里親引き取り保護雄アイガモ 九条君訃報 2015年5月5日掲示板記載より



 

2009年11月に新しい飼い主さん募集掲示板より、兵庫県から引き取った雄アイガモの九条君が亡くなったと連絡が入っております。


脚や健康に何のトラブルも無かった雄アイガモの九条君は、脚の悪い家鴨たちにマウント、威嚇するなどボス的な存在でした。

争いの原因になることが多く、居場所を柵で分けていたそうです。

それでも他の家鴨たちにちょっかいを出していたのか、柵に首を突っ込んだまま抜けなくなり、首の骨を折ってしまったとの報告がありました。

他の家鴨にはくる病が原因なのか、背中が曲がって歩くのがやっとだった雄アヒルもいました。

工夫したご飯にカルシウムを投与しながら、やっと通常どおりの歩行ができて、日常にも支障のないほどまで成長していたところ、力関係でいつも九条君に負けていたせいもあり、九条君は雄同志何かと激しく争っていたそうです。

雄は集団のトップになりたがり。他の雄や雌に力を示そうとする様子は野外でも見られます。
多方面からやってきた家鴨たちを同じ括りで飼育することは、とても難しいことだと思います。

日中の留守中での悲しい事故になってしまいましたが、

「こんな隙間に入り込んでる?!」「こんな所に?!」と、
私も仕事から戻ってアヒルたちの様子に驚くことがありました。

九条君のご冥福をお祈りいたします

2009年11月 新しい飼い主さん募集時の九条君

 

戻る