主の迎接祭のイコン ニコライ堂のドームと陽光
主の迎接祭
復活大聖堂

東京復活大聖堂教会
2005年2月16日 亜使徒聖ニコライ祭 聖体礼儀より U

※ 当サイトのコンテンツの許諾なき2次配布をしないで下さい。
イス=ポラ
(主教は聖障:イコノスタスに炉儀を行う)

詠隊(聖歌隊)
(コイネーギリシャ語)
イス ポラ エティ デスポタ。

(日本語訳)
君や幾年も(「神の守りが幾年も主教にありますように」の意で、信徒に対する主教の祝福への答礼として歌う)。

神品・堂役(聖職者・奉仕者)
(コイネーギリシャ語)
イス ポラ エティ デスポタ。
讃詞〜聖三の歌
詠隊(聖歌隊)
<迎接祭の讃詞>
 恩寵を満ち被る、生神童貞女や慶べよ。爾より義の日ハリストス我らの神、暗闇にあるものを照らす主は、出でて光ればなり。 義なる翁や、爾も楽しめよ、爾我が霊の救主、我らに復活を賜う者を戴けばなり。

(句)光栄は父と子と聖神゜(せいしん)に帰す。

<日本の亜使徒聖ニコライの讃詞>
 使徒と等しく同座なる者、忠実にして神智なるハリストスの役者、聖なる神゜(しん)に選ばれたる笛、ハリストスの愛に満ちたる 器、我が国の光照者、亜使徒主教聖ニコライよ、爾の牧群の為、及び全世界の為に、命を保つ聖三者に祈り給え。

神品・堂役(聖職者・奉仕者)
(教会スラヴ語)
и ныне и присно, и во веки веков. Аминь.
(日本語訳)
(句)今もいつも世々にアミン。

<生神女小讃詞:この日は曲=アレマーノフ>
(教会スラヴ語)
 Взбранной Воеводе победительная, яко избавльшеся от злых,
благодарственная восписуем Ти раби Твои, Богородице.
Но яко имущая державу непобедимую,
от всяких нас бед свободи,
да зовем Ти: радуйся, Невесто Неневестная.
(日本語訳)
 生神女や、我ら爾の僕婢は、災いより助けられしを以って、爾よく勝つの将帥に凱歌(かちうた)と感謝を奉る。勝たれぬ 力を保つによって、我らを諸々の苦難より救い、爾を歌うて嫁ならぬ嫁や、慶べよと呼ばしめ給え。

主教
 蓋、我が神や、爾は聖なり。我ら光栄を爾、父と子と聖神゜に献ず、今もいつも。

輔祭
 主や敬虔なる者を救い、及び我らに聞き入れ給え。

詠隊
 主や敬虔なる者を救い、及び我らに聞き入れ給え。

輔祭
 世々に。

詠隊(曲=リヴォフ)
 アミン。聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。
 
神品・堂役(聖職者・奉仕者)
(教会スラヴ語)
Святый Боже, Святый крепкий, Святый безсмертный,
помилуй нас.
(日本語訳)
 聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。
 
詠隊
 聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。
 
主教(この日、イストラの大主教アルセニイ座下)
(教会スラヴ語)
 ※ 原文未入手
(日本語訳)
 神や、天より臨み見てこのぶどう園に降り、爾の右の手の植え付けし者を、堅め給え。
 
詠隊(女声合唱の曲=ボルトニャンスキィ)
 聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。

主教(この日、東日本の主教セラフィム座下)
 神や、天より臨み見てこのぶどう園に降り、爾の右の手の植え付けし者を、堅め給え。

詠隊(女声合唱の曲=ボルトニャンスキィ)
 聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。(2次)
 
神品・堂役(聖職者・奉仕者)
(教会スラヴ語)
Святый Боже, Святый крепкий, Святый безсмертный,
помилуй нас.
(日本語訳)
 聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。

詠隊
 光栄は父と子と聖神゜に帰す、今もいつも世々にアミン。
 聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。
(教会スラヴ語)
Святый Боже, Святый крепкий, Святый безсмертный,
помилуй нас.
(日本語訳)
 聖なる神、聖なる勇毅(ゆうき)、聖なる常生の者や、我らを憐れめよ。
 
 



 「亜使徒聖ニコライ祭 聖体礼儀より T〜U」は、全て一続きになっているものを分割 してMP3にしてあります。
 この日、イストラの大主教アルセニィ座下と東日本の主教セラフィム座下が聖体礼儀に立たれ、全日本の府主教ダニイル座下 は聖体礼儀後のパニヒダに立たれました。
 この時録音に使った機械はあまり良いものとは言えず、音質はかなり悪いのですが、この日20 数名の神品・堂役が揃った聖歌の迫力を少しでもお伝えしたいと思い、ここに録音ファイルを用意しました。
 2月16日の亜使徒聖ニコライ祭は2月15日の主の迎接祭の翌日であり、迎接祭の祭期にあたりますので、迎接祭の讃詞も 亜使徒聖ニコライの讃詞に加えて歌っています。讃詞にも色々ありますが、普通正教会で単に讃詞と言えば、「発放讃詞」を指し ます。これは、その祭日・聖人の性格を簡潔に纏めた祈祷文であり、讃美の性格 が強いものです。一方、小讃詞は讃詞に準じる内容の祈祷です。古い祈祷文の中には、古に説教の代わりに小讃詞が歌われたことを 反映して、衆人(会衆)への説教としての性格を色濃く残しているものも見受けられます。
 

正教会聖歌の目次へ