こ ん   の う  は ち  ま ん  ぐ う

 

金 王 八 幡 宮
















English

→Home→由緒→年間行事→ご利益→ご祈祷→結婚式→氏子会→お問い合わせ→リンク

金王ニュース

 

 

・平成28年熊本地震災害義損金募集終了について

 平成28年4月4日に発生した地震の影響で広い範囲で人的・物的被害が発生しました。当八幡宮では、  社頭にて義捐金の募集を行い、多くの方々のご協力をいただきました。お預かりしました義捐金は赤十字社を通し被災地へお送りいたしました。義捐金総額 421.248皆さまの温かいご声援に心より感謝申し上げます。

 

・夏越大祓のご案内 こちら

 6月30日午後4時斎行

 夏越大祓は、人々の心身についた罪穢れや禍を祓い清め、夏の流行病に罹らず幸福に過ごせるよう祈る意義深い神事です。紙を人のかたちに切り抜いた「形代」に名前を書き、身体を撫で、息を吹きかけ、自分の罪穢れを形代に移し身代わりに清めます。皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

※大祓に参列できない方は当日までに「形代」を社務所にお預けください。

・茅輪(ちのわ)

6月15日より7月14日まで設置いたします。

 

・第4回桂福団治の会 こちら

 平成28年7月2日(土) 

1回目/13時開演(12時半開演) 2回目/16時開演(15時半開場)

料金:各3000円 場所:金王八幡宮(渋谷区渋谷3-5-12)

TEL:03-3407-1811

 

 

 

金王八幡宮


拝殿

金王丸木像

渋谷金王丸常光のちの土佐坊昌俊は源義朝、頼朝親子に仕えた武将

木像は、17歳のとき保元の乱出陣の折自ら彫り、形見として母に残したもの

金王丸の名声は高く、のちに神社の名称となる

特別開帳

毎年3月最終土曜日

金王桜

御社殿

徳川家光が三代将軍に決定したお礼として乳母の春日局と教育役の青山伯耆守忠俊が奉納

江戸時代初期の建築様式をとどめる都内でも代表的な建築物

 

渋谷区指定文化財

金王丸

金王桜

一枝に一重と八重が混ざって咲く珍しい桜

源頼朝が金王丸の名を後世に伝える事を厳命し鎌倉の館より移植

 

渋谷区指定天然記念物

 

 

月次祭及び日供祭参列のご案内

当神社では、年間行事の他、毎月1日及び15日は「月次祭」を、その他の毎日「日供祭」を、それぞれ朝9時から9時半まで斎行しております。どなたでもご参列いただけます。これらは、神様のお守りお導きなど様々な御神徳に感謝し、氏子崇敬者をはじめ、世のすべての人々が幸せに過ごせるよう祈念する祭です。

月次祭は、神饌(お供え物)の数が増やされ、特に厳粛に斎行されます。皆様も一緒に参拝いたしましょう。

ご参列の方は、午前8時50分までに社務所までご参集ください。