Mt.Okuhodaka & Mt.Karasawa
奥穂高岳 (3,190m)&涸沢岳 (3,110m) 

(2011/7/30-8/1 ※前夜発夜行)
 
忘れもしない8年前の夏、奥穂高を目指して登った涸沢カールで台風に遭遇し
登頂を果たせぬままに下山して以来、再訪の機会を待ち続けていた奥穂高

すっきりしない生憎の天候ではあったけれど
その分静かな山歩きと、たくさんのお花との出会いを楽しむことができ
念願の奥穂高の山頂も踏むことができ、申し分のない3日間となった

Next Day

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
7/30  上高地〜明神〜徳沢〜横尾

新宿から夜行バスで上高地へと向かい、朝6時前に到着
時折ぱらつく雨が鬱陶しく、梓川沿いをの単調な道は少々長く感じた

雲と川霧のたなびく早朝の梓川

満開のハクサンオミナエシが道端の崖を彩っていた

小雨がふったりやんだり
景色が見えない〜

休憩込み4時間で横尾に到着し早めの昼食タイム
ここからようやく登山道・・・



横尾〜本谷橋〜涸沢

立派な吊橋で梓川を渡ると、ようやく登山道らしくなる
樹林帯は、雨で濡れた岩とぬかるみのせいで、本谷橋までの区間は歩きづらかった!
でもその先では高山植物の花々がが々に現れて目を楽しませてくれ
さらに晴れて青空も見えてきて、俄然、足取りも軽くなる♪


横尾付近のみで見られた花の大きなトモエソウ

色鮮やかなカラスシキミを発見!

コイチヤクソウの大群落に歓声!



川からの冷たい風が心地よい本谷橋で一服

よく見るととってもかわいらしいヤグルマソウの花

キヌガサソウがまだ咲いていた!

緑の中に一輪、クルマユリが美しかった

オオヒョウタンボクがいっぱい咲いていた

わ〜い青空、山も見えてきた!

涸沢から流れ出す雪解け水も吹き降ろしてくる風も
とても冷たくて、最高に気持ちが良かった!

涸沢付近ではウラジロナナカマドが
美しく咲き乱れていた

チングルマとアオノツガザクラ

ベニバナイチゴもいっぱい咲いてた



キバナシャクナゲも見頃

台風で一昼夜過ごした
懐かしの涸沢カールのテント場



涸沢小屋

ほぼ計画通りの午後3時、今回の山行の宿となる涸沢小屋に到着
涸沢カールを見下ろす素晴らしい立地の小屋は、真新しく小奇麗で、とても居心地が良かった
冷たくて美味しい水が豊富なのも嬉しい
テラスで涸沢カールの景色を眺めながらビールで乾杯!

涸沢小屋

部屋の窓からデッキ見下ろす

小屋から眺める涸沢カールの大雪渓

夕食はトマトソースのかかったチキンソテー
Next Day

BACK
直線上に配置