関東地区 収容センターのアヒル引き取り保護 <2013.12.11>
投稿者:兵庫県会員ピヨピヨさん
                                          

あひるネットワーク会員より依頼がありました

___________________________________

たまたま検索していたサイトで発見しました。
収容期限が決まっている場所でアヒルが保護されているようです。
場所は関東近郊です。

 ___________________________________

 <進行>

・あひるネットワーク会員へ呼び掛け
・あひるネットワーク新しい飼い主さん募集掲示板へ掲示
・あひるネットワーク掲示板野外にいるアヒル情報へ掲示

 

あひるネットワーク掲示板 

ピヨピヨさんから連絡を受けた2日後が収容期日だった為、募集しているブログへ
すぐに連絡、引き取りは責任を持ってあひるネットワーク(代表宮永)が行う。と
引き取りフォームを記入。

<進行状況>他に問い合わせはなく、あひるネットワークの連絡のみ。

<期限>引き取り希望を申請したので期限は延長可能となりました。

<保護時の様子や怪我の容態>
怪我の原因は不明、右後ろ足(ふともも?)あたりを負傷していた為、保護され収容。
体重不明、大きめなアヒルとのことで画像からも北京ダック。

傷は完治していて、数日以内に抜糸予定とのことでした。

・千葉県会員、2羽のアヒルを飼育されているがーすけのパパさんが引き取りに名乗り出てくださいました。

 <12.11引き取り完了の連絡>
ただいま引き取ってきました。
元気で人懐っこい、かわいいアヒルちゃんです。

 

夕方自宅寄り、小屋に入れてきました。
他のアヒルちゃん達は、まだ外で遊んでいましたが、
車での旅の疲れもあるだろうと考慮し小屋に入れておきました。

ボランティアの方施設の方たちは皆いい人で、アヒルちゃんとの別れが寂しかったらしく、
ほとんどの人が出てきて見送られました・・・
私は、少し恥ずかしかったですが・・・

もともといたアヒルちゃん達は、びっくりしたらしく、なかなか小屋に入らず様子をみていたのですが、少し経つと一緒に入っていました。

慣れるまで大変かな?と思いましたが、すぐに打ち解けたようですのでご安心ください。

足の方も思っていたよりは、悪くなさそうです。
少しづつ治していこうと思います。明日は外に出て仲良く遊んでくれるといいと思います。

 

その後、先住アヒルたちと水浴びを試みる画像が送られてきました

以前も収容センターに保護されているアヒルを引き取るケースが何件かありました。
私たちが気が付かないだけでもっと頻繁にあるのだろうか?と、
やり取りをしていたボランティアの方に確認をしてみました。

「管轄されている収容センターの他でも今回のように
アヒルやアイガモが収容されるケースはあるのでしょうか?」


少なくても管轄されているセンターでは、アヒルは始めてで、
職員も育て方がわからずネットで調べていたとのこと。
他のセンターに出入りしているボランティアの方たちからもアヒル、
アイガモが収容されるケースは聞いたことがないようです。またこのようなケースがあった場合、
情報の公開をしていただき連絡のやり取りが続けられたらと引き取りの意志があることを伝えました。

「レアケースでたまに入ったときには、ご相談させてください。」とお返事をいただいおります


※引き取ったアヒルをすぐに飼っているアヒルたちのスペースと一緒にされているのは、

野外からセンターに引き取られた際、動物病院で獣医師さんからの診療が済んでいた為です※

 


 

TOPへ戻る