今倉山〜松山〜道志二十六夜山
2013/11/24

風もなく穏やかですっきりとした秋晴れに恵まれた日曜日
早起きして何年か前からずっと心の中で温めていたとっておき?のコースを歩きに出かけた

コースの大半が明るい落葉樹の森ということもあって、気分よく3つの山を縦走
落ち葉をかさこそ踏みしめながら歩く初冬の山道の雰囲気を満喫
新雪がまぶしい富士山や南アルプスの絶景にみとれた充実の山行のあとには
麓の温泉にゆっくりつかって疲れを癒すおまけつき

季節を変えてまた歩いてみたくなる期待以上に素敵な
やっぱり”とっておき”と言えるコースで、とっても幸せな山行が楽しめた


道坂トンネル〜今倉山(東峰)〜御座入山(西峰)〜西ヶ原〜松山U赤岩)〜道志二十六夜山〜芭蕉月待ちの湯
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<道坂トンネル〜今倉山(東峰)>

都留市駅を9:10に出たバスは、澄んだ青空にカラマツの黄葉が美しい坂道をぐいぐいとのぼり
30分ほどで終点の道坂トンネル(標高980m)に到着
去年の初夏に御正体山へ登ったことを懐かしく思い出しながら、トンネル脇から登山をスタート
15分ほどで今倉山・御正体山の分岐に出ると、そこからは今倉山の頂上まで明るい尾根道の直登

かなり急な道を落ち葉を踏みしめながら一歩一歩のぼっていくと
木々の間に南アルプスの白い峰々、そして御正体山の背後には富士山が見えてきて
いやがうえにも期待が高まる中、まもなく静かな今倉山の山頂に到着した

バス終点の道坂トンネル脇に登山口

見上げると秋

カラマツの黄葉、青空を背景にきれい!

秋の実りも青空バックに映える

明るい尾根道いい気分

聖岳・赤石岳・荒川三山くっきり!

愛鷹山や箱根、遠くに伊豆半島の山並みも見えた

今倉山1470mは本日の最高地点



今倉山(東峰)〜御座入山(西峰)〜西ヶ原〜松山(赤岩)>

今倉山の山頂から道志二十六夜山までは尾根をたどる楽しい散歩道♪
部分的にモミやツガの森があったけれど、それ以外は明るい広葉樹の森なのが嬉しい
西峰の先で富士山や南アの絶景を楽しんだら、いったんやせ尾根を下り鞍部にある西ヶ原へ
そこから太くて立派なブナやミズナラの見られる森をのぼりかえしたところが
この日一番の展望地、松山の山頂

そこからの遮るもののない360度の眺めは期待以上!!
南にはどっしり富士山が大きく、西には南アルプスの高嶺がずらり、八ヶ岳の左には北アルプスもうっすらだけど見えていた
北には奥秩父〜奥多摩の峰々が連なり、東〜南東には箱根や伊豆半島の山までのぞむことができた

ポカポカ陽気の下、山頂の岩の上に陣取って
素晴らしいパノラマを満喫しながらランチタイムをゆっくり楽しんだ

木陰の落ち葉は霜で真っ白

雪化粧が美しい富士山にうっとり

御正体山の向こうに富士山

太くて立派なブナにもうっとり

松山(赤岩)山頂 1428m


山頂からの展望は360度!

奥多摩〜今倉山〜丹沢〜箱根〜愛鷹山方面

箱根〜富士山〜南ア〜八ヶ岳方面




カラマツの黄葉が彩る眼下の斜面

塩見岳・白根三山・甲斐駒

聖岳・赤石岳・荒川三山

富士山は雪化粧が似合う



松山〜道志二十六夜山〜芭蕉月待ちの湯>

松山からも快適な尾根道は続いて、ザクザクと落ち葉をふみしめながらゆるく斜面を下っていき
林道を横断して軽くのぼり返したところが3つ目のピーク、道志二十六夜山の山頂だった
真正面に見える富士山とともに、雲取山など奥多摩方面の展望もすてきだった

二十六夜山からは、落ち葉が深く積もった北斜面を駆け降りるように一気に下り
仙人水という水場を過ぎて谷間に出ると、あとは沢沿いを下る道となりまもなく登山道は終了

舗装道をさらに20分ほど歩いて、日帰り温泉施設「芭蕉月待ちの湯」に到着
山から温泉に直行できるのがこのコースの大きな魅力のひとつ
ゆっくり温泉につかり、満足度が高かったこの日の楽しい山旅をしめくくった

明るい尾根道歩きが続く楽しいコース

ツツジの黄葉、いい色!

林道の上からの眺め、右が道志二十六夜山

道志二十六夜山の山頂(1297m)

奥多摩方面もきれいに見えた
   
            秋色に美しく染まる森にうっとり                           仙人水、おいしかった!    
   
矢多沢&沢沿いの紅葉

紅葉したクジャクシダ、グラデーションが素敵

芭蕉月待ちの湯、いい湯でした
BACK
直線上に配置