笠ヶ岳 2897.5m
(2009年8月28日〜30日)

天候不順の続いた今年の夏
8月の終わりになってようやく夏山に出かけることができた

雨にも降られたけど笠ヶ岳山頂からはすばらしい展望も楽しめ
かわいい雷鳥たちにも逢えて大満足!
楽しい仲間にも感謝!


Day1: 新穂高〜わさび平〜鏡平山荘(泊)


東京は晴れていたけど新穂高は曇り空
10時半ごろ歩き始め、雨が降り出す前、15時すぎには鏡平山荘に到着
ガスの中で鏡平からの展望は望めず・・・
でも真新しい山荘は快適で、生ビールも美味しかった

秋色のミズキ@ワサビ平

左俣谷方面を振り返って

霧の中のお花畑@シシウドヶ原付近


チングルマとオヤマリンドウ



鏡平ノ池




鏡平山荘


Day2: 鏡平山荘〜弓折岳(2588.4)〜抜戸岳〜笠ヶ岳山荘〜笠ヶ岳〜笠ヶ岳山荘(泊)

雨は夜通し降り続き、出発時にもやんではくれず・・・雨の中、笠ヶ岳に向けて登り始める
一時強まった雨も徐々に小降りとなり、いつしかやんでガスのみの雷鳥日和!?に・・・

夏の終わりとはいえ、高山植物の花もまだまだたくさん咲いていて、目を楽しませてくれた

トリカブトの色が鮮やか

ウサギギクがまだたくさん咲いていた

ハクサンイチゲもまだ咲いていた!

トガクシコゴメグサ


雷鳥いっぱい!
かわいらしい雛鳥&幼鳥も見られた



幼鳥

タカネマツムシソウ


笠ヶ岳山荘〜笠ヶ岳

正午前に笠ヶ岳山荘に到着
美味しいランチの後は小屋の裏手の岩塊斜面をひと登りして、2897mの笠ヶ岳山頂へ
山頂はガスの中だけど寒くもなく、登ってくる人は少なく静か。

ガスの晴れ間に一喜一憂しながら待ち続けること3時間・・・
16時すぎ、ついに槍・穂高が姿を現してくれた!

朝の雨を考えると信じられない天候の回復にみんなでおおはしゃぎ!
ブロッケンまで見られて、山頂で贅沢な時間をすごせた

笠ヶ岳山荘

オープンサンドのおいしいランチ♪

笠ヶ岳山頂

山頂の祠

太陽がのぞきはじめる・・・

日が射しはじめるとリンドウも開き始めた

祠の脇に可憐に咲いてたトウヤクリンドウ

山頂で待つこと1時間半・・・
徐々にガスが上がって周りが見えてきた!(14:50頃)

色鮮やか〜

ついに槍ヶ岳が見えた!(16:00頃)

笠ヶ岳山頂

歩いてきた稜線が見渡せた!
抜戸岳と槍ヶ岳
   
槍穂方面にブロッケン現象が出現!(16:10)
     


click to enlarge

click to enlarge

槍ヶ岳

北穂高岳〜奥穂高岳〜西穂高岳


夕食後に小屋の裏手の小笠に登ってみた
なんと立山黒部の山々まで見渡せた!

裾野のきれいな黒部五郎岳
左から北ノ又岳、黒部五郎岳、薬師岳・・・

立山・剱岳まで見えた
その手前は赤牛岳と憧れの雲の平


水晶岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、双六岳・・・


西側は雲海・・・

遠く燕岳方面の稜線まで見えた

笠ヶ岳山頂


Day3: 笠ヶ岳山荘〜抜戸分岐〜笠新道〜わさび平〜新穂高

再び真っ白いガスの中で迎えた笠ヶ岳山荘の朝
ゆっくり起きて準備して、6時すぎに下山を開始。
新穂高温泉までは標高差1700m!
笠新道の長〜い下りを経て、11時過ぎにはワサビ平に到着


朝日に輝くチングルマ

ガスが晴れて気持ちのいい稜線の道

笠新道分岐

杓子平のカールの底へと下る

コバイケイソウの黄葉に彩られた杓子平

花と露岩の美しい杓子平

サラシナショウマやトリカブトのお花畑を下る

雲海が覆う新穂高の谷間

アザミ類がきれいに咲いていた


ゴゼンタチバナも実りの季節



ブナやサワグルミが美しい林道

気持ちのよいブナ林に入ると林道まであと少し


ワサビ平で生ビールで乾杯!美味しかった!



直線上に配置