政治哲学研究会                                        レオ・シュトラウス

ホーム
 
*******************

Y・Ishizaki Home

*******************

『政治哲学』

 

研究会報告5-8関西

 

研究会報告5-8東京

 

第11回政治哲学研究会 

第12回政治哲学研究会

第14回政治哲学研究会

第15回政治哲学研究会

第17回政治哲学研究会

第18回政治哲学研究会

第26回政治哲学研究会

第27回政治哲学研究会

第28回政治哲学研究会

第35回政治哲学研究会

Twitter

 *****************

現代思潮新社版

 『僭主政治について』

 

*******************

           Links

*******************

 ナカニシヤ

 現代思潮社

   Interpretation

   Leo Strauss Center, U. of Chicago

   L. S. Center, Strauss's Thought

 

   『リベラリズム古代と近代』

      朝日               讀賣

  

   The Power of Nightmares

 


Yahoo!ジオシティーズ

政治哲学研究会

レオ・シュトラウス(1899-1973)


21世紀われわれはハイデガーを越えることはできるか?

誰がポストモダン的地平にあって行く手を照らしだすのか?

それはフーコーでもデリダでもない。

 

来るべき時代の「善き人間的生」のために

 

 

====================================================================

 

The 35th Conference on Political

 

Philosophy

 

Kokushikan University, September 16, 2017

 

35回政治哲学研究会

 

2017916日(土)10:0018:00

会場:国士舘大学 世田谷キャンパス 6号館6104教室

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

https://www.kokushikan.ac.jp/access/setagaya/

――研究報告プログラム――

10001010 開会挨拶と参加者自己紹介

10101110 司会 山内 廣隆(安田女子大学)

太田 浩之 一橋大学大学院博士後期課程

アダム・スミスにおける法・政策批判と「自然」

討論者 石崎 嘉彦(大和大学)

 

11101210 司会 高山 守(東京大学名誉教授)

硲 智樹 広島大学

和辻とヘーゲル()

討論者 大河内 泰樹(一橋大学)

昼食(12:1013:10

13101420 司会 谷澤正嗣(早稲田大学)

合評会 田中将人著『ロールズの政治哲学』(風行社、2017年)

山岡 龍一 放送大学

田中将人氏『ロールズの政治哲学』について

田中 将人 高崎経済大学・拓殖大学・早稲田大学非常勤講師

山岡氏の批評に答える

休憩(14:2014:30

14301730 司会 杉田 孝夫(お茶の水女子大学)

           石崎 嘉彦(大和大学)

共同討議 飯島昇藏の政治哲学について

提題者

厚見 恵一郎 早稲田大学

面 一也 早稲田大学非常勤講師

近藤 和貴 拓殖大学

関口 佐紀 日本学術振興会研究員・早稲田大学DC

中金 聡 国士舘大学

西永 亮 小樽商科大学

村田 玲 青山学院女子短大非常勤講師

 

17301750 研究会打ち合わせ

連絡先:石崎嘉彦  E-mail: yishiz@nifty.com

===================================

 

The 34th Conference on Political Philosophy

Takushoku University, July 26, 2017

34回政治哲学研究会

2017726日(水)16:0018:00

会場:拓殖大学 文京キャンパス A3階の第二会議室

112-8585 東京都文京区小日向3-4-14
東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩3

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.takushoku-u.ac.jp/access.html


――スーザン・シェル教授 講演会――

16:0018:00   

司会 近藤和貴(拓殖大学・政経学部・准教授)

講師:スーザン・シェル教授 (Susan Shell,Boston College)

講演題目:The Leo Strauss-Gerhard Kruger Correspondence [1928-1968]

(「レオ・シュトラウス?ゲアハルト・クリューガー往復書簡[1928-1968]」)

通訳:大橋政仁氏(Boston College)

 

  スーザン・シェル教授 プロフィール: Susan Shell (Ph.D., Harvard University) is professor of political science at Boston College. She is the author of Kant and the Limits of Autonomy (Harvard University Press, 2009), The Embodiment of Reason: Kant on Spirit, Generation and Community (University of Chicago Press, (1996), The Rights of Reason: A Study of Kant's Philosophy and Politics (University of Toronto Press, 1980). She is also the co-editor (with Robert Faulkner) of America at Risk: Threats to Liberal Self-Government in an Age of Uncertainty (University of Michigan Press, 2009). She has also written on Rousseau, German Idealism, and selected areas of public policy. She has been a Visiting Professor at Harvard University, and received fellowships from The National Endowment for the Humanities, The American Council of Learned Societies, The Bradley Foundation, the Deutsche Akademische Austauschdienst and the Radcliffe Institute. She is currently Chair of the Department of Political Science. (cf. http://www.bc.edu/schools/cas/polisci/facstaff/shell.html)

 

ゲアハルト・クリューガー(Gerhard Kruger)については、シュトラウスが、『ホッブズの政治学(Hobbes’ Politische Wissenschaft)』のIVの注46において、「クリューガーは、デカルトの「高邁(generosite)」の教理との関わりで大度(magnanimity)の概念史を研究した」と紹介した人物として知られている。また、同じ書物のドイツ語版序文でシュトラウスは、1930年刊の『スピノザの宗教批判(Die Religionskritik Spinozas)』に対するクリューガーの書評を「私の意図と結論を私自身が理解したよりいっそう明快に言い表してくれた」書評であると述べて称賛している。クリューガーのその書評Review of Leo Strauss’ Die Religionskritik Spinozas als Grundlage seiner Bibelwissenschaft, は、雑誌Independent Journal of Philosophy, Vol.5/6, 1988に、Donald J. Maletzによる英訳版が掲載されている(この英訳版コピーを希望の方は、下記石崎メールまで宛先を明記して申し出てください)。また、Strauss-Kruger Korrespondenzは、Leo Strauss Gesammelte Schriften Bd.3, 377-45446通が収められている。このうち、第20, 23, 24, 26, 29, 32, 36, 40, 44の番号の書簡がクリューガーからシュトラウスに宛てられたものである。

 

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先:石崎嘉彦  E-mail: yishiz@nifty.com

 

=====================================================================

 

The 33rd Conference on Political Philosophy

Ochanomizu University, March 5, 2017

33回政治哲学研究会

201735日(日)10:0018:00

会場:お茶の水女子大学 本館1103室 生活科学部会議室

112-0012  東京都文京区大塚2丁目1?

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
――研究報告プログラム――

10:0010:10  開会挨拶 石崎 嘉彦(大和大学)

10:1012:30  司会 杉田 孝夫(お茶の水女子大学)

村田玲『喜劇の誕生―マキァヴェッリの文芸諸作品と政治哲学』書評

村田 玲  青山学院短期大学

マキァヴェッリの独創性について

 

石黒 盛久  金沢大学

村田玲著『喜劇の誕生』を評す

 

厚見 恵一郎  早稲田大学

村田玲著『喜劇の誕生』をめぐって

 

石崎 嘉彦  大和大学

『喜劇の誕生』刊行に寄せて――Political Scienceの成立という視点から

昼食(12:3013:30

13:3014:30  司会 高田 純(札幌大学)

佐藤 貴史   北海学園大学

シュトラウスとシュミット

討論者 西永 (小樽商科大学)

 

14:4015:40  司会 近藤 和貴(拓殖大学)

金澤 洋隆   京都府立医科大学

ポストモダンにおける人間的自然本性の危機

ゴルギアス編におけるカリクレスとソクラテス、そしてシュトラウス的自然理解を通じて

討論者 宮崎 文典(埼玉大学)

 

15:5016:50  司会 中金 聡(国士舘大学)

藤森 寛  同志社大学

ジョン・ロールズの重なり合う同意の観念について

討論者 一也(早稲田大学)

 

17:0018:00  司会 小川 侃(京都大学名誉教授)

山内 廣隆  安田女子大学

二つの君主論――ヘーゲルと西晋一郎

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先:石崎嘉彦  E-mail: yishiz@nifty.com

 

===============================

 

The 32nd Conference on Political Philosophy

Tohoku Gakuin University, August 25, 2016

 

32回政治哲学研究会

2016825日(木)10:3017:30

会場:東北学院大学土樋キャンパス5号館3階531教室

980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3?

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/access/tsuchitoi.html
共催:第1回共生社会経済学科研究会

 

――研究報告プログラム――

10:3011:00  開会挨拶 山内 廣隆(安田女子大学)

 

11:0012:00  司会 硲 智樹(広島大学)

坂井 礼文 京都外国語大学非常勤講師

コジェーヴにおける「無神論と国家」あるいは「哲学と政治」について

討論者 高田 純(札幌大学)

昼食(12:0013:10

13:1014:10  司会 西永 (小樽商科大学)

押谷 健 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程

Scanlon’s Contractualism and “One Thought Too Many”(仮題)

討論者 藤森 寛(同志社大学文学部嘱託講師)

 

14:1015:10  司会 三浦 隆宏(椙山女学園大学)

濱井 潤也 新浜工業高等専門学校准教授

人格とアイデンティティ――チャールズ・テイラーのヘーゲル人格論解釈とその応用(仮題)

討論者 太田 義器(政治哲学研究会事務局長)

休憩(15:1015:30

15:3016:30  司会 近藤 和貴(拓殖大学)

関口 佐紀 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程

ベルトラン・ド・ジュヴネルにおける科学としての政治学――『純粋政治理論』の読解をとおして

討論者 中金 聡(国士舘大学)

 

16:3017:30  司会 杉田 孝夫(お茶の水女子大学)

清滝 仁志 駒澤大学教授

カナダの政治哲学者ジョージ・グラント――自由主義およびプロテスタンティズム批判

討論者 石崎 嘉彦(大和大学)

 

***

研究会終了後、懇親会(18002100)を予定しています。

連絡先:石崎嘉彦

E-mail: yishiz@nifty.com

 

=========================================================================

 

The 31st Conference on Political Philosophy

 

Ochanomizu University, March 6, 2016

 

31回政治哲学研究会

 

201636日(日)10:0017:30

会場:お茶の水女子大学 本館1103室 生活科学部会議室

112-0012  東京都文京区大塚2丁目1?

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.ocha.ac.jp/access/index.html


――研究報告プログラム――

午前の部10:0012:20

自訳書紹介 司会 高山 守(東京大学名誉教授)

村岡 晋一(中央大学教授):

ローゼンツヴァイク『ヘーゲルと国家』について

討論者 石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)

 

自著紹介 司会 厚見 恵一郎(早稲田大学教授)

小川侃(京都大学名誉教授):

『ニッコロ・マキアヴェッリと現象学』について

討論者 村田 玲(青山学院大学兼任講師)

 

昼食(12:2013:30

 

午後の部13:3017:30

共同討議 ユートピア 古代と近代――政治哲学と理想の生世界

司会 西永 亮(小樽商科大学教授) 山内廣隆(安田女子大学教授)

 

13:4014:40

菊池 理夫(南山大学教授)

『ユートピア』出版500

 

近藤 和貴(日本学術振興会特別研究員PD)

プラトンは理想主義者か?―レオ・シュトラウスとイスラム哲学の系譜

 

休憩14:4015:00

 

15:0016:00

本田 裕志(元龍谷大学教授)

永久平和論をめぐって

 

面 一也(早稲田大学兼任講師)

シュトラウスのユートピア、コジェーヴのディストピア

―いかに普遍同質国家を終わらせるべきか―

 

休憩16:0016:10

全体討議16:1017:30

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先:石崎嘉彦

E-mail: yishiz@nifty.com

 

================================

 

The 30th Conference on Political Philosophy

Hokkai-Gakuen University, August 27, 2015

 

30回政治哲学研究会

 

2015827日(木)10:0018:00

会場:北海学園大学豊平キャンパス 7号館D40教室

062-8605 札幌市豊平区旭町4丁目1-40

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://hgu.jp/guide/toyohira_campus/
――研究報告プログラム――

 

10:0011:00  司会 佐藤 貴史(北海学園大学准教授)

松本 彩花 北海道大学大学院法学研究科、日本学術振興会特別研究員(DC1)

カリスマ概念の系譜――ゾーム、ヴェーバー、シュミットを中心に

討論者 西永 亮(小樽商科大学教授)

 

11:0012:00  司会 石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)

井上 弘貴 神戸大学准教授

アングロ・サクソン同盟論の可能性の条件――アルフレッド・T・マハンを中心に

討論者 太田 義器(政治哲学研究会事務局長)

昼食(12:0013:30

13:3014:30  司会 井上 弘貴(神戸大学准教授)

石崎 嘉彦 摂南大学名誉教授

レオ・シュトラウス『都市と人間』(法政大学出版局)の日本語版刊行によせて

討論者 近藤 和貴(日本学術振興会特別研究員PD)

 

14:3015:30  司会 中金 聡(国士舘大学教授)

関口 佐紀 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程

ルソーの市民宗教と立法者の関係についての一考察――狂信批判を手掛かりとして

討論者 高田 純(札幌大学教授)

休憩(15:3016:00)

16:0017:00  司会 太田 義器(政治哲学研究会事務局長)

村田 玲 青山学院大学非常勤講師

科学の問題――『喜劇の誕生――マキァヴェッリの文芸諸作品と政治哲学』の追補

討論者 中金 聡(国士舘大学教授)

 

17:0018:00  司会 杉田 孝夫(お茶の水女子大学教授)

山内 廣隆 安田女子大学教授、広島大学名誉教授

学術講演 西晋一郎、昭和18年の御進講

 

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先:石崎嘉彦

E-mail: yishiz@nifty.com

 

 

==============================

 

29回政治哲学研究会

 

201538日(日)11:0017:00

会場:早稲田大学本部キャンパス14号館101040共同研究室

169-8050 新宿区西早稲田1-6-1

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

 

http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf
http://www.waseda-pse.jp/pse/jp/access.html

――研究報告プログラム――

第1部:司会 石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)

11:0011:50

金澤 洋隆 京都府立医科大学

生命科学とポストヒューマン――Leon Kassの理解とその射程――

討論者 田中 智彦(東京医科歯科大学)

 

 

第2部:司会 太田 義器(摂南大学)

合評会 飯島昇藏・中金聡・太田義器編著『「政治哲学」のために』

(行路社、2014)

13:0013:50

兼利 琢也 早稲田大学

「第一部 エロス 政治的と哲学的」をめぐって

 

14:0014:50

石崎 嘉彦 摂南大学名誉教授

「第二部 マキァヴェッリと近代政治哲学」をめぐって

 

15:0015:50

厚見 恵一郎 早稲田大学

「第二部 第5章『知恵と節度』」をめぐって

 

16:0016:50

杉田 孝夫 お茶の水女子大学

「第三部 レオ・シュトラウスとポストモダン」をめぐって

 

 

討論者 近藤和貴,中金聡,村田玲,太田義器,服部美樹,西永亮,面一也

 

 

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先: 石崎嘉彦

E-mail: yishiz@nifty.com

 

====================================

 

 

28回政治哲学研究会

 

2014 年11 月30 日(日)10:00〜18:00
会場:早稲田大学政治経済学術院 現代政治経済研究所
〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。
http://www.waseda-pse.jp/pse/jp/access.html
共催:早稲田大学政治経済学術院 現代政治経済研究所 「現代政治思想研究部会」
――研究報告プログラム――
第1部:司会 飯島 昇藏(早稲田大学)
10:00〜10:50
石野 敬太 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程
The Interaction between Philosophy and Politics in Ch. X of Aristotle's Protrepticus
討論者 佐々木 潤(麻布中学・高等学校)
11:00〜11:50
隠岐(須賀)麻衣 (早稲田大学 政治経済学術院 助手)
Persuasion in the Preambles
A political art of speech in Plato's Nomoi
討論者 石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)
昼食(11:50〜13:30)
13:30〜14:20
隠岐 理貴 (早稲田大学 政治経済学術院 助手)

The Existential Meaning of the Freedom of Speech in Kant
討論者 金 慧(千葉大学)
第2部:司会 太田 義器(摂南大学)
14:30〜17:00
合評会 西永亮著『初期ルカーチ政治思想の形成――文化・形式・政治』
(小樽商科大学出版会、2014年)
報告者 西永 亮(小樽商科大学)
討論者 谷 喬夫(新潟大学名誉教授)
第3部:司会 石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)
17:10〜18:00
濱 良祐 (同志社大学 特任助教)
ヘーゲルは歴史主義か?
討論者 杉田 孝夫(お茶の水女子大学)
***
研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。
連絡先: 石崎嘉彦
E-mail:yishiz@nifty.com

 

=====================================================

 

27回政治哲学研究会

 

Leo Strauss, Natural Right and Historyをめぐる集中報告会

―塚崎智・石崎嘉彦訳『自然権と歴史』の文庫化を記念して―

201499(火曜日)10日(水曜日)

共催:早稲田大学政治経済学術院 現代政治経済研究所

本研究会は北海道大学眞嶋科研との交流研究会として開催されます

 

会場:北海道大学 人文・社会科学教育研究総合棟(W棟)5階、W517

060-0810 札幌市北区北10条西7丁目

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/campusmap/guidemap.pdf

 

――研究報告プログラム――

99日 総合司会 蔵田 伸雄(北海道大学)

 

9:3010:30 序論  飯島 昇藏 (早稲田大学)

10:3013:00 1章 佐藤 貴史 (北海学園大学)   

        第1章レヴュー 西永 (小樽商科大学)

2章 野口 雅弘 (立命館大学)    

 第2章レヴュー 松本 礼二(早稲田大学)

13:0014:30 昼食

14:3017:00 3章 中金 (国士舘大学)     

               第3章レヴュー 高木 酉子 (朝日大学)

4章 近藤 和貴 (青山学院大学PD) 

 第4章レヴュー 杉田 孝夫 (お茶の水女子大学)

17:0018:00 自由討論

18:00      懇親会

  

910日 総合司会 高田 純(札幌大学)

 

10:3012:30 ホッブズ 太田 義器(摂南大学)    

               ホッブズ レヴュー 中金 (国士舘大学)

ロック  厚見 恵一郎(早稲田大学)  

 ロック レヴュー  飯島 昇藏(早稲田大学)

12:3014:00 昼食

14:0016:30 ルソー  小林 淑憲(北海学園大学)  

               ルソー レヴュー  田中 智彦(東京医科歯科大学)

バーク  佐藤 一進(京都精華大学)  

 バーク レヴュー  田中 智彦(東京医科歯科大学)

16:3017:00 休憩

17:0018:00 総括   石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)  自由討論

18:00      懇親会

 

***

連絡先: 石崎嘉彦

E-mail: yishiz@nifty.com

 

====================================================

 

 

26回政治哲学研究会

2014年8月3日(日)10:0018:00

会場:立命館大学朱雀キャンパス 多目的室1

604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html

 

――研究報告プログラム――

前半の部:司会 飯島 昇藏(早稲田大学)

第1報告:10:00〜10:50

武田 菜穂子 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程

Democracy and Religion in a Post-Secular Age: The Political Theology of William E. Connolly,

Thinking with and beyond William James

討論者 西永 亮(小樽商科大学)

 

第2報告:11:00〜11:50

川本 愛 京都大学大学院文学研究科博士後期課程

The Stoic Natural Law: praecepta and decreta in Seneca's 94th and 95th Letters

討論者 太田 義器(摂南大学)

昼食(11:5013:30

 

第3報告:13:30〜14:20

宋 偉男 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程、日本学術振興会特別研究員

ホッブズによる三位一体論の受容と拒否について

討論者 高野 清弘(甲南大学)

 

後半の部:司会 野口 雅弘(立命館大学)

第4報告:14:30〜15:20

高田 宏史 日本学術振興会特別研究員(国際基督教大学)

On the Limits of Liberal Secularism: Can Liberal Democracy Represent Religious Minorities?

討論者 田中 智彦(東京医科歯科大学)

 

第5報告:15:30〜16:20

近藤 和貴 日本学術振興会特別研究員(青山学院大学)

Philosopher and Prejudice: Socrates’ Treatment of the First Accusers in Plato’s Apology

討論者 中金 (国士舘大学)

 

第6報告:16:30〜17:20

田中智彦 東京医科歯科大学 准教授

生命・倫理・政治――「人類存亡の危機」の意識とそのゆくえ

討論者 石崎 嘉彦(摂南大学名誉教授)

 

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先: 石崎嘉彦

E-mail: yishiz@nifty.com

 

===================================================

 

25回政治哲学研究会

 

2014330日(日)10:0018:00

会場:早稲田大学政治経済学術院現代政治経済研究所

169-8050 新宿区西早稲田1-6-1

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.waseda-pse.jp/pse/jp/access.html
――研究報告プログラム――

1報告:10:0011:00  司会 大河内 泰樹(一橋大学)

井之口 智亮(いのくち ともあき)

早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程

シティズンシップ教育における相互尊重

―多元的社会における相互性に向けて−

討論者 井上 弘貴(神戸大学)

2報告:11:0012:00  司会 木部 尚志(国際基督教大学)

宮崎 文典(みやざき ふみのり)青山学院大学非常勤講師

友愛と知―プラトン『リュシス』をてがかりに

討論者 近藤 和貴(早稲田大学)

昼食(12:0013:30

3報告:13:3014:30  司会 太田 義器(摂南大学)

日比野 佑香(ひびの ゆか)一橋大学大学院言語社会研究科博士課程

ヘーゲル『精神現象学』におけるケアと身体

討論者 西永 亮(小樽商科大学)

4報告:14:3015:30 Chair: Shozo Iijima (Waseda University

Takahiro Chino  Visiting Researcher at UCL and Research Fellow at ICU SSRI

Gramsci’s Critique of the Catholic Church

Commentator: Kazuya Onaka (Hosei University)

休憩(15:3016:00) 

5報告:16:0017:00  司会 谷澤 正嗣(早稲田大学)

赤岩 順二(あかいわ じゅんじ)明治大学法学部助教

現代刑法理論と、カントとヘーゲルの緊急行為論

討論者 金 慧(千葉大学)

6報告:17:0018:00  司会 石崎 嘉彦(摂南大学)

小松 優香(こまつ ゆか)筑波大学人文社会系准教授

チャールズ・テイラーの「自己論」―多様な「善」に裏づけられた人間存在

討論者 田中 智彦(東京医科歯科大学)

***

研究会終了後、打ち合わせ会ならびに懇親会を予定しています。

連絡先:摂南大学 石崎嘉彦

072-839-9196

E-mail:xisizaki@edu.setsunan.ac.jp

=================================================

 

24回政治哲学研究会

 

20131222日(日)10:4018:10

会場:神戸大学国際文化学研究科・国際文化学部

鶴甲(つるかぶと)第一キャンパス・E棟4階・大会議室(地図の65

657-8501 兵庫県神戸市灘区鶴甲1-2-1

会場の場所・アクセスは以下のURLでご確認ください。

http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/turukabuto-dai1.html
――プログラム――

研究発表会 午前の部:10:4011:50(司会:井上弘貴・神戸大学准教授)

(1)秋田 真吾(あきた しんご) 神戸大学大学院国際文化学研究科博士後期課程

「リチャード・T・イーリーと革新主義期アメリカの民主主義」

昼食(11:5013:00

研究発表会 午後の前半部:13:0014:10(司会: 太田義器・摂南大学教授)

***

(2) 森 達也(もり たつや) 早稲田大学ほか非常勤講師

「ナショナリズム,シオニズム,リベラリズム―アイザイア・バーリンとパレスティナの問い」

***

14:1015:20(司会: 山内廣隆・広島大学特任教授)

**

(3) 早瀬 善彦(はやせ よしひこ) 京都大学大学院博士課程

「政治哲学と歴史主義カール・マンハイムの歴史主義論からの検討」

研究発表会 午後の後半部:15:3016:40(司会:石崎嘉彦・摂南大学特任教授)

**

◎佐々木 潤(ささき じゅん) 麻布高等学校教諭

「『政治哲学の歴史』におけるジャッファとロードのアリストテレス論の比較

―「哲学」の位置付けを中心として」

**

:16:4017:50(司会:飯島昇藏・早稲田大学教授

**

 (5) 後藤 正英(ごとう まさひで)佐賀大学文化教育学部准教授

「シュトラウスとメンデルスゾーン特にシュトラウスの汎神論論争解釈をめぐって」

(6)研究打ち合わせ会(17:5018:10)(終了後、懇親会を予定しています)

□□□

■■

連絡先:摂南大学 石崎嘉彦

072-839-9196

E-mail:xisizaki@edu.setsunan.ac.jp

 

======================================================

 

23回政治哲学研究会

2013914日(土)10:0018:00

会場:北海道大学人文社会科学総合教育研究棟(W棟)408

場所はhttp://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/campusmap/guidemap.pdf

でご確認ください。


――プログラム――

研究発表会 午前の部:10:0012:00(司会:太田義器氏)

(1) 斉藤 尚 氏 (早稲田大学 大学院博士後期課程)

「ベルクソンの「開かれた社会」における社会契約の役割」

(2) 村田 玲 氏(青山学院女子短期大学 非常勤講師)

「喜劇の誕生マキァヴェッリの文芸諸作品と政治哲学」

討論者:厚見 恵一郎 氏(早稲田大学 社会科学総合学術院 教授)

研究発表会 午後の前半部:13:1015:10(司会:山内廣隆氏)

(3) 濱 良祐 氏(同志社大学 高等教育研究機構助手)

「制度化と自由―A. ホネットのヘーゲル理解に対する一考察」

(4) 佐藤 貴史 氏(北海学園大学・准教授)

レオ・シュトラウスのフロイト論

研究発表会 午後の後半部 15:3017:30(司会:石崎嘉彦氏)

(5) 西永 亮 氏(小樽商科大学・准教授)

「レオ・シュトラウスのウェーバー論における「神学?政治問題」

Natural Right and History 第蕎呂虜童‘ぁ宗

(6) 飯島 昇藏 氏(早稲田大学 政治経済学術院 教授)

「師は弟子たちをコントロールできるか? いかなる事柄において? そしてどの程度まで?

レオ・シュトラウスの場合

(Can the Master Control his Disciples? In What Matters? and to What Extent?The Case of Leo Strauss)

(7)研究打ち合わせ会(17:3018:00)(終了後、懇親会を予定しています)

□□□

■■

連絡先:摂南大学 石崎嘉彦

072-839-9196

E-mail:xisizaki@edu.setsunan.ac.jp

 

======================================================

 

22回政治哲学研究会

 

2013310日(日)10:0018:00

会場:早稲田大学1号館2階、現代政治経済研究所会議室

場所はhttp://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.htmlでご確認ください。

 

-----プログラム-----

研究発表会 午前の部:10:0012:00(司会:太田義器 氏)

(1)報告者 色摩泰匡 氏(一橋大学大学院社会学研究科・博士後期課程)

「ヘーゲルの職業団体論について」

討論者 飯島 昇藏 氏(早稲田大学・教授)

(2)報告者 藤本夕衣 氏(東京大学総合教育研究センター・特任研究員)

「対立する古典論―A・ブルームの「危機」とR・ローティの「希望」」

討論者 小高 康照 氏(東京電機大学・講師)

研究発表会 午後の前半部:13:1015:10(司会:石崎嘉彦 氏)

(3)報告者 馬場智一 氏(日本学術振興会・特別研究員PD

「政治と倫理――コーヘン、シュトラウス、ゴルディン、

レヴィナスにおけるマイモニデス読解」

(4)報告者 小畑俊太郎 氏(首都大学東京・助教)

「ベンサムにおける「統治者の責任」の概念」

研究発表会 午後の後半部 15:3017:30(司会:飯島昇藏氏)

(5)報告者 王前 氏(Wang Qian,東京外国語大学・講師)

「『中国におけるレオ・シュトラウス受容一瞥――その影響と問題点』(暫定)

討論者 石崎 嘉彦 氏(摂南大学・教授)

(6)報告者 斎藤泰治 氏(早稲田大学・教授)

「中国近現代思想史上の自由主義」

討論者 石井 知章 氏(明治大学・教授)

17:3018:00:研究打ち合わせ会(終了後、懇親会を予定しています)

 

共催 早稲田大学現代政治経済研究所「現代政治思想研究部会」

 

 

連絡先: 摂南大学(〒572-8508 寝屋川市池田中町17-8) 

石崎 嘉彦072-839-9196

E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

 

===========================================================

 

21回政治哲学研究会

 

21st Conference on Political Philosophy

Ritsumeikan University Suzaku Campus, Kyoto, 22, December, 2012

20121222日(土)10:3018:00(研究会)

場所:立命館大学・朱雀キャンパス2階・205教室

604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1

http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html

21回 政治哲学研究会プログラム

 

★午前の部 10:3012:30

110:301130 司会 高田宏史氏(早稲田大学政治経済学術院・助教)

発表者 太田義器氏(摂南大学外国語学部・教授)

プーフェンドルフの自然法論について

211:3012:30 司会 野口雅弘氏(立命館大学法学部・准教授)

発表者 坂井礼文氏(京都大学大学院・博士後期課程)

コジェーヴとシュミットの対話

昼食 12:3013:20

★午後の部 前半 13:2015:20

313:2014:20 司会 井上弘貴氏(神戸大学大学院国際文化研究科・准教授)

発表者 武田菜穂子氏(早稲田大学大学院政治学研究科・博士後期課程)

ウィリアム E.コノリーの政治哲学における存在論時間概念を中心として

(4)14:2015:20 司会 佐藤貴史氏(北海学園大学・准教授)

発表者 加藤哲理氏(京都大学大学院法学研究科・助教)

レオ・シュトラウスとガーダマーの対話テクスト解釈の方法と政治哲学観の相違を中心に

★午後の部 後半 15:3017:30

(5) 15: 3016:30 司会 石崎嘉彦氏(摂南大学・教授)

発表者 佐藤貴史氏(北海学園大学・准教授)

レオ・シュトラウスの『哲学と法』(仮)

(6) 16:3017: 30 司会 石崎嘉彦氏(摂南大学・教授)

発表者 飯島昇藏氏(早稲田大学政治経済学術院・教授) 

「テキスト解釈における『曖昧な用語』のシュトラウスによる扱い方」

政治哲学研究会 研究打ち合わせ会 17:3017:50

懇親会18:00〜(場所・未定)

連絡先:摂南大学 外国語学部 石 崎 嘉 彦 

072-839-9196, Fax: 072-838-6607,

E-mail: xisizaki@edu.setsunan.ac.jp

 

================================

 

20回政治哲学研究会

 

20th Conference on Political Philosophy

Otaru University of Commerce, Hokkaido, 8-9, August, 2012

201288日(木)10:0018:30(研究会)、89日(研究打ち合わせ会)

場所:小樽商科大学

047-8501 小樽市緑3丁目521号 小樽商科大学1号館B会議室http://www.otaru-uc.ac.jp/access.html

201288日研究会プログラム

★午前の部 司会 太田義器(摂南大学)

(1)秋元 由裕(北海道大学大学院)10:001100

「プロレタリアートの自決権」と知識人の問題

コメンテーター 西永亮(小樽商科大学)

(2)三浦隆宏(椙山女子大学)11:0012:00

アーレントはマルクスをどう読んだか―「西洋政治思想の伝統」をめぐって―

コメンテーター 杉田孝夫(お茶の水女子大学)

昼食 12:0013:00

★午後の部 司会 佐藤貴史(北海学園大学)

(3)金 慧(早稲田大学) 13:0014:00

「ハンナ・アーレントにおける判断力と歴史記述の関係をめぐって」

コメンテーター 高田宏史(早稲田大学)

司会 石崎嘉彦(摂南大学)

(4)高山裕二(早稲田大学非常勤講師)14:0015:00

civil religion再考―ルソー問題を軸にして」(仮)

コメンテーター 松本礼二(早稲田大学)

(5)河村 厚(関西大学)★15:0016:00

「模倣と利他 スピノザ『エチカ』に利他的行為は存在するのか」(仮題)

コメンテーター 飯島昇藏(早稲田大学)

休憩 16:0016:20

★午後の部 後半 司会 高山守(東京大学)

(6)小谷英生(一橋大学)16:2017:20

「カントにおける「政治」に対する「倫理」の優位について―いわゆる『嘘論文』再読」

コメンテーター 高田純(札幌大学)

(7)飯島昇藏(早稲田大学)17:2018:20

「レオ・シュトラウス『都市と人間』についての覚え書き―Notes on Leo Strauss, The City and Man.

コメンテーター 中金 聡(国士舘大学)

懇親会18:30〜(場所・未定)

政治哲学研究会 研究打ち合わせ会

日時 201289日 10001200  場所 小樽商科大学1号館B会議室

連絡先:摂南大学  石 崎 嘉 彦 

072-839-9196, Fax: 072-838-6607, E-mail: xisizaki@edu.setsunan.ac.jp

===================================

 

 

19th Conference on Political Philosophy

 

Tokyo, 4, March, 2012

 

19回政治哲学研究会

 

201234日(日)10:0018:00

会場:早稲田大学1号館2階、現代政治経済研究所会議室

場所はhttp://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.htmlでご確認ください。


-----プログラム-----

研究発表会 午前の部:10:0012:00(司会:太田義器氏)

(1)報告者 上谷修一郎氏(修明学園)

「レオ・シュトラウスにおける法、正義、善「『ミノス』について」を中心に」(仮題)

討論者 近藤和貴氏(早稲田大学大学院)

(2)報告者 藤井達夫氏(東京医科歯科大学)

「コンデュィットの統治としてのデモクラシー」

討論者 井上弘貴氏(神戸大学・准教授)

研究発表会 午後の前半部:13:1015:10(司会:石崎嘉彦氏)

(3)報告者 早瀬善彦氏(京都大学大学院博士課程)

「イデオロギーと政治哲学レオ・シュトラウスの政治哲学論を手がかりとして」

討論者 中金 聡氏(国士舘大学・教授)

(4)報告者 佐藤貴史(北海学園大学・准教授)

「レオ・シュトラウスとシオニズム」

討論者 西永 亮氏(小樽商科大学・准教授)

研究発表会 午後の後半部 15:2017:20(司会:飯島昇藏氏)

(5)報告者 大河内泰樹氏(一橋大学・准教授)

「自由と制度 アクセル・ホネット『自由の権利』における承認論の展開」

討論者 高田宏史氏(早稲田大学・助教)

(6)報告者 木部尚志(国際基督教大学・教授)

「日本近代と政治神学問題――明治憲法体制についての井上毅の思想」

討論者 大中一弥氏(法政大学・准教授)

 

(終了後、懇親会を予定しています)

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

 072-839-9196

E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp 

======================================

 

18回政治哲学研究会

 

201198日(木)10:0018:00

場所:札幌大学 6103教室(〒062-8520 札幌市豊平区西岡37丁目31号)

http://www.sapporo-u.ac.jp/univ_guide/access/

研究発表会 午前の部:10:0011:50(司会:高田純氏)

濱良祐 氏(同志社大学 院)

「ヘーゲル『精神現象学』における行為と人倫」

近藤和貴 氏(ボストン・カレッジ 院)

「ソクラテスは裁判で何を成し遂げたか―哲学の政治的プレゼンテーションについて」

研究発表会 午後の前半部:13:0014:50(司会:太田義器氏)

井上弘貴 氏(神戸大学 准教授)

「ウィルモア・ケンドールにおける多数派の概念について」

高田宏史 氏(早稲田大学政治経済学術院 助教)

「現代政治理論の方法としての解釈学」

研究発表会 午後の後半部 15:0017:50(司会:石崎嘉彦氏)

遠藤健樹 氏(東北大学 院)

「シュトラウスによるハイデガーの解体概念受容について」(仮題)

西永亮 氏(小樽商科大学 准教授)

「ルカーチとトーマス・マン――ロマン主義・文化・政治」(仮題)

飯島昇藏 氏(早稲田大学政治経済学術院 教授)

「藤原保信政治哲学におけるレオ・シュトラウスの位置」

 

(終了後、懇親会を予定しています)

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

 072-839-9196

E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

 

========================================

1回 政治哲学研究会, , (), 2011.

日時:2011年3月6日(日) 13: 00〜
会場:早稲田大学政治経済学部 第1会議室 (3号館2階)

場所はhttp://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.htmlでご確認ください。


-----プログラム-----

西永亮氏(小樽商科大学)

H. マイアー『レオ・シュトラウスと神学―政治問題』(晃
洋書房,2010年)をめぐって」(仮題)

太田義器氏(摂南大学)

「これからは正義の勝利する話は止めようJ.グレイのModus Vivendi論をめぐる一考察」  


   飯島昇藏氏
(早稲田大学)

 the literary character of the bookによってレオ・シュトラウスは
      何を意味しているのか?」
     (What does Leo Strauss mean by "the literary character of the book"?)


佐藤貴史氏
(聖学院大学)  

「レオ・シュトラウスとユリウス・グットマン」(仮題) 


司会 石崎嘉彦氏(摂南大学)

(※終了後、懇親会を予定しています)

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

  072-839-9196  

   E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

 

===================================

16回 政治哲学研究会, 10, 30 (Sat.), 2010.

日時:1030日(土) 13:30
会場:摂南大学、寝屋川キャンパス、7号館(2階 ゼミ室3)

場所はhttp://www.setsunan.ac.jp/s/access/でご確認ください。

(正門を入って正面の建物の2階です)


-----プログラム-----

石崎嘉彦氏(摂南大学)

 「政治哲学と理性−啓示問題を考える――H・マイアー著『シュトラウスと神学−政治問題』日本語版刊行を機に」

  面一也氏(立教大学)

「ドゥルーズのプラトン――ソクラテスとソフィストの区別について」


  佐藤貴史氏(聖学院大学)  

「『フランツ・ローゼンツヴァイク――〈新しい思考〉の誕生』――その背景と狙い」

コメンテーター:細見和之氏(大阪府立大学)


  飯島昇藏氏(早稲田大学)

「レオ・シュトラウスの著述のタイトルについての覚え書き」


司会 太田義器氏(摂南大学

(※終了後、懇親会を予定しています)

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

  072-839-9196  

   E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

 

 

=============================================================================

 

Plato & Aristotle 

15回 政治哲学研究会, 12, 19 (Sat.), 2009.

テーマ:石崎嘉彦『倫理学としての政治哲学』(ナカニシヤ出版、2009年)をめぐって

日時:12月19日(土) 16:30〜
会場:現代政治経済研究所会議室(1号館、2階)

場所:http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.htmlでご確認ください。

(ctrlキーを押しながらクリックしてください)
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->

プログラム

報告
石崎嘉彦氏(摂南大学): Heterogeneityの知について
中金 聡氏(国士舘大学): レオ・シュトラウスのエピクロス主義解釈について
村田 玲氏(早稲田大学): 石崎嘉彦『倫理学としての政治哲学』について摘要と若干の指摘

司会
飯島昇藏氏(早稲田大学)

 

 

 

 

=========================

 

12th Conference on Political Philosophy in Kyoto University

 

14回政治哲学研究会

 

政治哲学をめぐって―カント/ヘーゲル/レオ・シュトラウス
 
日時:20081213日(土)午後1時〜6
 
場所:東京大学文学部、法文1号館、216教室
科研費プロジェクト「哲学・芸術・国家」研究会との共催)
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->

講演題目・ 講演者 
  レオ・シュトラウスの三つの抗争 (The Three Quarrels of Leo Strauss)

石崎嘉彦(摂南大学教授)Prof. Yoshihiko Ishizaki / Setsunan Univ. 

カントとヘーゲルの国家連合論(Zum Staatenbund bei Kant und Hegel
山内廣隆(広島大学教授)Prof. Hirotaka Yamauchi / Hiroshima Univ.    

Between Philosophical and Political Singularity―Rethinking the Role of Individuality in Leo Strauss―

Kai Marchal/Huafan University(カイ・マーシャル/台北・華梵大学助教)

コメンテーター: 飯島昇藏 Prof. Shozo Iijima (Waseda University) 
  The Twilight of Virtue―Considerations on the Historical Genesis of Machiavelli's Political Science―

村田玲(早稲田大学大学院生)Akira Murata/Waseda University

コメンテーター: 太田義器 Prof. Yoshiki Oota (Setsunan University) 
  

 懇親会:午後6時半より(場所:未定)

連絡先:吉田聡(東京大学大学院人文社会研究科助教)e-mail: doxa@l.u-tokyo.ac.jp

:石崎嘉彦(摂南大学教授) e-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

  

 =========================

 

13回 政治哲学研究会

 

2007828()

 

 10:00~12:30 (研究発表会・午前の部)

(1)遠藤健樹氏(東北大学文学研究科哲学専攻)

「戦間期シュトラウスにおける「道徳的拘束性」の問題」

(2)眞嶋俊造氏 (北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター専任研究員)

「正戦論その射程と可能性」

 

14:00~18:00(研究発表会・午後の部)

(3)齊藤泰治氏(早稲田大学・政治経済学術院)

「中国、台湾、香港でのシュトラウス受容」(仮題)

(4)高田純氏(札幌大学)

「コジェーヴのヘーゲル解釈とF・フクヤマの歴史終焉論の批判的検討」

(5)飯島昇藏氏(早稲田大学・政治経済学術院)

「哲学者と歴史家の狭間で―シュトラウスの場合」

(なお、研究会のあと懇親会も予定されております。)


会場:〒047-8501 小樽市緑3丁目521号 小樽商科大学会議室
          TEL: 0134-27-5200() 西永亮先生

      http://www.otaru-uc.ac.jp/で場所をご確認ください。

 

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

  072-839-9196(M09042931310)  

  e-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

 

  

========================= 

 

 

12回 政治哲学研究会 案内

 

2007年度三月下旬に、ジーメンス研究所から、ドイツ語版レオ・シュトラウス全集の編者でもあるHeinrich Meier教授をお招きし、第12回政治哲学研究会を下記の日程で開催したいと考えています。今回の研究会は、3日間に亙り東京(早稲田大学・慶應義塾大学)と京都(京都大学)の3会場で、ゼミナール(早稲田大学)と二つの講演会(慶応義塾大学・京都大学)として開催されます。政治哲学に関心をお持ちの多くの皆様がご参加くださることを念じて、ご案内申し上げます。

 

12回 政治哲学研究会 2007328(), 29()331()

 

(1)2007328() 15:00~18:00 (ゼミナール)

テキストWhat is Political Theology?  Why Political Philosophy?

会場 早稲田大学現代政治経済研究所会議室〔1号館、2階〕

会場へは以下のURLをご参照ください。

http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html

 

(2)2007329() 14:00~17:00(講演と質疑応答)

講演題目:Why Political Philosophy?

会場 慶應義塾大学三田キャンパス 大学院校舎1階311教室
会場へは以下のURLをご参照ください。

http://www.keio.ac.jp/access.html


(3)2007331日(土)14:00~17:00(講演と質疑応答)

講演題目:On Rousseau’s Reveries

 

会場 京都大学吉田キャンパス内 大学院人間環境学研究科棟 地下大講義室
会場へは以下のURLをご参照ください。http://www.h.kyoto-u.ac.jp/soujin/welcome/access.html

 

 * ゼミナール、講演とも原則的に英語で行っていただき、且つ日本語訳付きです。また、参加くださる方にはテキストを添付ファイルでお送りさせていただく予定です。

 

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

  072-839-9196  

E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp

 

 

 

  =========================================

 

第11回 政治哲学研究会

 

            プログラム

 

    (1)   16: 0017: 00  

    井上 弘貴 氏(早稲田大学大学院政治学研究科院生)

     アメリカ合衆国と「不安の時代」
 ―
ユダヤ系知識人と1940年代の国際関係を中心に―

  

   

   (2) 17: 0018: 00 

   嶋本 慶太 氏(京都大学大学院地球環境学研究科院生)

  ハンナ・アーレントにおける同情の問題

  

   

   (3)18: 0019: 00 

  面 一也 氏(早稲田大学現代政治経済研究所特別研究員)

 ヘーゲル法権利哲学における宗教の複数性

狂信をめぐる政治的レトリックの再構成を通して

                (※時間が延長される場合があります)

 

   

  場所・早稲田大学・西早稲田キャンパス・1号館2階

    早稲田大学現代政治経済研究所会議室

 〔次のURLを参照〕http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html

                      

連絡先: 摂南大学  石 崎 嘉 彦

 筺 072-839-9196   

E-mail: isizaki@ilc.setsunan.ac.jp


 

 

====================================== 

 

第10回政治哲学研究会

 

プログラム

 

下記の要領で第10回政治哲学研究会を開催いたします。

なお、この研究会の会議費は科学研究補助金(研究代表者:摂南大学教授 石崎嘉彦: 科研番号17320022)が充てられています。

 

日時:3月19日(日)〜20(月)

場所:岐阜市・多賀旅館(岐阜市長良福光2521) 詳しくはCtrlキーとともに次のURLをクリックしてください。http://www.taga.to/top.html

 

研究会日程

3月19日 『政治哲学』第4号刊行報告会議 16:00〜18:00(編集委員)

3月20日 政治哲学研究会 幹事会 10:00〜11:30(幹事)

3月20日 政治哲学研究会13:00〜18:40 政治哲学研究会発表会

3月21日 『政治哲学』第5号編集会議 10:00〜12:00(編集委員)

 

政治哲学研究会・研究発表プログラム

 

1. 13: 0014: 20

国家間の承認は可能か?−永遠平和の視点からみるヘーゲル法哲学「国際法」の限界と可能性−      

硲智樹 氏(広島大学大学院文学研究科院生)

 

2. 14: 2015: 40

『政治哲学とは何か』の存在論的考察 

上谷修一郎 氏(京都大学大学院法学研究科院生)

 

3. 16: 0017: 20

喜劇と政治哲学−アリストパネス『雲』をめぐって−

近藤和貴 氏(早稲田大学大学院政治学研究科院生)

 

4. 17: 2018: 40

「文化戦争」から「文化革命」へ−第一次世界大戦期ルカーチにおける西欧・ドイツ・ロシアの連関−     

西永亮 氏(日本学術振興会特別研究員・成蹊大学)

 

 ************************************************************

  

  

 

第9回政治哲学研究会

 

慶応義塾大学三田学舎

 

2005/12/18

 

研究会総会:13:00〜14:00

レオ・シュトラウス政治哲学研究会の名称変更について

研究発表会: 14:00〜17:20                 

 1.14:00〜15:30 村田玲氏(早稲田大学大学院政治学研究科院生)  

   「知恵と節度―レオ・シュトラウス『マキアヴェリ論考』読解の諸前提について―」 

  2. 15:50〜17:20 中金聡氏(国士舘大学政経学部 教授)           

       「アルキビアデス問題」

   

                        

 第8レオ・シュトラウス回政治哲学研究会

 

摂南大学

 

早稲田大学

 

講演者

 

ヘイグ・パタパン(Haig Patapan) (グリフィス大学・ブリスベーン)

 

 

 

 

 第7レオ・シュトラウス回政治哲学研究会

 

早稲田大学

 

同志社大学

 

講演者

 

Catherine Zuckert 氏 (ノートルダム大学)

 

Michael Zuckert 氏 (ノートルダム大学)

 

 第6レオ・シュトラウス回政治哲学研究会

 

早稲田大学

 

同志社大学

 

Steven Smith 氏(イェール大学教授)

 

 

 第5レオ・シュトラウス回政治哲学研究会

 

早稲田大学

 

京都大学

 

講演者

 

Nathan Tarcov 氏 (シカゴ大学教授)

 

Heinrich Meier 氏 (ジーメンス研究所・ミュンヘン大学教授)

 

 

 第4回レオ・シュトラウス政治哲学研究会

 

場所:摂南大学寝屋川キャンパス・1号館3階・共同研究室

発表者

面一也

石崎嘉彦

 

 第3回レオ・シュトラウス政治哲学研究会  

 

  日時:1998年10月1日

  場所: 同志社大学光塩館 共同研究室供米鶻)

 

  研究発表者: 面 一也 氏 (早稲田大学大学院博士後期課程)

  論題: レオ・シュトラウスのマイモニデス論

  ―『迷える者の導き』をいかに研究し始めるかを読んで―

 

  寺島俊穂 氏 (大阪府立大学教授)

  論題: アレントとシュトラウス

―政治哲学はどこへゆくのか?―

 

  第2回レオ・シュトラウス政治哲学研究会

 

  日時:1998年3月14日(土) (早稲田大学政治思想研究会共催)

 

  場所:早稲田大学

  研究発表者:石崎嘉彦

  論題「スタンレー・ローゼン(Stanley Rosen)のレオ・シュトラウス解釈の特徴と問題点」

 

 第1回レオ・シュトラウス政治哲学研究会

 

   日時:   (早稲田大学政治思想研究会共催)

  場所:早稲田大学

    研究発表者:石崎嘉彦

   論題「レオ・シュトラウス政治哲学研究に向けて」

 

 

Home