イグアスの滝・アルゼンチン側-03 遊歩道  (アルゼンチン・ミシオネス州) 






イグアスの滝・アルゼンチン側-03 遊歩道 (アルゼンチン・ミシオネス州)



滝を近くで観察し歩いて近くから眺める事です。大パノラマを楽しむブラジル側とはまた異なった滝の姿を観る事が出来ます。「遊歩道」が二つあり、上の方は滝を上から見ることが出来、約1キロ(30分程度)で、下の遊歩道は約2キロ(約1時間程度)で滝の横を歩いて行き、滝を直に見る事が出来ます。イグアスの滝は大小色々な滝が連なって出来ているのが良く分かります。遊歩道等は美しく広大な自然公園になっていますので滝だけでは無く景色等を楽しむと良いでしょう。また多くの野生の動物を観る事が出来ます、全く人を警戒しない動物も多く直ぐ傍に寄って来ます。なお、遊歩道は手摺付きの鉄製で歩き易くコースを外れる事もありません。



遊歩道へ (2012年05月25日)
滝・遊歩道駅から歩いて滝見物の遊歩道を行きます。最初は線路の横を通り滝を目指します。淡々とした森林が続くものと想像していましたが、意外な景色の連続でした。駅から出て上の遊歩道、下の遊歩道を見て駅まで大体2時間をみておけば良いでしょう。



(写真:遊歩道へアクセス-01)



(写真:遊歩道へアクセス-02)



(写真:レストラン)



(写真:塔)



(写真:消防局緊急連絡所)



(写真:広い公園のような場所-01)



(写真:広い公園のような場所-02)



(写真:立入禁止)

横を見ますと「ホテル・シェラトン」があります。



(写真:ホテル・シェラトン)



(写真:広い公園のような場所-03)



(写真:遊歩道へアクセス-03)



(写真:遊歩道へアクセス-04)



(写真:遊歩道へアクセス-05)



(写真:遊歩道へアクセス-06)



(写真:遊歩道入口)



上の遊歩道 (2012年05月25日)
上の遊歩道は小一時間のコースです。滝を傍で感じる事が出来ます。歩道はしっかりと作られているので年配の方でも大丈夫です。ここでの景色は本当に迫力があります。虹がかかった滝の景色は本当に綺麗です。



(写真:上の遊歩道-01)



(写真:上の遊歩道-02)



(写真:上の遊歩道-03)



(写真:上の遊歩道-04:ブラジル側のホテル・カタラッタが正面に見えます)



(写真:上の遊歩道-05)



(写真:上の遊歩道-06)



(写真:上の遊歩道-07)



(写真:上の遊歩道-08)

下の歩道が見えます。



(写真:上の遊歩道-09)



(写真:上の遊歩道-10)

虹がかかり非常に綺麗です。



(写真:上の遊歩道-11)



(写真:上の遊歩道-12)



(写真:上の遊歩道-13)



(写真:上の遊歩道-14)



(写真:上の遊歩道-15)



(写真:上の遊歩道-16)



(写真:上の遊歩道-17)



(写真:上の遊歩道-18)



(写真:上の遊歩道-19)



(写真:上の遊歩道-20)



(写真:上の遊歩道-21)



(写真:上の遊歩道-22)



(写真:上の遊歩道-23)



(写真:上の遊歩道-24)



(写真:上の遊歩道-25)



(写真:上の遊歩道-26)



(写真:上の遊歩道-27)



(写真:上の遊歩道-28)



(写真:上の遊歩道-29)



(写真:下の遊歩道へ)



下の遊歩道 (2012年05月25日)
下の遊歩道は下から滝を眺めるコースで上の遊歩道よりは長く時間がかかります。こちらも手すり付きの歩道でどなたでも楽に廻る事が出来ますが上と比較しますと起伏があります。



(写真:下の遊歩道-01)



(写真:下の遊歩道-02)



(写真:下の遊歩道-03)



(写真:下の遊歩道-04)



(写真:下の遊歩道-05)



(写真:下の遊歩道-06)



(写真:下の遊歩道-07)



(写真:下の遊歩道-08)



(写真:下の遊歩道-09)



(写真:下の遊歩道-10)



(写真:下の遊歩道-11)



(写真:下の遊歩道-12)



(写真:下の遊歩道-13)



(写真:滝ノ下へ行くボート乗場)



(写真:滝ノ下へ行くボート)



(写真:下の遊歩道-14)



(写真:下の遊歩道-15)



(写真:下の遊歩道-16)

行くのは大変ですが川の中に在る島の頂上に在る展望台からは滝を直ぐ近くで観る事が出来ます。イグアスは「大きな水」という意味ですが実感出来るでしょうね。



(写真:下の遊歩道-17)



(写真:下の遊歩道-18)



(写真:下の遊歩道-19)



(写真:下の遊歩道-20)

ボートが滝壺に突撃しています。多分上からシャワーのように水が降って来るのでしょうね。



(写真:下の遊歩道-21)



(写真:下の遊歩道-22)

歩道がそれぞれの方向に分かれる場所がありますが、ほとんど守られていません。



(写真:下の遊歩道-23)



(写真:下の遊歩道-24)



(写真:下の遊歩道-25)



(写真:下の遊歩道-26)



(写真:下の遊歩道-27)



(写真:下の遊歩道-28)



(写真:下の遊歩道-29)



遊歩道の途中のレストラン(2012年05月24日)
遊歩道の途中に軽食堂があります。普通の値段と比較しますと観光地だけあって倍しますが自然の中、クワッチと一緒に食事をするのも良いでしょう。ただしクワッチは凶暴ですので噛みますし油断していると食べ物を取られてしまいますので注意しましょう。



(写真:軽食堂外観-01)



(写真:軽食堂外観-02)



(写真:軽食堂はクワッチだらけ)



(写真:軽食堂内部-01)



(写真:軽食堂内部-02)



野生の動物達(2012年05月24日)
イグアス自然公園を歩いていますと野生の動物にしばしば遭遇します。ブラジル側よりはこちらのアルゼンチン側の方が多く見掛けました。ここでは人間が危害を加えないので全く無防備で小動物はむしろ近寄って来ます。洗熊の仲間のクワッチはよく居ますが見た目は可愛らしいのですが実際には噛む、食べていると食物を狙って攻撃する等かなり凶暴なので気を付ける必要があります。動物園では無い自然の場所でこれだけ沢山の動物を見られる場所は余り無いと思います。人間が野生の動物を減らしたという事が実感出来ます。



(写真:小動物)



(写真:クワッチ-01)



(写真:クワッチ-02)



(写真:クワッチ-03)



(写真:クワッチ-04)

写真があり、「クワッチは人を噛みますのでご注意下さい」とあります。



(写真:クワッチ-05)



(写真:小鳥-01)



(写真:小鳥-02)



(写真:小鳥-03)



(写真:鳥)



(写真:鰐)

川を見ますと多くの魚が泳いでいます。大きな鯰が居ました。



(写真:鯰)



(写真:蝶か蛾か)



綜合目次に戻る

(当ホームページの表紙 へ)

次のページへ