春の新潟・弥彦の旅
2013/4/13〜4/14

美しい北国の春、スプリングエフェメラルに逢いたくて
4月半ばの週末を利用して新潟県の弥彦村周辺を訪れた

桜はまだ三分〜五分咲きだったけれど、山の上では春のお花が真っ盛り!
山の斜面を覆い尽くすように咲き乱れる
カタクリやオオミスミソウの美しさにはただただうっとり
夢心地で角田山と弥彦山のハイキングを楽しんだ

安定した晴天にも恵まれて
期待通りたくさんの春の妖精達とたっぷり戯れることができ
遠出した甲斐のある幸せな2日間だった

Day1 Day2

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
角田山

自宅から3時間足らずの電車の旅で、静かな燕三条の駅に降り立った
さっそくレンタカーを借りて、日本海に面した弥彦連山の一番北に位置する角田山へ
朝は少し雲が多かったけれど、予報どおり次第に青空が広がり
爽やかな空気も心地よく、窓の風を楽しみながら約1時間のドライブで、登山口に到着


<浦浜コース>
7本ある登山ルートのうち、上りは海を背に上る浦浜コースを利用
海を左に見ながら急な階段を登った先で、コースは東に折れ、山頂まであとは快適な尾根道歩き
山頂までほぼ途切れることのないカタクリの大群落の中を進む夢のようなプロムナード
こんな大規模なカタクリの群落を見るのは初めてで、ひとりでおおはしゃぎ
結局山頂までは2時間がかりとなってしまったけど、ホント素敵だった〜

なかなかの秀峰、弥彦山

こっちが目指す角田山

浦浜コースの登山口、最初ちょっとだけ植林帯(11:05)

日本海側で見られるツバキはユキツバキ

スポットライトに照らされたヤマネコノメソウ

けっこういきなり急登、階段が高くてちょっと大変(^^;

左に日本海を眺めながら階段をよじ登る

光線の具合も良く、海の色がとってもきれい

きれいに折りたたまれているなあ〜

オオタチツボスミレ、群生するとこれも見事
 
スプリングエフェメラル、あなたに逢いたくてはるばるやってきました
  
左:カタクリでピンクに染まる斜面、 中央:クスサンの繭、サナギの抜け殻もきれいに残ってるのはちょっと珍しいかも
右:日本海植生、ヒメアオキは花盛り、宝石のような赤い実もきれいだった

初めて出会えた花、ミチノクエンゴサク
青〜紫と変異のあるお花が好きだな〜

トキワイカリソウも群生
イカリソウは葉っぱもかわいい

咲き始めのヒトリシズカ
お姫様の人形みたい

明るく気持ちの良い尾根道
ふり返ると木々の間に青い日本海

気持ちがいい散歩道


またひとつ、大好きなスプリングエフェメラルに逢えた
キクザキイチリンソウ
  
右はちょっとめずらしい?ナガハシスミレ、別名のテングスミレに納得〜

右も左もこんな感じ!

遠くにうっすら見える佐渡、次はあそこに行ってみたい〜

ヤナギのお花
ふさふさ気持ちよさそう!?

ようやく五ヶ峠コースの分岐点(12:30) お腹すいたけど
山頂まだ遠い・・・帰りはここから五ヶ峠コースを下った

カタクリ、カタクリ、どこまでもカタクリ♪
葉っぱも花も大きく元気いっぱいの株が多い

木々の間に日本海が見え隠れ
ただし途中に視界がきれいに開ける場所はなし

アブラチャンの花、まるで蝋細工

青空をバックに満開のアブラチャン


<角田山:481.7m>
山頂近くになったら団体さんがいたこともあって急に人が増えて静けさはどこへ・・・
角田山の山頂はとてもなだらかで広く、芝生園地のように整備されすぎなのだけちょっと残念、でも広々気持ちがいい

角田山山頂!なだらかすぎてこれがないと
どこが頂上だかよくわからない


ナニワズ

ひろ〜い山頂
ずいぶんたくさんの人がいて驚いた
片隅のベンチで遅いランチタイム


ダンコウバイ


<五ヶ峠コース>
駐車場に戻るバスの時間があったので、30分ほどの滞在で下山を開始
途中までは往路と同じ道だけど、この分岐点までの比較的なだらかな尾根道が雪融け水?でドロドロで
滑るは靴は泥団子にまみれるは、と大変な思いをした・・・

下り途中では、ユキワリソウ(オオミスミソウ)のきれいな株にも出逢えてまた感激〜
素敵な春の妖精たちにうっとりしながらの道草三昧だったけれど
どうにか予定通り15:01の周遊バスに間に合って、浦浜の駐車場へと戻った




こんもりした角田山の山頂をのぞむ

かわいい芽吹き

オクチョウジザクラ?

美しい妖精たち

ぜ〜んぶカタクリ

日本海
★角田山のオオミスミソウぎゃらりー★
  
  
  

緑の森の宝石、ヒメアオキ

周遊バス(160円)、助かりました



<おまけ>

まだ時間が早かったので寺泊まで行ってみることにして日本海沿いを南下
新鮮なお魚がとても安いのに、翌日があるので生ものを買うわけにもいかず、残念無念・・・
弥彦連山の南の端にある国上山の中腹にある朝日山展望台に立ち寄り後、夕暮れ時の弥彦スカイラインをドライブ
岩室温泉の立ち寄り湯で汗を流し、燕三条のホテルへ
夕食は駅近くの居酒屋さんで、美味しい地酒と海鮮や郷土料理を楽しんで、満足〜!

日本海を見ながら車で30分、寺泊へと南下

寺泊の「魚のアメ横」、買物客で大賑わい

海産物がいっぱい、生物が買えなくて残念〜

ベニズワイ、安い!食べた〜い

大河津分水路と守門岳
雪山が見えるって羨ましいな〜

大河津分水路は、信濃川の水害から越後平野を守るために
明治〜大正にかけて作られた分水路

国上山の朝日山展望台からの展望

弥彦スカイラインより、寺泊方面

一日晴天をありがとう、明日もよろしく〜

   
やっぱり新潟は日本酒が美味♪新鮮な海の幸と越乃景虎に舌鼓〜

Day1 Day2

BACK
直線上に配置