Mt.Hakusan
白山 (2,702m) 

(2011/7/16-18 ※前夜発夜行)
 
例年よりだいぶ早い梅雨明け後の猛暑の中迎えた海の日の3連休
かねてより機会を待ち続けていた白山登山の夢を遂に実現!

お天気が良すぎて山の上でも暑い位の真夏の陽気だったけれど
快晴の山頂からのご来光も360度の大展望も素晴らしく
咲き乱れる数々の高山植物のお花と戯れながら歩くことができ大満足!!
いつかまた訪れて、縦走してみたいな

Next Page  Flowers of Hakusan

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
7/16  別当出合(1260m)〜中飯場(砂防新道)

6時半に金沢に夜行バスで到着。バスに揺られること2時間半、10時少し前に
白山の登山口のひとつである別当出合にようやく着いた
少々整備されすぎの登山道を、強烈な陽射しと暑さにあえぎつつ、ゆっくり登っていった

別当出合の登山口
出発が遅いので人影はまばら

別当谷を長さ117mの大きな吊橋で渡ったところから
登山道が始まった

登山口付近は美しいブナ林

茂みでガサゴソっと音がしたので見ていたら
カモシカが登山道に飛び出してきた!
こっちを気にする様子もなく
悠々と道端の木の葉へ首を伸ばして食事

初っ端からのラッキーな出会いに嬉しくなった



中飯場〜甚之助避難小屋〜南竜道分岐(砂防新道)

歩き始めて40分で、休憩する人々でにぎわう中飯場と呼ばれる広場に出た
ここから先が本格的な登りだけど、荷物の重さに体が慣れたのか、調子が上がってきて
次々に現れる植物を楽しみながら一歩一歩、登って行った

水場とトイレのある中飯場

別当覗(1740m)

ダケカンバやオオシラビソが出てきて
季節が徐々に逆戻り

ウグイス、カッコー、メボソムシクイ、
ホトトギス等の鳥たちの声が響いていた

大好きなキヌガサソウの群落があった!

最初の雪渓、木々はまだ芽吹き前

色鮮やかなショウジョウバカマが咲いていた

ミヤマキンポウゲ
避難小屋の少し手前から急に高山植物が増えた

2010年新築の甚之助避難小屋
水洗トイレでびっくり・・・

避難小屋の横でちょっと遅いランチタイム
SAで買ってきた鱒のすしが美味しかった♪


南竜道分岐(13:30)
周りは素敵なお花畑



南竜道分岐〜エコーライン

多くの人は室堂への最短ルート(黒ボコ岩経由)に進むなか
南竜道を少し東に進み、人が少なく静かなエコーライン経由で室堂を目指した
雲&ガスと雪渓を割ってくる冷気のおかげで、暑さが少しだけ輪やら伊田
雪解け直後の斜面には、コイワカガミ、チングルマ、アオノツガザクラ、ミツバオウレンなど
高山植物が美しく咲いていた


ミヤマキンポウゲ

ハクサンフウロ&モミジカラマツいっぱいのお花畑

ここからエコーラインの登りがスタート

南竜山荘が見えた

山頂が見えた!まだまだ雪がいっぱい



雪田の周りは
一面チングルマの見事なお花畑!!
疲れが一気に吹き飛ぶ素晴らしさだった

ピンクのハクサンコザクラやコイワカガミも
彩りを添えていた

弥陀ヶ原と呼ばれる溶岩台地の上に出た

イワヒバリが鳴いていた



室堂

室堂平(2448m)に16時前に到着
受付を済ませて荷物を部屋に置いたら、夕食(18時)まで、小屋の周りをのんびり散策
いつのまにかまた青空になり、雄大な景色をを眺めながら飲んだ
たっぷり汗をかいた後の冷たいビールが最高に美味しかった〜

室堂手前の急登

室堂より御前峰(白山山頂)を望む

700人が泊まれる室堂の小屋


宿泊棟は4棟に分かれていた
新しくはないけど小奇麗で快適な小屋だった

白山奥宮
お参りをしてかわいいお守りを購入

山頂へと続く白山登拝道
山頂は近そうだけど結構のぼりは大変

おかずいっぱいの夕食

室堂平のクロユリのお花畑は見事

夕日に照らされた満開のコバイケイソウ

雲海の上の別世界

どっしりと美しい別山がすっきり姿を現した









下界を覆う雲海が美しい

別山にかかる滝雲

Next Page  Flowers of Hakusan

BACK
直線上に配置