棒ノ折山・岩茸石山・高水山縦走
2012/5/13

五月晴れの日曜日、体を動かしているほうが体調が良いし
運動はドクターストップでもないので、思い切ってまた一人歩きにでかけた

近場で手軽なところがないかと地図を眺めていて見つけた棒ノ折山
登ったのは10年以上前で季節も違うので、見る景色はとっても新鮮!
思ったより早く着いたので、山頂からは青梅線方面へ
目にまぶしい新緑を満喫しながらミニ縦走を楽しんだ



名栗(さわらびの湯)〜有間ダム〜白谷沢〜岩茸石〜ゴンジリ峠〜棒ノ嶺(969m)

飯能駅からバスで45分、さわらびの湯の停留所で大半の乗客が降りた
暑いぐらいの陽射しの中を登山口へと歩き、白谷沢の清流沿いに足を踏み入れると
そこは美しい新緑に覆われた別天地!
沢登り気分を楽しみ、ペース良く登って辿り着いた棒ノ折山頂
澄んだ青空の下に広がる絶景に、思わず息を呑んだ

きれいな青空!風もなく暑い位

ウツギが満開

新緑と清流美しい白谷沢



ちょっとした沢登り気分が味わえる
迫力あるゴルジュ帯
楽しい〜


暑いぐらいの陽気なので、沢沿いを歩くのも
何度も繰り返す渡渉も爽快!


素敵な滝もいっぱい

ニリンソウ



明るい新緑の緑色に覆われた沢、息を呑む美しさ



キケマン



久しぶりに逢えたトウゴクサバノオ
その名の通り、種の形が鯖の尾!


ゴルジュ帯の核心部を抜けて
白谷沢を登りつめていく

かわいいクワガタソウ
ちょうど見頃でたくさんかわいらしく咲いていた

ちょっと珍しい?ヒイラギソウを発見
葉っぱの形から名前に納得

岩茸石からゴンジリ峠へ・・・けっこう急登!

落葉樹の森の新緑が
急登の疲れを吹き飛ばしてくれる!
ゴンジリ峠まであと少し・・・

ゴンジリ峠で北東方面の展望が得られた
雪化粧の日光白根山も見えていた!

歩き始めて2時間、棒ノ折山(969m)山頂に到着
メジャーな山なので、広い山頂は大賑わい

山頂に着くと目の前に広がる素晴らしい展望と
澄んだ青空に心の中で大歓声!

思い切って出かけてきてよかった!
この素晴らしい景色をこの場で誰とも
シェアできないのだけがちょっと残念・・・

きれいな空〜!!

名栗湖方面、奥武蔵の山々が連なる
なじみのあるエリアだけに、山座同定も楽しい
この眺めを楽しみながら山頂で軽く早めのランチ、気分爽快

上越〜日光方面の白い峰々がずらりと見えていた
(かろうじて写っているのは、谷川岳、朝日岳、武尊岳)

ゴンジリ峠
ここから名栗に下らず黒山方面へと向かった



棒ノ折山〜ゴンジリ峠〜黒山(842.3m)〜岩茸石山(793m)

山頂を後に、ゴンジリ峠から、高水三山へとつながる尾根へ
アップダウンの多い尾根道で体力は要るけど
植林は少なくほとんどが明るくまぶしいくらいの新緑に包まれた雑木林の気分のいいプロムナード♪

ただ当日トレランの大会があって、ものすごいスピードで容赦なく駆け抜けるランナーが絶え間なくくるのには閉口した
全員が走り去った後には、期待通りの静かな尾根歩きをまた楽しむことができたから良かったものの
登山者の多いメジャーな山でのトレランの大会なんて危険・・・主催者には考えて実施して欲しい

黒山山頂、展望はなし

岩茸石山への長い尾根の縦走路は
ほとんどが新緑真っ盛りの落葉樹林!

モミの新緑、面白い

富士山が見えてびっくり!

大岳山〜御前山、その影に富士山

地図にスミレが多いとあったけど
さすがにシーズン終り、種類は少なかったかな

ちょっとのアップダウンで
微妙に新緑の色が変わるのがわかる



岩茸石山〜高水山(759m)〜常福院〜石神前駅

棒ノ折から1時間半で、高水三山の1つ、岩茸石山に到着
ここからの眺めもまた素晴らしく、歩いてきたルートが見下ろせるのも嬉しい
高水三山を歩く人なのか山頂はこちらも混雑していたけど
木陰でしばらく休みながら見晴を楽しんだ後、高水山を経由して、青梅線へと下山
低山ながらも、充実感のある歩きが楽しめた

中央奥が棒ノ折山
こう見ると、結構歩いてきたなあ・・・

山笑う
その季語がふさわしい

川乗山〜棒ノ折山〜奥武蔵の山々

都心のビル群やスカイツリーも見えていた

広い空、いろんな形の雲がきれい〜

木々に覆われた高水山の山頂
  
高水山からは軍畑駅方面へ植林帯メインの道をぐいぐい下る
山頂の混雑が嘘のように、ほとんど人に逢うこともなく快適に下り、青梅線へ
タイミング悪く電車の待ち時間が多かったので、2駅先の石神前まで歩いてしまった・・・また、歩きすぎ。

BACK
直線上に配置