上記支出の保護では、病院での診療や薬代のみ請求でその他の費用は、私負担してくださっています。

下記の会員の方たちは、アヒルたちの治療、現地への移動などすべて実費でおこなってくださっています。


栃木県日光市大室ダムで、釣り糸、釣り針で水鳥たちが傷つかないよう釣り禁止を呼びかけているきっちょさんは、本年度もアヒルを保護されています。


ぴぃたんさんは、静岡県清水市有東坂の溜め池にいる雄アイガモの様子を経過観察されています。

藤井駿河守さんは、静岡県白田川の3羽の家鴨たちを保護し、足に支障のあったアイガモを動物病院へ連れていき、自宅で療養後、横浜の新しい飼い主さん宅まで引き渡しに出向いてくださいました。

ぐあさんは、埼玉県三郷市の保護アヒルスズキを一時保護されていました。

北海道のるいさんは、同じく北海道で自宅で飼えなくなったアヒルを保護されています。

保護報告等こちらをご覧ください。

請求報告や領収証の送付は、必ず期中に行ってください。

会員の皆様の善意に感謝しております 。その他会員の方々も募金など力になっていただき感謝致します。


保護アヒルたちの報告

募金のお礼

洗足池のセンちゃん治療記録

日光市大室ダムもみじ記録