宮城県石巻市の川岸にいる足の腫れたアヒル  フォームメールより投稿2011.9.6

 

宮城県石巻市の被災者です。川岸に足をけがしたあひるがいます。
あひるは震災前から川に生息していて、4〜5年前から幼稚園で飼われていたものが脱走、
野生化したものだとの近隣の情報です。

私は3月11日の被災から4日後にあひるに遭遇し、パンやソーセージを時々あげているものです。
しばらく不在して石巻に戻ってくると、同じパンあげ人のおじさんからあひるのけがを知らされました。
見た感じでは、人間でいうところの右足首がぷっくりと腫れていて、びっこをひいています。
2本足で立つ事はできるようなので、骨折ではないかもしれません。

4日前から獣医さんに相談をして、ソーセージに抗生物質をいれて食べさせていますが、
足の腫れはひきません。
それに台風の影響でウミネコが増えて、薬入りのソーセージもうまくあげれなくなりました。
川も被災地なのでまだまだ環境が戻らないので、捕獲して怪我を治して、
どこかでゆっくり余生を送ってもらいたいと思います。
なんとか助けてもらうことは可能でしょうか?
あひるという特殊な生き物なので詳しい生体もわかりません。一度ご連絡ください。


--------------------------------------------------------------------------------
<あひるネットワークの返信>※アヒルの生態についての説明済み

その獣医師さんは、直接その川にいるアヒルさんのところへ出向き診断されていますか?
抗生物質は足の痛みを軽減できていると感じますが、腫れの症状はすぐに改善できないと思います。

餌をあげている人、見守っている人、
足を怪我しているという変化に気が付いてあげられる人、
そこで暮らしているアヒルを取り巻く方たちのアヒルへの想いもありますよね。

獣医師さんの指導の元、餌をあげている方たちとこのまま経過観察を続けていけるかもしれません。
私たちあひるネットワークもアドバイス等、フォローしていきます。


その場所が被災後、水位が増量して安全な岸が無い、中ノ島が無い、
とてもアヒルが住めるような環境ではないようなら、移動が必要でしょう。

アヒルの様子や周囲の環境を確認したいので、
アヒルがいる場所の画像、アヒルの画像を数点送信ください。


<受信した現地の画像>             9/8 <投稿者の方より>

獣医さんはアヒルを診ていません。患畜としても診たことがありません。
飼っている猫たちがお世話になっていた先生です。石巻ではアヒルを診る先生は少ないと思います。
捕獲して連れていかなければ診てくれません。私の独断で相談してアヒルの平均体重と平均身長から
割り出した量の薬を無料でくれました。動物病院も被災しています。

半野生のアヒルを自然のままにしておくことが良いだろうとは私も思いますが、
アヒルの生活環境がだいぶ壊れた石巻で、怪我をした姿をみると、
なんとかならないものかと思ってしまうのです。

アヒルを見守る人たちも特に面倒をみているわけではありません。
避難所から通うおじさんと私の二人がメインでしょうか。
私も仕事を得るために石巻にはずっとはおりません。これがアヒルを取り巻く現実です。
石巻にいるあいだは経過観察を続けます。


進行状況 9/9 <あひるネットワークまとめ>

投稿者の方は、被災した地で足を痛めて過ごしているアヒル君(画像より雄アヒルと判断)を
「何とか安全な地で治療を受けながら暮らして欲しい」という気持ちで相談されています。
第二次避難場所で石巻市に来ていて、アヒル君に出会ったこともわかりました。

画像からは関節が腫れていることがわかり、片足を浮かせているのは趾瘤(シリュウ)症が
悪化しているのかもしれないと想像しています。


<保護、新しい飼い主さん募集にあたりアヒル君の情報まとめ>

●川岸が広く、ご飯を持っていくと側まで寄ってくる

●アヒル君の移動範囲はほぼ決まっていて狭い

●昼間ご飯を持っていくとウミネコや他の水鳥に取られてしまうので夕暮れに持っていっている
(ご飯:パン、菜っ葉ご飯、キャットフード他)
※パンや焚いたご飯は改善するとのこと

●毎日経過観察可能

●投稿者の方は、東京で過ごすこともある

●投稿者の親戚の方が、犬・猫専門の餌/薬/獣医さんの派遣、物資の提供に携わっていて、
東京から石巻市へ向かうことがあり、輸送等依頼可能(土日メイン)

●保護時には、アヒルを保護した経験やアヒルに携わっている方の指示の元行いたい

 

関連URL


アヒル保護(アヒルを抱っこする方法) 

アヒルの健康/趾瘤(シリュウ)症


アヒル保護について

                                         進行状況の続き[2]→