2007年

1.チューリヒ~ツェルマット
2.ツェルマット~マッターホルン
3.氷河特急
4.サン・モリッツ
5.バート・ラガッツ
6.チューリヒ
7.ベルン
8.シュツットガルト
9.フランクフルト

10.南回りヨーロッパ行き


8.シュツットガルト Stuttgart

 5月3日、チューリヒからドイツのシュツットガルトへ。9時14分発のICEは初体験。

 日本で言えば新幹線で、ICに比べて車両がとてもきれい。シートもフカフカ、トイレもきれい。乗るなり空いている自由席を確保。自由席でも2列+2列なので日本の新幹線よりゆったり座れました。もちろんスピードも200km/h(車内のスピードメーター表示)を超えてました。


 スイスパスは国境のシャフハウゼンまでなので、そこからシュツットガルトまでの乗車券(1人55SF)は、チューリヒ駅で購入してから乗車しました。

 今まで案内もずっとドイツ語だったし、車内でも乗車券チェックのみで、国境を越えてもドイツに入ったという感じはしない。

 強面のおじさんに車内でアンケート?らしきことをされ、旅行?何日間?みたいな事を聞かれました。

 この辺りドイツ南西部は「黒い森」と呼ばれているが、高原地帯をバビューンと走っている感じで、確かに色の濃い樹木(もみの木の原生林)が多かった。

 2時間半余でシュツットガルトに到着。 ↓窓を拭いてすぐ折り返しチューリヒへ


 ホテルはメルキュール・シュツットガルト・シティセンター Mercure Hotel Stuttgart City Center 1泊朝食付、2人で19,200円。

 アップル・ワールドで予約した時、地図はなかった。シュツットガルト中央駅の北側という情報のみ。なので駅で尋ねると、500mと言われたので歩いたら、1km以上はあって、しかもずっと登り坂で疲れました。

 ホテルに着くなり、無料のインターネットで本日のベガルタVS京都の結果をチェック。負けたみたいでガクッ。次のAWAY札幌戦がんばってくれー。

 実際は中央駅から1駅のS・UバーンTurlenstrasseから徒歩5分、2駅のUバーンPragfriedhofから徒歩2分ぐらいでした。最初から利用してれば。。。

 ホテルはとてもきれいで、申し分なし。エレベーターは宿泊カードをスキャンしないと動かないのでセキュリティもGOOD。朝食ビュッフェも種類が豊富で大満足でした。

 SバーンやUバーンがすぐに来るので、ホテルから中央駅まで1駅乗ってダウンタウンへ。ここはメルセデス・ベンツ発祥の地ということで、シュツットガルト中央駅の建物の上に大きなベンツのマークが回転していました。


 ベンツ博物館はちょっと遠いので断念。駅前通りではフランス人のおねーさんがコップ演奏のパフォーマンス↓


 近くの新旧宮殿のある広場を散策。木曜日なのに2時頃から広場でのんびりしている大人や小中学生がたくさんいた↓ Yuも負けじとオープンカフェで昼間から飲むビールは最高(^_^)v




9.フランクフルト Frankfurt

 そして翌日はまたICEに乗ってフランクフルトへ↓ あっという間の1時間半でした。’01年に来て以来6年ぶりで懐かしく、ホッとした感じです。


 前回は無かったような気がしますが、241mのメインタワーの展望台に上りました。入場料1人4.6EUROを払うと、入り口で、金属探知機のチェックを受けました。空港でやるのと同じです。

 そして高速エレベーター(分速300m)で54階へ。そこから2階分階段を上ると、なんと外に面した展望台が(@@) 周囲は腰までの強化ガラスだけ。ちょっと怖ぇ~。何か飛んでいったらどうするんだ!?

 まずサッカー好きのYuは、日本代表「高原直泰」が所属するフランクフルト・スタジアムを探しました。「観光は高い所から」が鉄則です。
 強化ガラスの柵しかない展望台から、多分あれかな?という白い円盤みたいなのを発見!


 確認しようと、そこら辺にいた人たちに、"Do you know where Frankfrut football(soccer) stadium is? " と尋ねまくりましたが、"No,English. I'm Spanish" だったり、"We are traveller" だったりして埒が明かない。

 そしたら現地の?おばさんが、"May I help you? " と聞いてくれたので尋ねたが、”スタジアム???”って感じ。発音が悪いのか通じない。そこでドイツ語風に”シュターディオン?”って聞いたら、指差して教えてくれた。”タカハ~ラ、I know”って言ってくれました(^_^)



デジカメ望遠で限界↑   ↓Wikipediaより


 正式名称ヴァルトシュタディオン(森のスタジアムの意)、現在はネーミングライツでコメルツバンクアレナ。去年のワールドカップでは準々決勝ブラジルVSフランスなど。開催スタジアムの中で7番目?の52300人収容なので、自国ドイツの試合はなかった。

 翌日空港に行くためにSバーン8番に乗ったら、空港のひとつ手前の駅だった。森に囲まれていて本体は見えなかったが、駅の周辺にサッカー練習場などがたくさんあり、雰囲気は十分味わえた。

 反対側にはマイン川、大聖堂、レーマー広場などが見える。緑が多い  フランクフルト中央駅や空港、マイン川やレーマー広場、大聖堂など、手に取るように見える。高い所が大好きなYuは大喜び。


 街を歩いていたら、三越フランクフルト店で高原のユニホームが62EURO(約1万円)で売っていた。「赤と黒なので、コンサドーレ札幌みたい」、ということで買うのは断念。



 地元のサッカーグッズの店には高原のポスターがあったが、背番号ユニは売り切れ? その代わりフランクフルトのマークの入った黒いフリース製の帽子9.9EUROを買いました。



 6年前に来た時は工事中だったレーマー広場は、もうきれいになっていて、たくさんの人で賑ってました。

 ’02年W杯のドイツ準優勝の時、当時の主将カーンが大勢の市民の前でビアジョッキを掲げていたレーマー旧市庁舎↓(日経スポーツより



その前で満足げなYu↓


 金曜の14時頃なのにビールを飲んでる人が多い。気温20℃以上はありそう。なのでChiの後に見えるカフェで、ビールとフランクフルトでお茶しました。


 Chiはこの後お土産ショッピングを満喫。買っても買わなくても、とにかくいろいろ見たいらしいです。
 その間Yuはネットカフェでメールやら日本の情報をチェック。ネットが無い頃はYuはベンチで寝転がってたりしたもんですが、良い時間つぶしの道具ができました。

 ホテルはベストウエスタン・ドミチル Best Western Hotel Domicil 1泊朝食付、2人で10,300円(アップル・ワールドで予約)

 フランクフルト駅正面口を出て大通りを渡り、斜め左方向のKarlstrasseの突き当たり、歩いて5分ぐらいでした。こんなに駅に近くてこの安さはすごい。
 少し古くて狭いけど、特に問題なし。朝食ビュッフェも種類が豊富で美味しかったです。

 翌日5月5日12時、後ろ髪を引かれる思いでフランクフルトを出発しました。その日の夜はフランクフルト・スタジアムで「高原」のホームゲームがあったからです。
 もちろん日程はチェック済みでしたが、GW前倒しで休んでるので、更に後ろ延ばしで休む訳にもいかず、「生観戦」は断念。見に行っても必ず出るとは限らないし。。。

 成田について知人からの情報で確認しましたが、高原の得点もあり、4-0で勝ったようです。あ~、「生」で見たかった。。。

NEXT