北アルプス:黒部五郎岳&雲ノ平 

(2011/8/13-8/16 ※前夜発夜行)
 
この夏最後の山行で
北アルプス最奥の秘境といわれる黒部源流の山域をはじめて訪れた

雲ノ平と黒部五郎岳をぐるっと周遊
一歩一歩進むごとに移り変わる雄大な景色を眺めながらの贅沢な稜線漫歩は楽しかった!
安定した天候にも恵まれて お花と景色を満喫できた4日間だった

Day1  Day2  Day3  Day4


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
8/13 富山・・・有峰口・・・折立(1,350m)〜太郎平小屋(2,330m)

夜行バスで練馬より富山へ
出発の遅れと渋滞のせいで富山駅には40分も遅着
登山口への電車・バスに見事に乗り遅れたけど
運よく先に出たはずのバスに有峰口で乗り継げて、8時半前には登山口の折立に到着した

2時間ほどの樹林帯の急な登りの後は、気持ちのいい広々とした草原の中の登りが続き
ほぼ予定通り、14時少し前に登山者でにぎわう太郎平小屋に着いた

初めて見る黒部源流の景色!夕食の時間まで、小屋の喧騒から離れ
付近の木道を散歩しながらお花と景色と山の静けさを楽しんだ

とりあえず登山口に近づくため
電鉄富山駅6:28発の立山行きに乗車
有峰口まで約50分、のどかな田園風景の先に
剱岳がうっすら浮かび上がっていた

7:19、有峰口の無人駅に到着
タクシーを待つしかないかな・・・と諦め半分バス停に行くと
富山で乗り継げなかった折立への
直通バスがやってきた!ラッキー♪

折立登山口、立派なミズナラの木があった

太郎坂にはアカモノの実がいっぱい!

オオシラビソ、クロベ、ゴヨウマツ、コメツガ、トウヒと
色々な針葉樹から成る樹林帯を登る

樹林帯を抜けたら
有峰湖が見えた

ブルーベリーそっくりのクロマメノキの実を
ちょこっとつまみ食い

樹林帯を抜けると一面の草原に
キンコウカやイワショウブが咲いていた

小さくかわいらしいタテヤマリンドウ
ここのはみな、白花だった

のびやかに続く気持ちの良い草原の中
一歩一歩

ニッコウキスゲがまだ咲いていた!


イワショウブの花はちょうど見頃


太郎平へと続く道
登山道侵食が激しいのか
石畳に保護された道が痛々しい

青色が鮮やかなミヤマリンドウが
今回の山行では至るところで見られた


太郎兵衛平(2,330m)



太郎平小屋と太郎山
お盆の最中なので少々混雑もやむなし




初めて目にした黒部源流の山々を
眺めながら幸せな一時を過ごす

水晶岳〜鷲羽岳と雲ノ平

太郎平小屋の夕食

夕食後、日没前の空に虹が!
Day1  Day2  Day3  Day4

BACK
直線上に配置