「あひるネットワーク掲示板より」より 

 <2010.3>愛知県知多郡美浜町海岸にいるアイガモ保護その後・・・

愛知県美浜町海岸で足を引きづり歩けなくなっていたアイガモを保護後、新しい飼い主さんとしてアイガモ(さくらちゃん)を療養されているぴちさらさんより経過報告がありました。

さくらちゃんは、保護時より高齢だったせいもあり肝臓の状態が思わしくなく、動物病院より処方された強肝剤を飲んでいるということです。

「さくら頑張ってます。食欲もあり、腫れている肝臓もほんの少しですが、収まりつつあるようです。
痩せているので油断は厳禁なので、細かい所までさくらの快適な生活を考えています。
家に来た時は本当に触れられるのを嫌がったのですが、今は抱っこも出来るのでさくらの気持ちがストレートに伝わってきます。

来週位にまた病院行きます。やっぱりお薬嫌がるのでご飯に隠して入れているのですが、分かってしまいます。」

 

 

 

2011.5.3 愛知県ぴちさらさんより

また、ぴちさらさんは、「我が家はまだスペースがあります。」と、
被災されて行き場の無くなった家鴨たちの引き取りに名乗り出てくださっています。

*********************************************************************

この報告を受けた数週間後、さくらは天国へ逝ってしまいました。
保護されたときに、きつく縛られていた首の紐をぴちさらさんがほどいてあげなかったら、
さくらはあのまま海岸で苦しんで亡くなっていたと思います。

さくらのご冥福をお祈りいたします。

愛知県知多郡美浜町海岸にいるアイガモ4羽

あひかもがちょTOPへ