Yがスリップを意識したのは

そうそう、最近Yが話してくれたんだけど、初めてスリップを着てみたのって、よく思い出したら、もっと小さいころだったらしいのね。小学校の1年生の頃に、家に一人でいて、たまたまテレビを見ていたら、関西の喜劇の舞台で、男の人がスリップを着て乱入する場面があったんだって。それみて、なんとなく、お母さんのたんすからスリップ出して着てみたらしいの。今となってみるとなんでそんなことしたかわからないらしいんだけど、その時はなんだか自然にそういう行為をしてみちゃったらしいのね。でもその後で着たのって、前に話したように中学くらいまで間が空くんだって。あれかしら、Yみたいな人ってひょっとすると生まれながらに、体のどこかに潜在的にそういう意識が埋め込まれてるのかしら?

そうそう、小学校1年生っていうとこれとは別にYの中にスリップっていうものを意識させたことがあったらしいの。たまたま、小学校で同じクラスの女の子が廊下で転んだ時に、そのはずみでスカートが捲くれあがって、スリップが丸見えになったらしいの。小学校の1年生っていっても、当時の女の子はみんなスリップを着せられていたし(今でいうラウンド型ってやつね)、下半身部分はナイロンでドキッとしたんだって(当時はシミーズっていってたよね)。で、女の子はこういうの着てるんだって妙に意識しちゃったらしいのね。で、Yの小学校の低学年くらいだとほら、スカート捲りなんかしたりするじゃない(今もするかしら?)、でほかの男の子はどちかといえば、パンツを見るのが目的でやってたらしいいんだけど、Yはシミーズが見たかったんだって。でも、不思議なのは1年生くらいだと、身体検査なんか男女一緒にやったりしてたらしいんだけど、その際には絶対女の子のシミーズ姿をみてるはずなのに、その記憶はないらしいのね。

それからちょっと話題はずれるけど、Yが小学校1年生くらいって、女性のストッキングぼちぼちパンストに変わりつつあるころだったんだって(年が分かるわね)、だからパンスト以前のストッキングで今で言うガーターベルトをしてるお母さんたちいっぱいいたらしいのね。当時としては、必要なものだったということで、今のようにセクシーなものということでもなかったみたいなのね(もっともそういう意識の人も居たとは思うけど)。でYのお母さんが頼まれて、人の洋服なんかを仕立ててあげるのを時々やってたらしいんだけど、寸法をはかったりするのに下着姿になるじゃない(当然スリップ姿よね)、そのときYはまだ子供だから居るまでそれが行われてたりしたんだって。そうするとスリップの下にガーターベルトが透けてみえてたりしたことはよくあったんだって。当然Yのお母さんもしてたらしいんだけど。いい時代よね(私もガーター好きだけど)。

 私もYの影響でスリップを着るようになって、病み付きになったんだけど、でも今の女の人はスリップ着ないわよねえ。いつからそうなっちゃったのかしら?

セーラー服の下のスリップ

私もそういえば覚えていますけど、中学校にはいってセーラー服を着ると、今の子は下に何も着てないけど、昔は必ずスリップを着なきゃいけなかったのね。このセーラー服と白いスリップっていうのに感じた覚えがある男性多いみたいね。Yも当然そうだったらしいのね。女の子がちょっと腕を上げたときに上着がずりあがって、白いスリップの生地が見えるともうたまらなかったんだって。もちろん風のいたずらなんかでスカートがめくれあがった時に白いレースの裾が見えたときの感激はいまだに忘れないみたいよ。で、中には意識してかどうかわからないけど、極端にセーラー服の上着の丈を短くしてる娘がいたんだって。そういう場合、もう常に上着とスカートの間から白いナイロンの生地が覗いていて、そっちばっかり見てたみたいね。でもねえ、私なんかの感覚では肌が見えるのが恥ずかしいようなのがあって、むしろおなかのところで生地が見えてるのを男の子がそんな風に意識してるって気づかなかったなあ。たしかにパンツが見えると恥ずかしいって意識はあったけど。

学校の行き帰り

学校の行き帰り、いわゆる通学路の途中の家で、外に干されている洗濯物を実は結構何気ないふりをしてチェックしてたりしたんだって。で、いつもスリップが干してある家(今より当然多かったと思うけど)っていうのは当然チェックの対象になるわけね。で、いつも綺麗な白いスリップが干してある家があって、結構気になってたらしいの。ある日偶然そこの奥さんがちょうど干しているところを見たんだって。おかしいのよ、相手はそんなこと何も知らないのに、スリップを気にしてる自分を見られてるような気がしてどきどきしたんだって(相手はそんなこと気づくわけないのにねえ)。そんなある日に、白いスリップに混じってピンクのスリップを干してるところに偶然出くわしちゃったんだって。もうどきどきしちゃって、その場に立ち止まってじっとみてしまったらしいのね(なんだかかわいいわね)。当然その時はその奥さんと目が合ったらしいのね。で、目が合ったらにこっと微笑んでくれたんだって。もうそれから大変、頭の中はピンクのスリップを着たその奥さんのイメージばっかり(でもねえ、その奥さんからしてみれば、中学生くらいのかわいい男の子が家の前を歩いてて、目があったのでにこっとしたっていうただそれだけだと思うけど)。でも今はスリップ着ない人が多くなったので、そういう光景も少なくなったってYは嘆いてますけど。

入院をして

Yは今までに2度ほど入院を経験してるんだって。1回目は小学校6年生のときに扁桃腺の手術。2回目は高校生の時に盲腸の手術。で、入院とくれば看護婦さん。看護婦さんとくれば白衣の下のスリップよね。そういえば、いまだに看護婦さんは(最近は看護士っていわなきゃいけないのね。でも看護婦さんのほうがちょっとHっぽい)スリップ着用してるのよね。

 で、高校生の時の盲腸の時、急性だったらしく病院へ行ってすぐ手術となったらしいのね。盲腸っていえば下のヘヤーを 剃るでしょ、当然高校生のYはすごく戸惑ったらしいの。でも痛みはそんなことをいっている余裕を与えないくらいだったんだって。そのヘヤーを剃られる時、ちょうどYの頭の横くらいの位置に助手のような看護婦さんがいたんだって。だからYが横を向くとちょうどその看護婦さんの腰から下の部分が目に入るわけ。で、白いレースが透けてるのが目に入ったんだって。普通だったら、そこで、ジュニアが元気になっちゃうわよね。ヘヤーを剃られている最中にそうなったら大変。でもそれを上回る痛みでそれどころじゃなかったらしいの。でも記憶の中には鮮明に植えつけられたんだって。

手術が終わって時間がたってだんだん元気になると、もう看護婦さんが来るのが楽しみになっちゃったなだって(しょうがないわねえ、もう)。で歩けるようになると用もないのに、何か用事があるような振りをして、ナースステーションに行ったりしたらしいのね。そこで、白衣の裾や背中に透けるレースなんかを何気なくチェックしてたんだって。でも看護婦さんも高校生くらいの男の子が来るのは結構まんざらでもなかったみたいよ。で、またある日、検温(毎日決まった時間に体温を測りにベッドまで看護婦さんが来る)に来た看護婦さんの白衣のボタンがひとつ外れてて、その隙間から真っ白なスリップがしっかり見えたらしいの。当然Yのジュニアは元気になっちゃったらしいけど、腰から下はお蒲団の中で気づかれなかったって(気づかれたら、どんな反応になったのかな?でも看護婦さんはそういうの慣れてるのかな)

前のページへ

次のページへ

Homeへ戻る