甲武信ヶ岳
(2010年10月23日〜24日)

登る機会を心待ちにしていた甲武信ヶ岳
今年こそはと夏から日程を確保し
ちょっと遅めかもしれないと思いながらも 秋山を楽しみにでかけた

標高1500mあたりの紅葉が身頃で 特にカエデ類の紅葉・黄葉が美しく
澄み渡った高い秋空の下の山々の展望は遠望もきいて文句なし!
ちょっとハードな登りルートも雁坂峠への縦走も充実感が高く
大満足の秋山山行となった

<コース>
西沢渓谷入口〜近丸新道〜戸渡尾根〜木賊山(2469)〜甲武信小屋
〜甲武信ヶ岳〜 甲武信小屋(泊)〜賽ノ河原〜西破風山(2318)
〜東破風山〜雁坂嶺(2289)〜雁坂峠〜ナメラ沢入口〜西沢渓谷入口
 
Day1  Day2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
西沢渓谷入口〜近丸新道〜戸渡尾根


すっきり秋晴れの土曜日、塩山からの増発バスで西沢渓谷へ
色づき始めた木々が青空に映えて美しい
大半の人が西沢渓谷散策に向かうなか、10時半過ぎに甲武信ヶ岳への長い登りにとり付いた

近丸新道入口
戸渡尾根との合流までに逢ったのはたったの2人!


カラマツ林を抜け
トラバース気味にゆるく登っていく


小さな板橋でヌク沢を渡る
ルートがちょっとわかりづらい

ヌク沢

この先からはヤセ尾根のなが〜い急登
紅葉・黄葉を励みに、一歩一歩
ガンバって登る!

レモン色のコシアブラの黄葉ってホント素敵♪

コミネカエデの赤も映える

色とりどり

アズマシャクナゲのトンネル!(標高1700m付近)
  
ウリハダカエデ、ミツバツツジ、コミネカエデなどなど、紅葉真っ盛りな道
落葉樹の森からシャクナゲの森に変わるころ、木々の間から富士山や広瀬湖も見えてきた!



戸渡尾根〜木賊山(2469)〜甲武信小屋

登山口からちょうど2時間で
徳ちゃん新道との合流地点に着いた
ここでしばし、ランチ休憩〜

木賊山はまだまだ遠く、まだまだはるか上〜
針葉樹とシャクナゲの中の急登を
ヒタスラ登る・・

奥秩父らしい樹林帯〜
苔むした林床もいい雰囲気だった

振り返ると富士山!
この時間でもすっきりくっきり
素晴らしい〜

木賊山まであと一息のところにある崩壊地の上は、疲れも吹き飛ぶすばらしい展望地
雲海の上に大菩薩や富士山が美しく浮かび上がり、はるか眼下には広瀬湖。よく登ってきた!


崩壊地からひと登りで樹林帯に入り
まもなく木賊山山頂に到着!午後3時。

木賊山の先で目の前にど〜んと
きれいな三角の甲武信ヶ岳が姿を現した

南北アルプスや八ヶ岳
槍穂までくっきり見えて感激!


3時15分、甲武信小屋に到着!
思ったより早く着いて一安心

受付しながら美味しくお茶をいただいて
荷物を置いて身軽になったら
甲武信ヶ岳を往復



甲武信小屋〜甲武信ヶ岳(2475m)〜甲武信小屋

ひこうきぐも

富士山はやっぱりきれい

木賊山

雲海に浮かぶ
 

左から北奥千丈岳・国師ヶ岳〜金峰山〜小川山
奥には南・中央アルプスや八ヶ岳

甲武信ヶ岳山頂!
特に西方向の展望が素晴らしい!


click!


手前は朝日岳・金峰山
奥は左に北岳&間ノ岳、右に仙丈&甲斐駒
更に奥には中央アルプス






日光連山、その左には燧ヶ岳まで見えていた


北アルプス〜妙高〜浅間山方面



戸隠・妙高〜浅間山



八ヶ岳


槍・穂高もくっきり


八ヶ岳(権現岳〜赤岳)

奥多摩・雲取山方面



小屋の夕食はカレー
辛いけど体が温まり美味しかった
食後のDVD&スライドショータイムも楽しめた
7時半頃には早々就寝・・・

 
Day1  Day2

BACK
直線上に配置