今まで2羽のアヒルたちを見守ってくださった方々へ報告致します
川口市青木4-21 芝川の五右衛門橋に付近いる2羽のアヒルを保護しました






芝川のアヒルを見守る方から下記内容の情報が寄せられていました
****************************************************************

大雨になると上流にある水門が開き、川の水が大量に増水し、アヒルたちが
いつも休んでいる岸が完全に水没してしまいます。
今アヒルがいる環境は人に管理されていません。
アヒルを保護していただけませんか?

*****************************************************************
私達会員が調査した結果
・あひるは健康そうで羽の汚れも無いように見える
・芝川には土が多く堆積して濾過バクテリアも充分に繁殖していそうに見受けられる
・植物も繁茂してアヒルの食料になっている
・給餌する方も何人かいる様子

現状のまま経過観察を続けていましたが、埼玉県県土整備事務所河川管理担当者の長沢さんに相談したところ、「大雨の時などは新芝川の増水に伴い水門を開くので芝川の水量もかなり増えることがあります」と川の増水について説明を受けた結果、

<アヒル保護基準>
@病気や怪我をしているとき
A劣悪な環境で、今は健康だが、いずれ、病気になったり怪我をしそうな場所
B餌をやる人もなく、草、藻、昆虫、小魚などの自然の餌にもありつけない場所
C外敵(犬、猫、キタキツネ、イタチなど)に襲われそうな場所
D人からエアガンなどで虐待を受けているとき
以上のどれかにあたる場合はレスキューしたほうがよい

Aにあたり、保護の必要があると判断いたしました。
里親さん(新しい飼い主さん)も決定し、2羽のアヒルは人間の管理下にある
千葉県の池へ移動する事となりました。

その後アヒルたちの様子はホームページでお知らせいたします。
埼玉県県土整備事務所河川管理担当者の長沢さん、川口警察署落し物担当
佐藤さん了解の元、保護が行われました。ありがとうございました 。

あひるネットワーク  代表 宮永弥生
http://www.geocities.jp/ahiru_net/