地名考etc.

恐山地名考

国土地理院地形図表記「宇曽利山湖」は極めて不適切である
「宇曽利湖」に変更することを求める申し入れの提案

新解釈「恐山」の地名考
                                                               
はじめに
 恐山の湖は宇曽利山湖(うそりやまこ)・恐山湖(おそれざんこ)・宇曽利湖(うそりこ)とも言う(角川日本地名大辞典編纂委員会1985,武田良子1982)と書かれている。

 しかし,宇曽利山湖と宇曽利湖という呼称はお互い意味が異なる。前者は宇曽利山の中の湖、あるいは宇曽利山のそばの湖であり、後者は宇曽利のある湖、あるいは宇曽利のそばの湖、あるいは宇曽利という意味をもつ湖である。
 筆者は、断じて前者はあり得ないということを訴え、国土地理院の地名表記を下北地方の人々が使っている宇曽利湖という表記に訂正するように自治体として申し入れることを提案する。
 さらになぜ恐山と呼ばれるに至ったかの新解釈を試みる。

山名のいわれ@
 鵜の鳥伝説はつくりごと
 ひとつ、宇曽利山の語源になっている伝説がある。慈覚大師が釜臥山で修行していたところ『或る日鵜鳥の両翅を翻て北方の山上に到る(中略)双眼を下し給ふに前に湖水ありて』と湖を見つけ『このとき鵜鳥が翦るのを見て当地のあるのを知ったところから鵜翦山の名が生まれたという』((文化七年(1810)再刊、奥州南部宇曽利山釜臥山菩提寺地蔵士略縁起より、武田良子1982))。これは鵜翦山という山名由来の物語であり、後に宇曽利山に変化したという伝説である。
 鵜翦山あるいは宇曽利山がどこにあるのかといえば、恐山山地のどこを探してもその名の付いた山はない。盛り上がった地形すなわち形のある山には鶏頭山とか地蔵山とか屏風山などの名称が与えられているが「宇曽利山という山」はない。「鵜鳥が翦る」ような地形上の盛り上がった山はないのである。
 だが、「宇曽利山という呼ぶ場所」はある。その場所は恐山円通寺のある場所であり、そのときの「山」は盛り上がった地形の「山」ではなく、「海や浜」に対しての「山」、あるいは「ひらけたまち」に対しての「山」であって、「宇曽利山」は多くの人々が住んでいるところから離れた山のなかの宇曽利のある所と言う意味であり、現在で言う恐山円通寺の地番名が宇曽利山なのである。ちなみに、湖の周りの大方の山は大尽山国有林と呼んでいる。湖の岸の赤い橋、すなわち太鼓橋から見てやや左正面にある高い三角形の山が大尽山で、湖の辺り一帯を大尽山国有林と呼び、宇曽利山国有林とは呼ばない。このように、寺のある場所を限定して宇曽利山と呼ぶのだから、伝説に従えば、釜臥山から宇曽利山までは数キロメートル先にあたり、それを双眼鏡、望遠鏡を使わずに「鵜鳥の両翅を翻て北方の山上に到る」という鵜鳥の両翅など見える訳がない。つづけて北方へ飛べば湖はない。


 さらに『双眼を下し給ふに前に湖水ありて』と、あたかも、鵜の鳥の飛行によって湖を探しあてたかのごとき語りであるが、それを真に受けていること。後に鵜翦山という呼び方が宇曽利山へと変化したとしていること。宇曽利山にある湖あるいはそばの湖だから宇曽利山湖と呼ぶに至るとの解釈をしているのが武田(1982)である。
湖名由来の根拠をあげていないにもかかわらず、『宇曾利山湖(うそりやまこ)とも言う』と記しているのは鵜の鳥伝説を肯定している所以である。

 蛇足ながら、「宇曽利湖」として語源をたどれば、鵜翦湖となり、鵜が翦た湖になってしまい論理が破綻するので鵜の鳥伝説を肯定する人は宇曽利湖とは呼べない。宇曽利山湖と宇曽利湖は鵜の鳥伝説を根拠とすれば両立しないということだ。

 鵜の鳥伝説を考え出した人も、それを真に受ける人も、恐山の地形及び鵜の鳥の生態をご存じないとしか言いようがない。くどい言い方をすれば、「両翅を翻て」という表現からは、釜臥山から鵜までの距離は翼が判別できる距離であろうが、「鵜鳥が翦る」鵜翦山はあり得ない。この表現からは、群れで飛ぶカワウの姿は想像できまい。一羽の鵜というのが妥当だろう。
ところが一羽のカワウが釜臥山から見える範囲で湖に向かって飛ぶということは考えられないことは宇曽利湖のカワウの生態を見ている人なら明白なこと。つまり宇曽利湖には群れで飛来し、また帰るカワウの生態と当該地形に照らして真偽を吟味するならば、ありようもないことで、地形にもカワウの生態にも無知な人が実態を見ずして作り上げた単なる伝説にすぎないと結論せざるを得ない。すなわち、鵜の鳥伝説を根拠とする宇曽利山及び宇曽利山湖(うそりやまこ)という呼称は作り事から出た呼称であるということである。


山名のいわれA
 アイヌ語から
 では、宇曽利山とはなにを語源とするのか。それは、もうひとつの、一般に言われている、蝦夷語、アイヌ語のウショロ、オショロを語源とするというのが素直でいて正しい。
 笹澤魯羊は「下北半嶋史」の中、宇曽利山地蔵堂の説明で、「宇曽利の山名は蝦夷語にして瀉、入江などを意味する。」と記している。(筆者注:瀉は潟であろうか湾であろうか。前段のページには、湾、入江との説明がみえる。瀉は誤植と考える)
 さらに文中には、宇曽利山の呼称とは直接の関係はないが、下北半嶋は『糠部(ぬかのぶ)郡宇曽利郷と呼ばれて、宇曽利蝦夷の住居した処である』、また『宇曽利の郷名も亦蝦夷語のウソロ湾又は入江の意に由るもので、オシヨロ(忍路)、ウスリ(烏蘇里)なども同一意義のものである。』と記している。角川日本地名大辞典には、『うそり、宇曽利〈むつ市〉平安期に見える地名』『宇曽利郷 鎌倉期〜室町期に見える郷名』とし『うそりがわ、宇曽利川〈むつ市〉むつ市西部を流れる川。河口に宇曽利川の集落がある。』としている。


 現在、むつ市大湊の西方に「宇曽利川」という地区があり、「宇曽利川」という川が流れている。「宇曽利川」は芦崎湾にそそいでいる。「宇曽利」、つまり「湾」ウソロにそそぐ川だから「宇曽利川」で宇曽利川のある地区だから宇曽利川(地区)と呼ぶ。極めて自然である。芦崎湾にはカワウは飛来するが、鵜が翦るところはありそうもない。ただし、ここでも伝説を作り上げることは可能であろうが。


 山田秀三は著作集3、「アイヌ語地名の研究」で次のように記している。『松山藩内の史書であった「福山秘府」に、函館の地名は宇須岸(ウスケシ)であると書かれてある。ウスあるいはウシ(US,ush。sもshも同音として扱われる)は「入江」ウショロush-or(入江の・内)も同義に使われる。ケシは「末端、尻、下手」の意味。(中略)宇須岸(或いはウショロケシ)は、ウス・ケシ(入江の・下手の端)なのであった。日本語地名風にいうならば、「江尻」である。そこで地図を見られると、函館湾自体が入江に見えるが、実際目で見ると大きな湾である。道内の諸地に、ウス、あるいはウショロ(オショロ)のついた地名があるが、もっと小さな入江だ。函館の場合も、その入江と呼んだ場所は、湾の東側、つまり青函連絡船の着く鉄道桟橋の辺から内側のことだったろう(青森県大湊湾の奥の宇曾利、その背後の恐山の原名もこれと同じであった)。』と記している。


 ここで笹澤魯羊と山田秀三の地名解釈の態度の違いを挙げたい。笹澤魯羊は言い伝えを単に記している態度である。山田秀三は、その場所を形作る地形、川の流れ、沢の流れ、滝のあるなし、泉が湧くところ、崖の土の色等々から「なになにのところ」と意味を持つところとしての地名への解釈をめぐらし、アイヌ語地名のもつ「意味」と大きく言えば「地形」を「照合する」ために現地を訪れ、フィールドワークを重ねてアイヌ語地名を研究してきたという態度である。


アイヌ語地名に関しては多くは現地がそれを語り、書物に記されたものはそれを音や漢字で表したに過ぎない。さらに音の表記はきわめてむずかしい。山田秀三は東通村の目名や尻屋や尻労や白糠などの地を訪れ地名解釈を書き記してはいる、が残念なことに『大湊湾の奥の宇曾利、その背後の恐山の原名もこれと同じであった』という文からは、芦崎湾と恐山の現地踏査は行っていないように読み取れる。しかし、あるいは芦崎の方は一目見ただけで納得したのかもしれない。芦崎湾は高台に登らなくても地形的に入江、湾であることは一目瞭然である。そこに流れ込む川を宇曽利川と呼んでいることは、芦崎湾が宇曽利(入江・湾)で流れ込む川をそう呼んでいるということだ。


 では、いま課題である恐山の「宇曽利」山はなぜそう呼ぶのか考察せねばならない。
恐山の「宇曽利」山、山名のいわれB
 アイヌ語−湖の形から
 三十年ほど前から、筆者は考えていた。恐山の宇曽利湖は湾ではないし、入江でもない。それなのになぜ宇曽利(湾・入江)なのかと考え続けてきた。その障碍となったのは先入観であった。湾・入江といえば海、海岸の地形を思い浮かべてしまっていた。恐山のところまで海が入り込んでいたとは思えないが、とまで考えていた。


 しかし、幾度となく現地に通ううちにやっと解明できたのである。宇曽利湖が湾・入江であったのではなく、宇曽利湖に入江があるのが見えたのである。宇曽利湖は地形図でみるとハート形をしている。北岸から突き出た処を「林崎」という。小さいが半島と見なせる。林崎から湖に向かっての左右、そこに入江があるのだ。どこから見れば一番入江らしいかといえば、東の湯坂の高見から見下ろす、或いは西方の丸山方面から見下ろすと入江が見えるのである。


かつて、正津川発電所は湖を「宇曽利湖貯水池」とし、湖から取水するための導水路と水門が太鼓橋のところに設置された。導水路というのは太鼓橋から湖にのびている板杭のことである。その後放置されてしまった昭和50年代でも、大雨で増水したときには水門があるため湖水の排水が追いつかず、水位が上昇し、極楽浜の内側まで湖水が入り込み、全くの入江地形となったことを経験している。

さらに発電所以前の明治三十年頃には硫黄採掘のため宇曽利湖からの『三途の川水落口を四五尺も切り下げたので、湖水面の水位低下して亜硫酸瓦斯の噴出が激しさを増し』とあるように、水位は現在よりも遙かにあり、極楽浜の方は今よりももっと入江と呼ぶにふさわしいものであったろう。それをウショロ、オショロ、ウソロと呼び、芦崎湾のごとく宇曽利という表記になったと納得できるのである。

ゆえに、宇曽利(入江)は湖の一部で、それをもつ湖の名称はごく自然に『宇曽利湖』となるのが当たり前であろう。そして宇曽利(入江)のそばの山は町から見て『宇曽利山』というのもまた自然ではないか。だから地元の下北地方の人々の,ほとんどは、正しい解釈でウショロ(入江)のある湖という意味での宇曽利湖という呼び名を使い,言い伝えられ,書き記しているのである。あるいは意味など考えずに宇曽利湖と呼んでいるのである。(下北1967,下北半嶋史1952,むつ市史民俗編1986,下北半島の歴史と民俗1978,山と信仰恐山1995,下北の民話と伝承1983等々)。


 上記の中の「下北」、「下北半島の歴史と民俗」は多数の人の手で著わしているので、中には『宇曽利山湖』と表記している人もいる。どちらかと言えば理科系の人である。正しい、正しくないは関係なく地図を基準にしているからであろう。
 『宇曽利山湖』と表記している人は国土地理院地形図に書いてあるから使っているのだろうが、その意味を考えれば、「入江(ウソリ・をもつ湖)のそばの山のそばにある(ウソリをもつその)湖」という意味になり,全く奇妙な言い回しであることに気が付かないのだろう。そして困ったことに、地図に書いてあるから、だんだんと『宇曽利山湖』の表記が正しいかのごとく使われるようになってきた。今まで述べてきたことを理解するならば、『宇曽利山湖』という表記はまったく愚かというくらい不適切であろう、にもかかわらずだ。
 なによりもかによりも地元の人々は宇曽利山湖とは呼ばず,「宇曽利湖」と呼んでいる湖だということを強調しておく。


国土地理院へ申し入れを
 国土地理院の地形図の地名表記は正しい、正しくないかには関係なく、「現地現称」が「原則」である。現地で呼ばれている呼び方を表記するのが原則である。その地方自治体がその地名はこう呼んでいるのでそのようにしてほしいと申し入れれば、そのようにするのが国土地理院である。下北地方の人は『宇曽利湖』と呼んでいるのだから、『宇曽利山湖』の表記は訂正してほしいと申し入れをするべきだと考えるのである。
 黙っていて、不適切な『宇曽利山湖』を使う人々が増えて、そうなってしまえば「現地現称」の意味で『宇曽利山湖』のままでしかたがないのだけれど、下北地方の人々はやはり・・が低いということになっていくのだろう。今そうなる危険性がある。観光パンフレット、市役所が出す書類、県が出す書類、新聞、テレビ、インターネットのホームページ等々に「宇曽利山湖」が増えている。ほとんどは、よその人が「宇曽利山湖」と称している。先年の青森県史編纂の際には国土地理院の表記の『宇曽利山湖』を使用することとされ、『宇曽利湖』を使わないないようにと指示があったし、RABテレビでも、「下北の人たちは宇曽利湖と呼んでいます」とレポーターが説明するだけが精一杯の反抗で字幕には宇曽利山湖の表記が使われた。


 山田秀三は「東北と北海道のアイヌ語地名考」に副題として「−山河を愛する人々に捧ぐ」と添えている。下北の人ならどちらの呼び方でも良いということにはならないだろう。地名はひとつの文化財であると考える。文化財を考える人が黙っていてはよろしくないと思うのである。



「恐山」の語源@
 笹澤魯羊は「下北半嶋史」の中、宇曽利山地蔵堂の説明で、『山名の宇曽利は後に於曽礼(おそれ)と訛り、而も山容の怪異な処から略して恐山と書くに至ったが、藩庁や本山等へ差し出す書面には正しく宇曽利山と書いて居った。』と記しており、

山田秀三は前出したように『道内の諸地に、ウス、あるいはウショロ(オショロ)のついた地名があるが、(函館湾自体より:筆者注)もっと小さな入江だ。函館の場合も、その入江と呼んだ場所は、湾の東側、つまり青函連絡船の着く鉄道桟橋の辺から内側のことだったろう(青森県大湊湾の奥の宇曾利、その背後の恐山の原名もこれと同じであった)。』と記している。

 改めて言うまでもないが、宇曽利山という盛り上がった地形の「山」はなく、恐山という盛り上がった地形の「山」もない
 ふたりの記述では、ウショロ(オショロ)から宇曽利、宇曽利から於曽礼あるいは恐山 、恐山から恐山と変化していったとみなせる。だが、山田秀三が現地で恐山の地名の由来を考えたならもっと明解な記述を残してくれたのでないかと思っている。なぜなら「原名もこれと同じ」というところの「原名」が不明だからである。記述を見る限りでは「原名」とはウショロ(オショロ)である。しかし、もしも山田秀三本人が実際に現地を見ていたならば、ウショロ(オショロ)のその「原名」を考え出していたのではないかと思われて仕方がないのである。

「恐山」の語源A
 −筆者の新解釈−湖の形 オソル(コッ)から 
 筆者は、恐山地区の語源に関して、湖にはふたつの要素があると見る。
 ひとつは湖全体の形である。次にかかげた図が何に見えるかである。皆がほぼ納得するものに見えなければならないのであるが。

「国土地理院刊行の数値地図50mメッシュ(標高)日本−Tを利用しカシミール3Dで作成した。」

 大きな人が尻餅をついた跡に水がたまったと見えないだろうか。北を向いて尻餅をついたと言われれば、見えるであろう。アイヌ語で人はそこを何と呼んだか。私は「尻の跡(凹地):オソル・コッ」と呼んだと考えるのである。この語は随所に見られる。
知里真志保「アイヌ語辞典人間」『osr(-o)〔オそル〕〔os(尻)+or(所)〕』、知里真志保「アイヌ語入門」『オそルコチ〈osor(尻)、kot(凹み):osor-kot(しりもちの凹み、しりもちをついた跡の凹み):osorkochi(osorkot-i彼の「しりもちの凹み」)。この地名は各地にあり、(後略)』、山田秀三著作集3、「アイヌ語地名の研究」『コッkotは凹地、谷間、・・・の跡』『創世神が尻餅をついた巨大なオソル・コッ「尻・跡(凹み)』

 湖全体は尻餅の跡でオソル・コッと考えられること。
もうひとつ、両腿(もも)へのびる部分は入江と見なせるのでウショロ(オショロ)。
 つまり、ひとつは湖の部分は入江ウショロ(オショロ)で、そこから宇曽利湖と宇曽利山(寺のあるところ・地番に通じる)呼び名が生まれた。
 恐山の語源はもうひとつの湖全体のオソル・コッからで、於曽礼の如き表記ができてそれが「恐山」 、「恐山」と変化したと考えるのである


オソル・コッは湖全体の形だから、それから生まれた「恐山」は湖の辺り一帯の山を含めるのが当然だろう。北部に限定する必要はない。つまり、屏風山も小尽山も大尽山も、丸山も鶏頭山も地蔵山も剣山も全部ふくめた山をオソル・コッのあるところの山として於曽礼山、「恐山」、そして「恐山」という名称が生まれたと筆者は解釈するのである。


 現在、恐山火山と言うときは、まさに火山活動でできたカルデラ湖つまり宇曽利湖の周りの外輪山を含め、寄生火山の釜臥山、障子山等も入れてもなんら異論はあるまい。
それは、煙を噴出し活動しているところの北岸一帯や寺のある付近だけを称して恐山と言うのだと限定する必要はないことを示している。


筆者の新解釈というのは湖全体をオソル・コッと見たてたと言うことと両腿(もも)へのびる部分がウショロ(オショロ)で、この二つからそれぞれ恐山と宇曽利(湖、山)とが別々にできたと見るところである。これは誰も書き記してはいない。
 

前述のように、「原名」にこだわったのは、ウショロ(オショロ)は何に由るかといえばそれは尻の跡(オソル・コッ)からきているのである。だいたいにおいて大きな人が海に向かって座ったりした尻の跡が湾や入江なので、オソル・コッがオショロやウショロに派生しているのである。それから以後は一般的に入江や湾はウショロ(オショロ)と言って、もはや語源の「尻の跡(オソル・コッ)」までは遡らなかったと考えている。


山田秀三がもしも湯坂の山から湖を見たり、丸山から湖を見たり、大尽山か屏風山から湖全体を見ていたならば、オソル・コッという「原名」まで遡っていたように思うのである。ただ、調査が短期間なら湖全体だけを見て宇曽利と恐山を解釈したかもしれないし、あるいは入江部分だけを見たなら、そこから宇曽利と恐山を解釈したかもしれないと考えるのである。


 おわりに
 実際に現地にいけば目の前の木立がじゃまになり湖すべては見えにくい。見晴らしが良いのは大尽山と屏風山ぐらいであろう。しかし、見晴らしが悪くても、写真に撮ってプリントしても良くわからない状態でも、湖の姿は捉えることができる。それはすこしはイメージの世界かもしれない。
 アイヌ語地名は、湖の落ち口が咽喉(クッチャロ)で屈斜路湖となったり、火山ガスと水蒸気で木の生えていない山が裸山(アトサ・ヌプリ)で跡佐登になったり、ある程度イメージの世界である。
 かたや、宇曽利や恐山の語源はアイヌ語ではないとする人もまだいるかもしれない。現に鵜の鳥伝説がそれだ。ほかの部族の言語だとする人もいるかもしれない。だが、それならそれなりのしっかりした論拠をもって納得のいく説明をしてほしいということだ。判断は、まともな人にしてもらいたいが。
 いま、「恐山」は何処なのかには、筆者はあまりこだわらない。だが、「宇曽利山湖」のような表現を正しいかのごとく使うこと、使わせることはあるべきでないと思う。  古い地名は現地がいちばん良くそれを語っているはずだ。 



参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会:角川日本地名大辞典2青森県 角川書店 1985年12月8日発行 
武田良子:青森県の地名 日本歴史地名大系2 平凡社(むつ市地区担当者、武田)1982年7月10日発行  
山田秀三:アイヌ語地名の研究第三巻新装版 草風館1995年7月27日発行  
笹澤魯羊:下北半嶋史増補三版 下北郷土会 1962年10月20日発行
知里眞志保:分類アイヌ語辞典第三巻1954年11月24日発行
知里眞志保:アイヌ語入門−とくに地名研究者のために−にれ双書・T1956年6月15
日発行

その他
更科源蔵:アイヌ語地名解 北書房1966年
新岡武彦編:枝幸郡の伝説と昔話(枝幸町)1987年
九学会連合下北調査委員会:下北 平凡社1967年
宮本袈さ雄・高松敬吉:山と信仰 恐山 佼成出版社1995年
下北の歴史と文化を語る会:下北半島の歴史と民俗 伝統と現代社1978年
佐藤徳蔵:下北の民話と伝承 北の街社1983年
むつ市編纂委員会: むつ市史 民俗編1986年

注(むつ市編纂委員会、むつ市史自然編1989年では宇曽利山湖の呼称を使用している。東北電力に残された「宇曾利湖貯水池竣工図」の図面の名称や引用文での「宇曽利湖」の呼称はそのままにしてある。同じむつ市史でありながら民俗編と異なるところである。)


遠足のページ