ETC車載器の取り付け

日産純正9,800円のを付けました!>






メニュー


1.ETC車載器のセレナへの取り付け

2.日産純正 ETC車載器の機能は?
<取扱説明書の一部です>

3.ETC車載器の読み取りエラーについて





1.セレナへの取り付け

ナビとのリンク機能や表示機能などを考え、一度デンソー製のDIU-2510 に決めかけたのですが、

 1)アンテナが分離でない
 2)ナビとの接続に5000円以上もする接続コード(アルパイン製KWE-013N)を買わなければならない
 3)セットアップ料金3,000円を含めると、2万5000円程度になりそう

そこで、機能は最小限だけど、ETC車載器で最安値でかつ超小型な日産純正のアンテナ分離タイプ9,800円(カルソニックカンセイ製のSS600)を取り付けることにしました。

この9,800円のETC車載器の外見はカルソニックカンセイ製のETC1200(28,700円)とほぼ同じなので、これの機能を絞ったものと思われます。

(価格は、日産プリンス西東京で、セットアップ、税込みで12,915円でした。500円値引きです)

そうそう、ETCカードですが、申し込みから2週間弱でイオンカードから取り付け前日にちょうど届きました。ラッキー!


←*部品のセット
日産プリンスにて注文・セットアップしました。
箱の中には、接続コード類・クリップ・両面テープ等の取り付け用の部材と、販売店向けとは思えない詳細で丁寧な取り付け説明書・取扱説明書が入っていました。
ビックリしたのが取り付け説明書で詳細な「車種別取り付け写真入り」なのです!わかりやすさは、アルパインのナビの取り付け説明書の比ではありません!
*電源取り出しコード→

純正ならではのうれしいところがコレ!
電源をシガーライターから分岐させるカプラー付です!
ほんと、電源取り出しは楽勝です。
なお、電源はACCとアースのみで、常時電源はいりません。
←*本体取り付け場所

取り付け説明書の車種別取り付け写真では、ダッシュボード下に両面テープで取り付けるようになっていたのですが、かっこわるいので、ハンドル下の小物入れに取り付けることにしました。
しかし、問題が・・・・
この状態では小物入れの手前の「縁」(矢印)が邪魔で本体が取り付けられません。



ここには取り付けられない・・・

と諦めかけていた・・・


ところがよく見ると小物入れの「縁」は脱着できるのでした・・・

←*穴開け



ハーネスを通すための穴(15mm角)をドリルとヤスリを使ってあけました。

手前にはゴムを両面テープで付けました。

*アンテナの取り付け→

やっぱり、超小型アンテナタイプのを選んだのですから、インダッシュで取り付けです。

ちょうど良い具合のすき間(矢印)を見つけました。

この場所は、N555のGPSアンテナではちょっときついかも・・・
←*完成!

本体下にはスピーカーがあるので、やむなく天地逆で両面テープにて取り付けです。
ちょっと手前に飛び出していますが、運転に支障はありません。

穴開け込みで1.5時間で出来ました。

さぁ、いよいよ、ETCカードを差し込んで、試乗です・・・!
インダッシュに取り付けたので、電波を拾ってくれるかとっても心配でしたので、近くて安い圏央道の入間ICから青梅ICまで(200円)走ることにしました。
←圏央道 青梅ICです。
(台風の雨のためワイパーが邪魔ですね)
初めての経験でしたので(当たり前か)、20km程度で、ゆっくり進入しました。
なかなかゲートが開かず、ドキドキでしたが、写真のように見事(大袈裟すぎ?)電波を拾って、ガバッっとゲートが開きました。
なお、このETC車載器は、ゲート通過が可能なときは「ピ、ピッ」と2回ブザーが鳴るだけで、音声案内よりうるさくなくて良いかもしれません。

↑このページのトップへ







2.日産純正ETC車載器(カルソニックカンセイ製 SS600)の機能

掲示板等での問い合わせが多かったので、こちらに取扱説明書の一部を掲載します。
販売店でも、詳細は分かっていないようですので、参考になさってください。





↑このページのトップへ










3.ETC車載器の読み取りミスがありました!


首都高走行後、ETCプラザのHPで前払い割引の利用明細を見ましたら、なんと同場所・同時刻で
二回料金を払ったように表示されているじゃありませんか!



困ったなぁ〜と思いつつも、ETCプラザへの電話は、何十回かけても
通話中でつながらず・・・・・このまま多く取られたら・・・




↓でも本日見たら、訂正されて確定されていました・・・やれやれ。。
 皆さんもこんなことありましたか?






↑このページのトップへ






セレナのページに戻る