住所 朝日町境 647−1    TEL 076−
   源泉温度  49.6  泉質名 ナトリウム塩化物泉
   風呂 大浴場、露天風呂等あり
   施設 休憩室、宿泊施設、貸し室等  
   温泉溶存物質量 12539mg/L  成分内容は別表 
   効能 キリキズ、火傷、慢性皮膚炎、虚弱体質、婦人病、動脈硬化等
   料金  500円   食事 たら汁が注文できる
   
   コメント  
溶解成分が多く、温まるとの評判のお風呂。日本温泉法に定める、リチュウム、ストロンチュウム、臭素、フッ素、沃素等の特定物質も豊富に含まれている。内風呂も外風呂もお湯が流しぱなしで溢れているのも気持ちがよい。
施設は、少々古いがその分湯質が良いので我慢しよう。湯上りに宮崎名物のたら汁も食べられる。
  
区分 成分名 溶解量 mmg 日本温泉法・温泉有効成分 溶解量 mmg
陽イオン ナトリウムイオン 3,093.00 リチュウム     1mg以上 1.70
カリウムイオン 26.70 ストロンチュウム 10mg以上 26.00
カルシウムイオン 1,603.00 バリウム      5mg以上 2.20
- 2.90 総鉄イオン    10mg以上 -
- - 第一マンガン  10mg以上 1.00
- - 水素イオン     1mg以上 -
陽イオン計 4,758.00 - -
陰イオン 塩素イオン 7,630.00 臭素         5mg以上 34.30
硫酸イオン - フッ素        2mg以上 2.40
炭酸水素イオン 23.80 ヨウ素       2mg以上 11.60
メタケイ酸水素イオン - 遊離炭酸     250m以上 -
陰イオン計 7,702.00 - -
溶解成分 メタケイ酸 27.00 重炭酸ソーダー 340mg以上 -
メタホウ酸 52.30 - -
溶解成分計 79.30 - -
溶存物質計 - 12,539.00 溶存物質総量 1000mg以上 -

赤字は、日本温泉法の有効値


戻る     トップへ