岩手の山めぐり旅: 鞍掛山 897.1m
(2012/6/23-25)

せわしない日帰り出張で盛岡を訪れる度に、憧れのまなざしで眺め、登る機会を待ち続けていた岩手山
梅雨の真っ最中にぽっかり空いた週末、幸い1日有休もとれたので
かなり衝動的だったけれど、想いを叶えに盛岡まで出かけることにした

結果的には天気予報に裏切られ肝心の岩手山は展望に恵まれなかったけれど
でもこの時期だからこそ出逢えたたくさんの高山植物のおかげで十分満足!
3日目に待ちに待った快晴の下、姫神山と八幡平にも登ることができたのも嬉しかった

季節を変えて是非また訪れたい

鞍掛山  岩手山  岩手山の花  姫神山   八幡平

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
東京から盛岡、そして八幡平へ・・・

早朝の新幹線で、通い慣れたルートを盛岡へ
満席のはやて13号は、熟睡している間にあっという間に盛岡駅に到着
仕事だとこんなに早い時間に到着することは滅多にないけれど、遊びの時は別・・・(^^;
駅近くのGSでレンタカーを借り出して、早速八幡平を目指したものの、辿り着いた八幡平は厚い雲の中・・・
下界は晴れていたのになあ・・・
雨風とも強い中、車を降りる気にもなれず、後ろ髪を引かれつつも計画変更。盛岡にとんぼがえりした

岩手山の上部は雲の中
出張の時もなかなか全容は拝めない
雲よ晴れておくれ!

八幡平アスピーデラインからの眺め
この後雲の中に突入・・・強い風と濃霧に加え
雨まで加わり、八幡平散策を断念・・・



鞍掛山

気を取り直して往路を引き返し、訪れたのは以前より気になっていた岩手山の南麓の鞍掛山
14時過ぎと少し遅めのスタートだけど、手軽に登れる山なので翌日の足慣らしにはちょうどいい
盛岡市内から車で30分もかからない場所に位置するお手軽な山なのに
自然が豊かで花も色々咲いていて素晴らしい。

相の沢キャンプ場の広い駐車場が登山口

登山口から途中まで東コースと西コースに分かれている
東コースの登り口までは20分ほど林道歩き
右手には牧草地が広がり、牛たちがのんびり草を食んでいた
広々としたこの景色、いいなあ〜

ツルアジサイが花盛り

ヤグルマソウの群落

山では普通に見られる花だけど
かわいらしいシロバナノハナニガナ

ヤマオダマキは非常に多く咲いていた
複雑な花のつくりは見事な自然の造形

緑の美しい広葉樹の森をジグザグと登っていく
道幅は広く、歩きやすい遊歩道のような道が続く

ツクバネソウ
葉を羽根突きの羽根に例えてこの名前

ギンリョウソウを発見!

鳥の声だけが響き渡る美しい緑の森の中の道

登りはじめて20分ほどであっけなく西コースと合流
こんな気持ちのよい森がすぐ近くにある盛岡の人が
うらやましいなあ・・・


双子ブナ

初めて出逢えた”コケイラン”
野生のランは本当に美しい


ヤマオダマキが咲き誇る

レンゲツツジは色鮮やか


八幡平の道端にも良く咲いていた
かわいらしいピンク色のタニウツギ



分岐からひとのぼりで、東側の展望が開け
盛岡の街並みも見えていた

山頂へと続く日当たりのよい尾根道沿いには
ミネヤナギがいっぱい、白い綿毛が
風にフワフワ飛ばされていた

カマツカの花
芥子粒みたいな雄しべが目立つ


ガマズミのお花


林床に美しいササバギンランを発見!
けっこうたくさん咲いていた

キンポウゲ

アズマギク

タニウツギが見事!



三等三角点の山
こんな標石もあった・・・
明治の頃のものかなあ

鞍掛山(897.1m)山頂




後ろに岩手山があるはずなんだけどなあ・・・


山頂からの眺め

秋田方面の山は雲の中・・・残念!

ツリバナ

気持ちのよい尾根道を戻り
西コースを下山

ハナヒリノキの地味〜な花

木漏れ日が美しい
歩きやすい道を快適に下った

休憩込み2時半で一周
お手軽だけど良い山でした


ぴょんぴょん舎


盛岡で食べたいものはやっぱりぴょんぴょん舎の冷麺
運よくお店も空いていて、美味しい焼肉と冷麺に舌鼓♪
  

鞍掛山  岩手山  岩手山の花  姫神山   八幡平

BACK
直線上に配置