本文へスキップ

世界標準の中国武術段位制に準拠した練習プログラムを推進しています。

活動報告Activity Report

活動報告>国際大会出場報告について

2015年7月31日〜8月2日 シンガポール国際武術大会(精英賽)における実績報告

2015年7月31日〜8月2日に開催された第2回新秀杯:シンガポール国際武術大会に武術隊の選手を派遣いたしました。今大会では、蟷螂拳・刀術・龍身蛇形太極拳などの項目で出場し、金メダル3個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得、その他入賞多数という結果となりました。

日本以外の国からは中国、シンガポール、ロシア、オーストラリア、スイス、ミャンマーなどが参加し、各国代表選手との競り合いとなりました。 伝統拳術、伝統器械、対練、集体と中国で開催される大会と同じ競技スタイルで行われ、20歳以下、30歳以下、40歳以上という年代別でのマスターズ・ルールで老若男女の全世代が一同で行い、とても充実した内容になりました。

2013年8月5日〜9日 第8回香港国際武術大会における実績報告

香港の九龍国際展貿中心にて第8回香港国際武術大会および国際武術段位制技能検定大会が開催されました。昨年の上海大会への武術隊選手団の派遣に続き、今年も横浜武術院からは武術隊の選手が出場。
金メダル17個を獲得しました。


大会成績:
松島駒樹さんが規定六段翻子拳9.1、剣術9.25、鷹爪拳9.1と全種目で9点台を獲得。
30代全体の部で金メダル3項目の成績を収めて、総合4位に入りました。


高橋矢さんは規定六段蟷螂拳9.1、刀術9.1、猴棍8.9の成績を収めました。


石村英樹さんは規定二段太極拳8.2、華侘五禽戯9.25、健身気功五禽戯8.7を獲得し、
大会開会式では70歳以上の部で海外人士で3項目をエントリーし、五禽戯で9点以上を出したことで栄誉賞として表彰を受けました。
  

長久保露世くんは刀術8.41、鴨形拳8.36、規定五段長拳は段位套路の申請での年齢規定があったため、9.1をマークしましたが2点減点され7.1になりました。


鶴見川河川敷での野外太極拳の佐藤為昭さんは初出場で規定一段太極拳で7.5を獲得しました。
朝日スポーツクラブのクラスから参加した井上純子さんは規定二段長拳を行い9.0を獲得しました。
嬉しいことに全員が技能での合格点は大きくクリア致しました 。
今大会は合計17個の金メダルを17個獲得できました。


大会開催の詳細についてのは以下のとおりです。
主催:
香港武術学校有限公司、淅江省対外体育交流中心、淅江省武術協会 協力:国家体育総局武術運動管理中心、中国武術協会
武術競技項目: 武術套路類、各種拳術、各流派拳術・器械/単練・対練・集体項目。 武術功法、軟気功、硬気功、単練功法、健身功法、養身功法、健身操、健身球。 健身気功展示会、五禽戯、六字訣、易筋経、八段錦。  
対抗性項目類:散打、推手、短兵対打、長兵対打  
競技規則:2013年伝統武術競技規則、中国武術段位制国際考試


2012年7月7日〜12日 上海国際武術博覧会における実績報告

今大会では横浜武術院・武術隊の代表選手団を派遣・出場し、大会成績は金メダル7個、銀メダル8個、銅メダル4個の総数19個のメダルを獲得致しました。 2012年から本場中国武術界の国際大会では、伝統武術ルールを中心とする競技会が行われることになりました。



  

  

  

今回は浦東地区上海東方体育中心:オリエンタルスポーツセンターにて開催され 大会期間中には日中韓太極拳交流大会、健身気功交流会、剣道、詠春拳、心意拳、伝統内家拳交流競技会などが行われました。


主催:国家体育総局 中国武術協会 上海市人民政府 国際武術連合会 協力:上海市武術協会 上海武術院 上海体育学院 上海精武体育総会

2010年8月22日〜25日 第5回香港国際武術大会 国際健身気功展示会

大会プロデューサーである系財林氏から招請を受けて、横浜武術院からは代表の成澤が出場しました。
陳式太極拳1位、健身功法:伝統華侘五禽戯1位、武術功法:華侘五禽戯・虎戯1位、健身気功:五禽戯1位の成績を収めて、4個の金メダルを獲得しました。

  

香港で開催される国際大会は毎年春の香港国際武術節と5年前に創設された香港国際武術大奨賽(現大会)があります。
双方とも中国国家体育総局がバックアップし様々なイベントなどを行っています。
横浜武術院では中国国内各地域で行われている国際大会に参加出場し、そこで得た経験を元に更なる研究をして、毎年の武術活動へ役立てています。

世界中にいる中国武術界の様々な「武友」たちと共に技を競っていく自然発生の過程が大切であり、相互共に武術的敬意を取り合いながら文化交流をして更なる発展をしていけることを願っています。


関連情報を下記のリンク先にてご紹介いたします。

健身気功,五禽戯で出場

大会の模様

大会を終えて

武術の縁



競技項目:
武術套路類 
各種拳術 各流派拳術・器械/単練・対練・集体項目
武術功法 軟気功 硬気功 単練功法 
健身功法 養身功法 健身操 健身球など
健身気功類展示会 五禽戯 六字訣 易筋経 八段錦 
対抗性項目類:散打 推手 推馬 短兵対打 長兵対打  
参加単位:各国家、地区 武術功夫、健身気功組織代表隊、個人でも可
競技規則 2010年 伝統武術競技規則・中国武術段位制・香港考評を採用

今大会では以下の新たなルールが導入されました。
各項目競技時間規定:
単練や二人以上で行う対練の時間枠は40秒以上から4分以内(健身気功は除く)
太極拳、木蘭拳など健身功法は3分ちょうどに審判長がホイッスルを鳴らし、4分以内で終わらせる 
元々の套路が長い場合は調整して削減を各自工夫する
但し普及用規定套路場合は前半は行い、後半を削除すること(前半削除は認めない)
集体項目は4分以内で完成させる
健身気功展示時間(個人・集団)6分以内にまとめる
対抗性項目では、展示1度につき1分以内

主催:
国家体育総局武術運動管理中心 中国武術協会
香港武術学校有限公司 浙江省対外体育交流中心 浙江省省武術協会 趙小蝶有限公司

     

2008年5月1日〜6日 第9回上海国際武術博覧会

2年に一度行なわれる中国武術の祭典において、長拳、剣術、蟷螂拳、太極拳などの種目に出場しました。
詳細はこちらのブログをご覧ください。

2007年8月2日〜5日 第5回淅江伝統武術競技大会

中国の杭州市で行なわれた参加者5,000人を超える盛大な国際大会に横浜武術院の顧問である渡辺成人さん出場し、4種目で一位を獲得しました。
詳細はこちらのブログをご覧ください。

2006年5月1日〜6日 第8回上海国際武術博覧会

中国上海市で行なわれた国際大会において、酔拳、太極拳、伝統器械などの種目に出場しました。
詳細はこちらのブログをご覧ください。

        

Yokohama Wushu Institute横浜武術院

横浜武術院事務局:
〒223-0053
横浜市港北区綱島西4-6-10
サンライズ綱島102

TEL :045-547-5241

E-Mail:
yokohamabujutuin@yahoo.co.jp