TOPへ戻る




井穴刺絡療法(せいけつしらくりょうほう)について

井穴とは手足の爪の角の横にあり、

「反応の敏感なところであるから、急性症や激症に用いられる」(図解鍼灸実用経穴学 本間祥白著)
「即効的に治効するのも井穴のもつ特徴といえようか」(灸療夜話 入江靖二著)

と記されているように、重要な作用を持つ経穴(ツボ)で、そこから少量の血を出す井穴刺絡は
中国・日本の鍼灸師に永年使われてきた特殊な鍼灸技法のひとつです。

   

手足の井穴図

医学博士浅見鉄男先生は開業医として内科・小児科・整形外科・耳鼻科・眼科・皮膚科・精神科
など様々な疾患を井穴刺絡によって治療していくなかで、井穴と自律神経・体性神経の関係を発見し
40年間の研究の末、今までの鍼灸治療とは違う井穴刺絡学を作り上げました。


井穴刺絡学を基とする井穴刺絡療法の特徴の主なものは

@広い体表面ではなく、手足の爪の角というわかりやすいところにツボがある
  (特殊な訓練・勉強をしなくてもツボを見つけられる)


Aどのツボを刺激すると、どの臓器の神経の不調が治せるかわかっている

Bどのツボを刺激すると、からだのどの部分(腰・膝・肩・腕など)の不調が治せるか
 わかっている


C上記のことから医師も鍼灸師も一般の方も同じ治療効果を出せる再現性がある

D異常興奮している神経を抑制するだけなので基本的に副作用がない
  (間違ったところを刺激してもただ変化がないだけなので安心です。ただし
   低血圧の方が一度にたくさんのツボを刺激すると、立ちくらみなど起こす
   事がまれにあるので、すこしずつ様子をみながら行ってください)


具体的な例として

刺激するツボ 臓器 疾患名
左F1F6 消化器(食道・胃・大腸など) (急性・慢性)胃炎・便秘(弛緩性)・食道痛など
H3 循環器(心臓など)  狭心症・発作性頻脈など
右F2F6 肝臓 (肝炎による)疲労感・背部痛・嘔気など
F3F4 泌尿・生殖器(腎・膀胱・前立腺など) (膀胱炎による)頻尿・排尿時痛・腎炎・前立腺肥大など
H6F4 自律神経の交感神経の抑制  高血圧症・甲状腺機能亢進症など
H5F5 自律神経の副交感神経の抑制 潰瘍性大腸炎むずむず脚症候群・下痢・(神経性)頻尿
アトピー・気管支喘息・偏頭痛・(一部の)耳鳴りなど



内臓疾患に対しては自律神経(交感神経・副交感神経)に対して薬理作用とは異なる方法で
はたらきかけるので、薬が効かない・効きにくい方に必要とされる治療方法です。

また、体性神経(運動神経・知覚神経)に対しては、中国で発見された経絡という
からだを縦に走る特殊なルート(つながり・連動性)を利用して治療します。

                    
                  (例)足の少陽胆経=F5を使った側頭部痛に対しての井穴刺絡→                                                      


井穴刺絡は専用の特殊な鍼を使い浅く刺すので、痛みはほとんど感じません。


また、患者さんの希望や年齢、身体の状態によって刺絡(少量の血を出す方法)
だけでなく、井穴に円皮鍼(パイオネックス)やお灸・ピソマ(刺さずに井穴を刺激するツール)で刺激する方法も行っています
側頭部痛に足の少陽胆経
井穴刺絡療法の道具(ハイタッチなど)
←井穴刺絡に使う改良三稜鍼と
ハイタッチ(治療毎に滅菌)と
使い捨ての針先です。
 ハイタッチは皮膚考学研究所で購入できます。
開発者長谷川智也先生にメールで価格など問い合わせてみてください。
(使用方法や刺絡する時の、ちょっとしたコツをさくら治療院では
お教えできます。)
 
右F6にせんねん灸レギュラーF左H1にパイオネックス
 右F6にせんねん灸レギュラー             左H1にパイオネックス  


井穴刺絡研究会 稲舛先生の動画がyoutubeにありますので、参考にどうぞ


この他にも頭部刺絡の動画などもあるのでyoutubeでいろいろご覧になって参考にしてください

詳しく知りたい方は

「21世紀の医学 井穴刺絡学・頭部刺絡学論文集
 浅見鉄男著 近代文芸社」6,500円(税込み)をご覧ください
一般の方にも分かるように豊富な臨床例が記載されています。現在、絶版ですが浅見
先生のご子息(鍼灸師)が井穴刺絡治療をされている横浜市の浅見治療院に在庫がある
そうです。お問い合わせは045−231−2237までどうぞ。


福岡のぎんなん治療院 稲舛先生の臨床報告と一般の方との質疑
応答が掲示板で閲覧できます。こちらも参考にどうぞ
21世紀の医学 浅見鉄男著 近代文芸社


予約・お問い合わせは
 TEL&FAX 03−3766−2787

 日曜祝日も営業
京急梅屋敷駅から徒歩3分、蒲田駅から自転車で6分
東京都大田区大森中3−1−20小暮ビル1階

メールによる予約・問い合わせはこちら→