松割木の炎で焼きしめるだけの備前焼

その素朴な土味は、多くのひとを魅了し続けています。
使いはじめてからも、それは変化し育っていくのです。


ふじわら   こう   
藤 原   康 

昭和43年 ・ 岡山県備前市伊部に生まれる
平成 5年 ・ 武蔵野美術大学彫刻科卒業
・ 陶芸の道に入り、祖父二代目藤原楽山(岡山県重要無形文化財)、父三代目藤原楽山に師事
平成11年 ・ 岡山県美術展入選(以降3回)
平成13年 ・ 日本伝統工芸中国支部展入選(以降4回)
・ ギャラリー碧苑にて初個展
平成17年 ・ ギャラリー碧苑にて個展
平成18年 ・ 天満屋岡山店にて個展
・ 京王百貨店 新宿店にて個展
平成21年 ・ 京王百貨店 新宿店にて個展
平成22年 ・ 天満屋岡山店にて個展
・ 天満屋福山店にて個展
平成23年 ・ 京王百貨店 新宿店にて個展




初代 藤原楽山が 明治29年(1896)に確立した焼成方法。
専用の円筒窯を使い、ガスで数日焙った後 薪に切り換え、
一昼夜で約1200度に上げる。
焼きあがり直前に食塩を投入し、器表に食塩釉を施す技法です。