八ヶ岳(硫黄岳&天狗岳)
2012/10/7-8

体育の日の連休を利用して秋の八ヶ岳へ
苔むした原生林を彩る見頃を迎えた紅葉が目を楽しませてくれる中
桜平から硫黄岳、天狗岳と手軽な周遊コースを2日かけてゆっくり歩いた

<コース>
Day1: 桜平〜オーレン小屋〜峰ノ松目〜赤岩ノ頭〜硫黄岳〜夏沢峠〜本沢温泉(泊)
Day2: 本沢温泉〜白砂新道〜天狗岳〜根石岳〜オーレン小屋〜桜平

翌日へ

桜平〜夏沢鉱泉〜オーレン小屋

三連休初日の夕方、東京を後に佐久経由で登山口となる桜平へ向かい車中泊
夜の間降り続いた雨は上がってくれたけど、霧が出てしまいちょっと薄暗い中、ゆっくりスタートで出発
カツラの黄葉とオガラバナの紅葉がきれいな沢沿いの林道を夏沢鉱泉へ
ナナカマドやコミネカエデの紅葉も楽しみながら、ゆっくり2時間弱でオーレン小屋に到着した

朝の桜平
車中泊して外を見たら車がいっぱい・・・

夏沢鉱泉の紅葉
見事!

色づいたカエデやナナカマドがきれい

オーレン小屋までの区間にはカツラも多く
黄金色のカツラの黄葉が素晴らしかった



イナバウアー?

小さな世界も面白い

真っ赤なナナカマド

オーレン小屋の手前、気持ちのよい八ヶ岳らしい森・・・

オーレン小屋の裏手、ナナカマドが真っ赤に紅葉していた



オーレン小屋〜峰ノ松目(2567.3m)

居心地の良いオーレン小屋前を後に、峰ノ松目を目指した
岩が多く少し歩きづらいシラビソの森の中を登ること30分、峰ノ松目コルに到着
カモシカとの嬉しい出逢い!
峰ノ松目までは、木の根につかまりながらのかなり滑りやすい急登だった

天狗岳・硫黄岳・峰ノ松目への分岐点にあるオーレン小屋
展望風呂付きの小奇麗な小屋、一度泊まってみたいな

峰ノ松目へと向かう道
シラビソ・コメツガの森に苔むした林床が美しい

真っ白くてきれいなきのこ


カモシカに遭遇!
登山道の10mほど右にじ〜っと座り込んでいたので
じっくり観察できてラッキー♪

峰ノ松目への急登より
振り返って望む硫黄岳

昔は眺めが良かったのかな?
今は展望のない静かな山頂



峰ノ松目〜赤岩ノ頭(2656m)〜硫黄岳(2760m)

赤岩ノ頭までは傾斜もきつくない樹林帯の中の快適な尾根道
苔むした森の雰囲気がとても素敵で、ダケカンバやナナカマドの色鮮やかな紅葉も楽しめた

森林限界を超えると素晴らしい眺めが広がり
ウラシマツツジやゴゼンタチバナの草紅葉も良かった
でも赤岩ノ頭の先で昼食中にガスが山頂を隠してしまい硫黄岳はまたも真っ白霧の中・・・残念無念!

天狗岳を遠望

雰囲気の良い尾根道


森林限界を超えると、素晴らしい眺めが広がった!

硫黄岳

天狗岳とダケカンバの黄葉

硫黄岳(赤岩ノ頭付近より)

赤岩ノ頭

ウラシマツツジの紅葉



硫黄岳(2760m)〜夏沢峠〜本沢温泉

ガスが晴れる気配もないため諦めて本沢温泉へと下山を開始
硫黄岳の北側は、一面の岩屑斜面
夏沢峠付近は紅葉真っ盛りで、ナナカマド、ダケカンバ、ミネザクラなどの紅葉が素晴らしく
立ち止まってばかりいたので、本沢温泉には予定より大分遅い16時前にようやく到着した

硫黄岳の山頂は真っ白・・・
ちょと悔しいけど、また来る楽しみに!

記憶に新しい夏沢峠への道
霧の中ではケルンがいい目印になる

ダケカンバの黄葉が見事!

カラフル〜!

ミネザクラの紅葉も色鮮やか!



14:40、夏沢峠に到着

本沢温泉までの区間の紅葉も美しく、立ち止まってばかり

森の中の宝石、マイヅルソウ

落ち葉も芸術!

新鮮きのこ

シラタマノキ

本沢温泉付近の紅葉



いい色!

コオウゴケ(ハナゴケ属)
硫黄泉地帯に生えるコケで、赤い子器が目立つ



本沢温泉

チェックイン後、散歩がてら
宿から5分ほど登ったところにある露天風呂まで往復
露天風呂に入れないのはとっても残念・・・

でも掛け流しの内湯もとても気持ちが良く
翌日の出発までにしっかり3度も入浴し、秘湯を満喫!!
泊まれてよかった♪

 
昭和28年築と書いてある別館の個室に宿泊
この雰囲気、味があってとっても素敵〜

1000円増しでこの広い個室が使えるのは嬉しい
静かで快適、個室にして大正解
 

本沢温泉の夕食はおかずの種類も多く
テーブル毎に出てきた暖かい鍋いっぱいのつみれ汁が
とても美味しかった

少し鉄っぽい香りのする濁り湯の内湯は泉質も良く
ゆっくり温まってお布団へ
気持ちよ〜く熟睡できた

翌日へ BACK
直線上に配置