鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
(2009年9月26日〜28日)

当初はシルバーウィークに計画していた今回の山行。出かける前から渋滞予測にうんざりして
一週間ずらした9月末に長年気になっていた鹿島槍ヶ岳へと出かけた

今年は紅葉が早く、稜線から柏原新道にかけての紅葉がちょうどピーク!!
北アルプスの紅葉をちゃんとみたのは初めてで、素晴らしさに感激♪
お天気もまずまずで、剱岳・立山はもちろん、八ヶ岳や槍ヶ岳なども望むことができた

人が少なく小屋も空いていて、写真をとりながらののんびりマイペース山行、楽しかった!


コース: 扇沢〜柏原新道〜種池山荘〜爺ヶ岳(2669.8)〜冷池山荘
〜布引山(2683)〜鹿島槍ヶ岳(南峰)〜北峰(往復)
 
Day1  Day2  Day3

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
扇沢(柏原新道登山口)〜種池山荘


東京を7時に出発。シルバーウィーク明けのためか、たいした混雑もなく扇沢まできわめて順調
柏原新道登山口のすぐ横の駐車スペースはさすがに埋まっていたので、
スノーシェッドの先のスペースに車を停め、11時過ぎに歩き始めた

柏原新道登山口の入口
緑色の鉄橋の脇から登山道が始まる

晴れているけど山の上はガスの中・・・

登山口付近ではヤマウルシがいち早く紅葉していた
赤に黄色と鮮やかさは格別!

急登が続く中で
大町方面の展望にほっと一息

カエデ類やミズナラ、ブナの混じる急登の先は
いい雰囲気の針葉樹林となった

自然の芸術!


車でいっぱいの扇沢の駐車場が見えた


わ〜い、オヤマリンドウがまだ咲いていた!

ケルンをすぎた辺りから木々の色づきがよくなる
写真を撮ってると降りてきた人から
”上はもっといいよ〜”と嬉しい声!

ツルリンドウの実がかわいらしい

ハクサンオミナエシが一株だけ、咲き残っていた


赤、橙、黄・・・
ナナカマド、ムシカリ、コシアブラ、クロマメノキ、ダケカンバ、ミネカエデ、ネコシデ・・・

  




石畳付近


ツツジの仲間の紅葉は色が独特








標高2000m付近からは見事な紅葉・黄葉に包まれたプロムナードとなった
稜線のガスも晴れてきて、青空も顔を出した

素晴らしい黄葉を楽しみながら、小屋までの道を楽しんだ




  


水平道付近




草本も黄葉〜

ゴマナがまだ咲いていた

ヤマハハコは稜線でもたくさん見られた

スポットライトを浴びて・・・






種池山荘

柏原新道はとても登り易く、ずいぶん道草したのもかかわらず、ほぼコースタイム通りに山荘に到着
受付を済ませて荷物を置き一息をついたら、夕食までの間、小屋の周辺を散歩
途中でガスが晴れてきて、日没前には眼下に美しい山々のシルエットと美しい雲海が広がった

種池山荘に到着〜
周りは一面のチングルマの紅葉!

8組お布団のある部屋に4人とゆったり〜
小屋全体でも宿泊者は30人ほどだった


やった〜ガスが晴れてきた!
爺ヶ岳が見えてきて
みんな一斉に外に飛び出してきた




ハイマツの下のシラタマノキの実がかわいらしかった
 
ガスの合間に鹿島槍ヶ岳がちらっと見え隠れしていたので、
爺ヶ岳への登山道をしばらく登ったガレた斜面に一人座りこみ、ガスよ晴れろ〜と願いつつ
めまぐるしく動く雲の動きに魅入られているうちに、鹿島槍ヶ岳も見えてきた!

右は爺ヶ岳北峰方面、紅葉が彩る斜面を傾いた日が照らし出した

   
小さな種池に青空と紅葉が映る




岩小屋沢岳

シシウドの紅葉は紫色

日没前、針ノ木岳も姿を見せてくれた
雲海に見とれているうちに、日没(5時半)に・・・



5時半から夕食
食後は天気予報を見たり談話室の本を読んだりして
8時前には就寝・・・
Day1  Day2  Day3

BACK

直線上に配置