櫛形山 2053m
2014/7

甲府盆地の西にどっしり大きな山容を見せる櫛形山
かつてはアヤメの大群生地として有名な花の山だったけれど
近年はご多分に漏れず、鹿の食害の影響が大きく、見られるのはシカが食べない植物ばかり・・・

でもサルオガセがからむコメツガ、シラビソの原生林の幽玄な雰囲気はなかなかのもの
風格ある天然カラマツやダケカンバの大木など森の雰囲気は素敵な山だった
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
池の茶屋登山口〜桜峠〜頂上(三角点)〜櫛形山(2002)〜バラボタン平〜
裸山〜アヤメ平分岐〜バラボタン平ら〜櫛形山〜三角点〜桜峠〜登山口
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

シカが食べないハリブキ元気

オオヤマフスマ
草地にたくさん咲いていた

霧の中の尾根道、いい雰囲気


キバナノヤマオダマキ

クサタチバナが咲いていた

標高2053mの櫛形山山頂

アヤメ一輪、ひっそりと 
どうか鹿に食べられませんように・・・


ダケカンバの大木

シロバナノヘビイチゴ

裸山下の保護柵の中のアヤメ
かつてはこんな景色が一面に広がっていたのかな

テガタチドリ、キバナノヤマオダマキ、クガイソウ、
グンナイフウロなどいろいろ咲いていた

鹿よけの柵の中だけが
お花が生き残れる場所・・・

青空!(束の間の・・・)

木漏れ日に照らされた森が素敵

森の散歩道♪

どの木にも見事なサルオガセが見られた

推定樹齢300年の天然カラマツ
(幹回り8.1m、樹高25m)

タニギキョウ


櫛形山山頂の天然カラマツ

BACK
直線上に配置