・車重 840kg
車重は今の、軽自動車より軽いですから、加速は十分でした。
パワステなんかありません。
家族の車。
★写真は、水産大フォークソング部のメンバーと。私は青矢印です。ピーチサンダルに、ベルボトムのGパン。ポロシャツの裾をズボンの中に入れているところが、時代を感じさせます。
80年夏の写真。
B12型サニー85年式スーパーサルーン3速AT。
エンジンはA型をOHCに変更したE15S
FFになって2代目。
結構静かな乗り心地の良い車でした。家族の車。
パワステはありましたが、エアコンはオプションでした。

写真は残っていないので、WIKIペディアの写真へのリンクです。うちの乗っていた車と同型車です。


S13シルビアQ's初期型。88年式
エンジンはツインプラグのCA18DE型(135ps)
アートフォース・シルビア
4AT仕様。新婚当時、妻といろいろ旅をしました。

プロジェクターヘッドランプ、デジタルメーター、HUD(ヘッドアップディスプレイ)が新鮮でした。
今までの日産車と違って、デザインが秀悦でした。

写真は、山中湖畔のレストラン駐車場で妻と。
バブル絶頂期にむけ、世の中は加速中でしたね
X80チェイサー90年式アバンテロ−ドリー2000 4AT。
 S13シルビアは、妻が使いにくいと言うことで、すぐ手放し、「
ハイソカー」のチェイサーに乗り替え。
 あえてマークUにしなかったのは、巷にあまりにもマークUがあふれていたからで・・・
バブルの頃は、この手の200万以上する車を10代の若者たちがローン組んで買っていました・・・
 名機1G−FE ダブルカムの6気筒エンジン、なめらかでした。
5ナンバーフルサイズなんだけど、車内が狭かったなぁ〜
★伊豆高原のホテルで妻と撮影。

バブル崩壊直前
A32型セフィーロ 95年式エクシモ2000CC。4AT。
2代目セフィーロFF。
1770mmの車幅の3ナンバーに初めて乗りました。
やはり狭い道が、乗りにくかったですね〜
エンジンはこれまたV6エンジンの名機VQ20DEのダブルカム。
低回転から高回転まですっきり回りました。
広い車内で、ゆったりしていました。
保育園の送り迎えに活躍。
 この車に初めて
ナビを取り付けアルパイン055V)。このときからナビの虜になりました。
C24セレナ 2000年式
J−Vパック ハイパーCVT。

初めてのミニバン。
CVTには、はじめ慣れず、ぎくしゃくした運転でしたが、慣れるとスムーズさに感動。
エンジンはSR20DE。耐久性では定評があり、少しやかましいでしたが、トラブルなしでした。
両側スライドドアで、重宝しました。高速道路でも、活発に走りました。長くつきあいました

自己紹介へもどる