佐渡の旅
2014/10/31-11/3

トキの島、花の島として有名な佐渡島をようやく訪れる機会がやってきた
秋の3連休を利用して佐渡へと旅立った

低気圧の通過に冬型の気圧配置と天候には恵まれず
始終曇天や雨には悩まされたものの
広い佐渡島を走り回って、海あり山あり深い森ありの佐渡の豊かな自然と景観を楽しみ
美味しいご飯や海の幸に舌鼓、温泉につかってゆったり

仕事を忘れて島の時間を楽しんだ
いつか花の時期に再訪できたらいいな

Day1  Day2  Day3  Day4

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
新潟〜両津

雲は多いものの晴天に恵まれた初日は、新潟からから佐渡へ
佐渡・両津港まではジェットフォイルで1時間5分
波もなく穏やかな日本海だった

佐渡島が大きい、フェリーと行き違い

ジェットフォイル、時速80q近く出るので早い

サドッキーがお出迎え、あらかわいい♪

レンタカーで大佐渡スカイラインを目指す

大佐渡スカイライン

角が立派な佐渡牛に会えた

秋色に染まる高原


佐渡の最高峰、金北山

白雲台より両津港、きれいな砂州が作った良港


妙見山(1042m)

歩くには少々遅い時間だけど、下り坂の天気予報でもあるので
見えるうちに景色を楽しんでおこうとスカイラインから妙見山を目指した
片道40分ほどのハイキング、登りのコースの奇形のブナの純林はなかなか印象的で面白かった
広い山頂一帯からの眺めも抜群だった

案内図、コースタイムがちょっと変


登山口、まだ新しいコースみたい

紅葉した葉のグラデーションが見事!

白雲台の背後に国中平野をのぞむ

おしん林、名前の由来が謎のまま

こんな樹形だけどブナ!

枝が地面を這ってる・・・・

雪の重みに耐えてるんだろうな

イブキジャコウソウ!

森を抜けると大展望!

山頂へは柵に沿ってすすき野原の中を進む

対岸の山もなかなか立派

スカイラインが走る尾根

山頂、防衛省の巨大アンテナあり、後は金北山


下山はつつじひらコースへ

妙見山をふりかえる

スカイラインまで下りはあっという間

林道を歩いて白雲台へ戻った


相川温泉 いさりびの宿 道遊



メバルの塩焼き
新鮮なイカがおいしかった!

お部屋も温泉のお風呂も
オーシャンビューの宿

甘くておいしいおけさ柿

BACK
直線上に配置