岡山大学大学院自然科学研究科

林靖彦研究グループのホームページ


Home     Profile     Members     Research     Archive     Photos     Access     Link     English HP


電気通信系学科(工学部) 電子情報システム工学専攻(マスターコース) 産業創成工学専攻(ドクターコース)

Nano-Materials & Devices Science Laboratory

現代社会が直面するエネルギー,環境など様々な問題を解決するため,ナノテクノロジーをキーワードに「生体適合ナノ材料の創成」,「環境調和ナノエレクトロニクスの開発」,「ナノ材料の安全性」など幅広く研究を行っています.これらの研究を通して,生産から廃棄まで含めた「環境負荷低減」技術体系のコンセプトを提案し,安全・安心な社会を実現します.

【研究内容に関するキーワード】 有機半導体,ナノカーボン材料(ナノチューブ,グラフェン),強磁性金属ナノワイヤ・ロッド,II-VI半導体

【研究に関連するデバイス】ポリマー太陽電池,フレキシブル・トランジスタ,磁気メモリ,電荷+スピン融合新規デバイス,レーザ,

【研究に対する姿勢】国際的視野に立ち,Competition(競争),Contribution(貢献),Collaboration(協調)の3Csのバランスをとる(ハーバード大学キム・カンスー准教授の研究対する姿勢と一致)

【研究室のモットー】 「自主性・協調性・社会性」,「成功の秘訣は,挨拶と掃除が基本」,「目の前のチャンスを掴め!」

 これまでは,「知識基盤」,「基盤技術」の研究が主でしたが,今後は学際的な研究を通して「技術の集積化」の研究が必要です.そのため,「化学」,「材料」,「医学」,「土木」,「社会学」の分野で研究進めている先生方と一緒に共同研究を行っています.また,海外の研究者,とりわけ英国・ケンブリッジ大学,英国・サリー大学と国際共同研究をしています.この他にも,国内外(米国,台湾,韓国,シンガポール)の多くの研究者と共同研究を行っています.

他大学(名古屋大学,東北大学など)の研究グループとも共同で研究しています.林靖彦研究グループは,太陽電池やナノテクノロジーの研究では「西日本一の規模」を有しています.

世界が必要とするものは「安全・安心な社会」です.学生,企業の皆様,この夢を実現するために一緒に研究をしてみませんか.興味のあるかたは是非連絡を下さい!!

 

   Update on 2014年1月12日

電子物性工学II(月曜日IV限,第2講義室)の補講予定は以下の通りです.皆様のスケジュールに入れておいてください.講義室に関しては,決まり次第連絡致します.急な変更もありますので,こまめに見ておいてください.また,友達に伝えてください.

【補講候補日時】 1月23日(木):IV限,1/24(金):V限(IV限も可能なら実施しますが,現在調整中)

文部科学省革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)に採択されました.現在,アドバンスドナノカーボン複合構造材料研究開発センター(ANCS)が始動し始めます.

他大学から我々の研究室への大学院博士後期課程(ドクター)の入学を大変歓迎しています.少しでも興味をお持ちの方は,連絡下さい.積極的に他大学,社会人の学生を受け入れます. 産業創成工学専攻(林靖彦研究室)

★フレキシブル・ポリマー太陽電池(発電デバイス)の作製・評価

★ポリマー・トランジスタの作製・評価およびフレキシブル・ユビキタス情報端末の開発

★ナノカーボンによる高出力・高容量スーパーキャパシタ(蓄電デバイス)の開発

★最先端透過型電子顕微鏡(TEM)によるナノ材料の合成と評価(極限状態での新規なの材料の合成と評価の研究)

 

我々の研究,アドバンスドナノカーボン材料産業育成・イニシアティブ(ANC)が電波新聞に掲載されました.

岡山大学では現代社会が直面するエネルギー,環境など様々な問題の解決に資する材料技術の創成,高度利用の促進を目的とし,ナノカーボンを研究する分野横断の研究者が学部・研究科を越えて結集しています.

カーボンナノホーンの大量合成に関する新聞発表しました.試料を無償で提供(大学・公立研究所・企業を問わない)しています.カーボンナノホーンを使ってみたいと希望される方は,必要量(大量の場合でも提供いたします)をメールにて連絡下さい.用途開発に必要な量を提供できる準備ができています.

 研究室のテーマと合致する分野で,民間企業や公設試験研究機関との共同研究を希望しています.研究室のテーマに少しでも興味をお持ちの場合には,是非メールを下さい.現在,有機半導体(独自材料の合成,新規デバイスの開発),ナノカーボン(成長制御技術,新規デバイスの開発)の研究に力を入れています.


「入試,研究,共同研究に関する質問」は電子メールで林まで連絡下さい.皆様のご意向を尊重した教育および研究を実践します.入学試験に関する詳細は,大学公式「入試案内」をご覧下さい

Counter  since 2013/April/1 

Copyright 2013- Hayashi Y